ニュース

T.M.Revolution、10年ぶりにOTAKONへ登場! HOME MADE家族との共演も盛況!

T.M.Revolution   2013/08/13 15:56掲載
はてなブックマークに追加
T.M.Revolution、10年ぶりにOTAKONへ登場! HOME MADE家族との共演も盛況!
 日本時間8月11日(現地時間8月10日)、T.M.Revolutionが北米ボルティモアにて開催された〈OTAKON 2013〉で、HOME MADE家族と共にライヴ・パフォーマンスを行ないました。

 海外アニメイベントの代表的なもののひとつとして挙げられるOTAKONは、今年で記念すべき20回目の開催を迎えるという、北米最大のイベント。3日間にわたりボルティモアのコンベンションセンターで行なわれ、日本のみならず、現地のアニメ関連企業がさまざまなブースを出展。会場近辺は日本人顔負けのコスプレで着飾った外国人で溢れ、初日から昨年の動員を上回る3万人以上を動員し、街をあげての一大イベントとなっています。

 T.M.R.としては、2008年NYでのComic Con以来、5年ぶりとなる北米でのパフォーマンスで、OTAKONは2003年以来、10年ぶり2回目となる出演。今回は盟友HOME MADE家族と共に渡米、ライヴの前には現地ファンとのパネルディスカッションやサイン会を精力的にこなし、興奮を抑えきれないファンたちと交流を重ねました。

 多数のアニメタイアップソングを手掛けた2組のライヴとあって、会場となった1st Mariner Arenaには、開場前から建物を何周もするほどの長蛇の列が。コスプレイヤーたちが大挙した会場は、熱気でむせかえるほどに。そして、いよいよライヴがスタート。先手で登場したのはHOME MADE家族。

 のっけから人気の「FREEDOM」、「少年ハート」で会場を完全にロックし、英語が堪能なMICROとKUROは、しっかり笑いもゲット! DJ U-ICHIとの絶妙なコンビネーションで繰り出されるコール&レスポンスでテンションはマックスに! “家族”という言葉もしっかり認知されており、Sister Sledgeの同名曲をサンプリングした「We Are Family」では大合唱! そして、全米でも配信済の新曲「キミガイタカラ」、アニメ『BLEACH』のエンディング・テーマでアメリカでもO.A.され大人気の「サンキュー!!」で60分のライヴを締め括りました。

 続いて、T.M.R.ロゴがステージ後方に現れると、悲鳴にも似た歓声が巻き起こり、会場は一挙にヒートアップ。鳴りやまぬ「T.M.R.!」コールの中、ついにT.M.Revolutionがオンステージ。この日は、自身が主催するイナズマロックフェスで着用した、着物をベースとした和装風姿で登場。水樹奈々とのコラボレーションで話題を呼んだ大ヒット・シングル「Preserved Roses」をはじめ、「戦国BASARA」シリーズでおなじみの「FLAGS」「SWORD SUMMIT」、「機動戦士ガンダムSEED」でT.M.R.の代表作ともなった「INVOKE」、現地でも熱狂的なファンがいる「ソウルイーター」のオープニング・テーマ「resonance」、そしてT.M.R.初のアニメ・タイアップ・ソングでもある「HEART OF SWORD 〜夜明け前〜」まで、1万2千人のファンの前で、T.M.R.とアニメのコラボレーション楽曲を惜しみなく披露。アンコールではHOME MADE家族が再び登場し、セルフ・カヴァー・ベスト・アルバム『UNDER:COVER 2』で彼らがアレンジ&ゲスト参加をした「Tomorrow Meets Resistance」で、このライブの大団円を迎えました。

 また、今回のOTAKON 2013会場限定でリリースされたT.M.R.のアニメ・タイアップ楽曲をコンパイルした「GEISHA BOY –ANIME SONG EXPERIENCE-」は、そのリリースが発表されるとともに現地ファンの間で話題を呼び、OTAKON開催初日で即完売。この盛況ぶりを受けて、手に入れることが出来なかったファンのタメに、急遽iTunesでの配信リリースが決定。近日中に北米・欧州で配信される予定とのこと。

 秋にはインドネシアでのAFAへスペシャル・トーク・ゲストで出演することも決定しているT.M.R.。日本のみならず海外での革命もまだまだ続きそうです。
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、dj hondaとのジョイント・フルアルバムを発表[特集] スティング、「僕らには架け橋が必要なんだ」新作『ザ・ブリッジ』を本人のコメントとともに徹底解説
[インタビュー] 藤木大地、日本が世界に誇るカウンターテナーが舞台をもとにした新作アルバムを発表[インタビュー] “ひねくれポップの大団円”がつぽんず、初の全国流通版
[インタビュー] カーネーション、4年ぶり通算18枚目のアルバム[インタビュー] 在ノルウェーのピアニストがECMからの初リーダー作で聞かせる“静寂の美”、田中鮎美
[特集] ストーンズたらしめる音楽を磨き上げた傑作の40周年記念エディションを聴く[インタビュー] ももすももす、ドラマ『どうせもう逃げられない』主題歌「サーモクライン」を発表
[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす
[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い[インタビュー] スウィート&グルーヴィなSSW、待望の新作 kiki vivi lily
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015