ニュース

トム・ウェイツ未発表曲多数収録の3枚組アルバムをリリース!

トム・ウェイツ   2006/10/05掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 アサイラムからアイランド、そしてANTI(エピタフ)へとレーベルを流浪する孤高の酔いどれ詩人で、ジム・ジャームッシュ監督作品群の音楽や演技での要でもあり、人類が宇宙に誇るべきシンガー・ソングライター、トム・ウェイツが3枚組アルバム『オーファンズ』(写真:EICP-736〜8 \6,300(税込)、オリジナル・タイトル『Orphans:Brawlers, Bawlers & Bastards』)を11月22日に日米同時リリースします。

 このアルバムはブルースの楽曲を中心に収録、先日のライヴ盤&DVDリリースの朗報にファンが沸いたプライマスレス・クレイプールや、ロカビリー・バンドThe Blastersのギタリスト・デイヴ・アルヴィンラウンジ・リザーズのマーク・リーボウ(『RAIN DOGS』に参加)らが参加しているという『Brawlers』、ケルティック、カントリー、バラード、ワルツの楽曲を集めた『Bawlers』にはジョニー・キャッシュに提供した楽曲「Down There By The Train」などを収録、ニック・ケイヴも影響を受けたというドイツの作曲家クルト・ワイルの入手困難なトリビュート盤『Lost in the Stars:The Music of Kurt Weill』に提供した「What Keeps Mankind Alive」が嬉しい、実験的音楽編と名づけられた『Bastards』の3枚組作品です。

 73年に甘く深くせつない感傷を響かせた名盤『クロージング・タイム』でデビューして以来30年以上にわたるキャリアの中でも初となるボリュームで、およそ30曲もの未発表楽曲と先のワイル・トリビュートのほかにロブ・ゾンビ監修のラモーンズ・トリビュート(『Brawlers』収録「The Return Of Jackie And Judy」)、ダニエル・ジョンストン・トリビュート(『Bastards』収録「King Kong」)への提供楽曲、これまで発表したシングルのカップリング曲などを集めた全54曲を独特の視点からのコンパイルしたという、裏集大成的な内容となっており、94ページにもわたるブックレットまで付属します。

 本作のリリースにともない10月を通してリリース元のANTIのサイトでは収録曲「Bottom Of The World」、「You Can Never Hold Back Spring」(10/3〜)、「Road to Peace」(10/17〜)「Long Way Home」(10/23〜)の先行ダウンロードがスタート!またmyspace内トムウェイツ・ページでも試聴が可能となっています。

 長いキャリアの中で一度たりとも揺らぐことのない、繊細さと力強さをあわせもったトム・ウェイツならではの魅力が貫かれていることは間違いないでしょう。未発表楽曲にはアルコールとタバコで喉を潰してしまう以前の楽曲が収録されるのかどうかも気になるところ。初回限定生産のため、早めのご購入をオススメします!リリース日(11/22)に予定されているジム・ジャームッシュ監督作品の一挙再発作品に、もちろん含まれている主演映画『ダウン・バイ・ロー』DVDとあわせてぜひお手元に!


2006年11月22日発売
トム・ウェイツ『オーファンズ』
EICP-736〜8 \6,300(税込)

[ディスク1]“Brawlers”
01. Lie To Me
02. LowDown
03. 2:19
04. Fish In The Jailhouse
05. Bottom Of The World
06. Lucinda
07. Ain't Goin' Down To The Well
08. Lord I've Been Changed
09. Puttin' On The Dog
10. Road To Peace
11. All The Time
12. The Return Of Jackie and Judy
13. Walk Away
14. Sea Of Love
15. Buzz Fledderjohn
16. Rains On Me

[ディスク2]"Bawlers"
01. Bend Down The Branches
02. You Can Never Hold Back Spring
03. Long Way Home
04. Widow's Grove
05. Little Drop Of Poison
06. Shiny Things
07. World Keeps Turning
08. Tell It To Me
09. Never Let Go
10. Fannin Street
11. Little Man
12. It's Over
13. If I Have To Go
14. Goodnight Irene
15. The Fall Of Troy
16. Take Care Of All My Children
17. Down There By The Train
18. Danny Says
19. Jayne's Blue Wish
20. Young At Heart

[ディスク3]"Bastards"
01. What Keeps Mankind Alive
02. Children's Story
03. Heigh Ho
04. Army Ants
05. Books Of Moses
06. Bone Chain
07. Two Sisters
08. First Kiss
09. Dog Door
10. Redrum
11. Nirvana
12. Home I'll Never Be
13. Poor Little Lamb
14. Altar Boy
15. The Pontiac
16. Spidey's Wild Ride
17. King Kong
18. On The Road
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 柴田聡子、新しい試みとニューEP[インタビュー] PIZZICATO ONE、5年ぶりのニュー・アルバムはワンマンライヴの実況録音盤
[インタビュー] 緊急超会議!アップアップガールズ(仮)×アップアップガールズ(2)×アップアップガールズ(プロレス)[インタビュー] シバノソウ、独創的なサウンドに少女のリアルをこめた1stアルバム
[インタビュー] 久保田麻琴、最新マスタリングで復刻される、70年代の名盤3枚を語る[インタビュー] 加藤和樹、デビュー15年目のエモーショナルなミニ・アルバム
[インタビュー] カミーユ・トマ、“暗闇から光に向かう旅”という物語の曲が集まった新作で、チェロが奏でる希望の声[インタビュー] plane、普遍的な魅力を持った7年ぶりのニュー・アルバム
[インタビュー] TOKU、ジョヴァンニ・ミラバッシとの出会いから生まれたフランスでのデビュー・アルバム[インタビュー] 太田貴子、“クリィミーマミがいたから今の私がいる”徳間ジャパン時代の全音源を収める作品集を発表
[インタビュー] GADORO、SUNART MUSICにカムバックにしての4作目。ファーストのヒップホップ感とちょっと進化した自分[インタビュー] ジャンル、世代、国境を越えるOSAMU SATOの最新作
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015