ニュース

妻夫木 聡とリリー・フランキーが家族観を語る、映画『ぼくたちの家族』トークショー

妻夫木聡   2014/06/19 15:42掲載
はてなブックマークに追加
妻夫木 聡とリリー・フランキーが家族観を語る、映画『ぼくたちの家族』トークショー
 現在、大ヒット公開中の映画『ぼくたちの家族』(監督:石井裕也)。6月18日(水)には主演の妻夫木 聡、そしてリリー・フランキーを迎えたトークショーが東京「新宿ピカデリー」で行なわれました。

 盛大な拍手の中、妻夫木と、5分前に会場に到着したというリリーがバッグを持ったまま登壇! トークショーは和やかな笑いからスタート。リリーからの「いい映画でしたが、ずいぶんとつらい役だったね。家族を好きな人だから余計重い話だよね」に、妻夫木は「そうですねつらかったですね。でも自分は次男なので自分の兄貴と似ているなと思っていました」と、自身の家族を投影していたことを明かしました。

 本作について、「細かいところが本当にリアルで、自分の経験を思い出した。男はいざというとき頼りにならない。その時になって頑張ることでしか埋め合わせできない。そういうところも、とてもリアルだった。俺も人生で一番頑張ったなって思ったときは母親が入院したときだったね」と、自身の経験を振り返る。また、「普段の妻夫木さんとは違う、ひきこもりの過去を持つ設定で“リアリティがないな”と観る前は思っていたけど、笑顔のシーンで不器用な感じがすごく出ててましたね」(リリー)との感想に、「石井監督からは、“笑うことになれていない笑顔”と“泣かないこと”を、気を付けるようにと言われていたので、そう感じてもらえてとてもうれしいです!」(妻夫木)と喜ぶ場面も。

 リリーは石井監督について、「デビュー作からあんなに安定している監督はいないよね、作品をどんどん出して、クオリティを下げないし、すごい監督だと思う」。また、キャストの池松壮亮については、「彼は天才でしたね! 人間と子犬との中間のような独特な空気感があって。あと、一番バランスがいいのはこの子の役なんじゃないかなと」と激賞!

ぼくたちの家族

 また、来場者から寄せられた「『東京タワー』と『ぼくたちの家族』、どちらも家族の物語ですが、家族ってどういうものだと思いますか?」という質問に、「俺は物心ついた時から母親と2人だったし、家族ってこういうものだと思っていた。妻夫木くんのところのように仲の良い家族をみるとそれ以上いいものはないよなって思う。いい家族を作るってことは難しい。あと、親はもともと親だったわけじゃないって思うと、頑張ってきたんだなって、すごく愛しく思えるよね。自分が親を養うようになってやっと親のことを聞けるようになったし、話せるようになった」(リリー)と、語りました。

 最後に、「こんなに熱のあるいい映画なので、多くの人に観てもらいたい」(妻夫木)、「こういう映画は長く映画館で公開していてほしいと思う」(リリー)とメッセージが寄せられ、イベントはフィナーレ。「苦しくてしょうがないシーンの間にユースケ(・サンタマリア)さんが出てることでリラックスできました」と明かすリリーの言葉に会場からも笑いが起こるなど、心地よく『ぼくたちの家族』の余韻を楽しむことの出来る時間となりました。
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ[インタビュー] ベイ・エリア・ヒップホップへの偏愛――ILL-TEE「STAY TRUE / BOTTLE AFTER BOTTLE」
[特集] セットリストはおなじみの名曲ばかり! 新作完成を記念したトレヴァー・ホーン最新ライヴ・レポート[インタビュー] 20年に愛と感謝を込めて――守屋純子オーケストラの定期公演「20 Years of Gratitude」
[インタビュー] 周りとは違うやり方で、どれだけ存在感を示していけるか 18scottとSUNNOVAの見つめる先とは[インタビュー] ストイックさとグルーヴ感を併せ持つテクノDJ、Sakiko Osawaが初のフル・アルバムをリリース
[インタビュー] アーティストとしての成長が呼んだ“物言わぬ感性の一致” 早見沙織『JUNCTION』[インタビュー] 現代ヒップホップにおける“プロデュース”について考える――Ryohu『Ten Twenty』
[インタビュー] 丸みのある、自然体の音楽 Opus Inn『Time Rolls On』[インタビュー] 消費者だったら消費者らしく盛り上がれ “侵食する”ARKHAM
[インタビュー] “歌がうたえればそれでいい”って思えるわたしでありたい 山崎あおい『FLAT』[インタビュー] クラシック音楽と人々、作曲家と現代人を“つなげる”清塚信也の最新アルバム『connect』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015