ニュース

ヴァイオリニストのヴィクトリア・ムローヴァ、パーヴォ・ヤルヴィとの共演によるペルト・アルバムを発売

ヴィクトリア・ムローヴァ   2018/09/21 12:48掲載
はてなブックマークに追加
 バロック音楽からコンテンポラリー、ワールド・ミュージック、実験音楽まで幅広いレパートリーを持つヴァイオリニストのヴィクトリア・ムローヴァ(Viktoria Mullova)が、3年ぶりとなる新録音『ペルト: フラトレス、鏡の中の鏡』(PONYX-4201 2,857円 + 税)を9月21日(金)にリリース。

 本作は、2005年のレーベル創立当初からONYXに録音を行なっているムローヴァの、ONYXでは12作目となるアルバム。エストニア出身の大作曲家、ペルト本人の立会いのもと録音されました。前作『プロコフィエフ: ヴァイオリン協奏曲第2番、2本のヴァイオリンのためのソナタ、無伴奏ヴァイオリン・ソナタ』(PONYX 4142)に引き続き、ペルトと祖国を同じくするパーヴォ・ヤルヴィ(Paavo Järvi)が指揮を務めています。オーケストラは、ヤルヴィが芸術顧問を務めるエストニア国立交響楽団です。「鏡の中の鏡」では、ロンドンのジャズ・ピアニスト / オルガニスト / 歌手 / 作・編曲家であるリーアム・ダナキー(Liam Dunachie)がピアノを担当しています。

 ムローヴァは、10月16日(火)に東京・赤坂 サントリーホールで行なわれる読売日本交響楽団の〈第616回名曲シリーズ〉へ出演。ジョヴァンニ・アントニーニ(Giovanni Antonini)指揮のもと、ベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲を演奏します。また、19日(金)には神奈川・横浜 フィリアホール(青葉区民文化センター)、21日(日)には東京・錦糸町 すみだトリフォニーホールでリサイタルを行ないます。

■2018年9月21日(金)発売
ペルト: フラトレス、鏡の中の鏡
PONYX-4201 2,857円 + 税

[収録曲]
ペルト:
01. タブラ・ラサ
02. フラトレス
03. パッサカリア
04. ヴァイオリン、ベルと弦楽のための「ダルフ・イッヒ...」
05. ヴァイオリンとピアノのための「鏡の中の鏡」


[演奏]
ヴィクトリア・ムローヴァ(vn) / パーヴォ・ヤルヴィ指揮エストニア国立交響楽団 / リーアム・ダナキー(p / 05)
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] PIZZICATO ONE、5年ぶりのニュー・アルバムはワンマンライヴの実況録音盤[インタビュー] 緊急超会議!アップアップガールズ(仮)×アップアップガールズ(2)×アップアップガールズ(プロレス)
[インタビュー] シバノソウ、独創的なサウンドに少女のリアルをこめた1stアルバム[インタビュー] 久保田麻琴、最新マスタリングで復刻される、70年代の名盤3枚を語る
[インタビュー] 加藤和樹、デビュー15年目のエモーショナルなミニ・アルバム[インタビュー] カミーユ・トマ、“暗闇から光に向かう旅”という物語の曲が集まった新作で、チェロが奏でる希望の声
[インタビュー] plane、普遍的な魅力を持った7年ぶりのニュー・アルバム[インタビュー] TOKU、ジョヴァンニ・ミラバッシとの出会いから生まれたフランスでのデビュー・アルバム
[インタビュー] 太田貴子、“クリィミーマミがいたから今の私がいる”徳間ジャパン時代の全音源を収める作品集を発表[インタビュー] GADORO、SUNART MUSICにカムバックにしての4作目。ファーストのヒップホップ感とちょっと進化した自分
[インタビュー] ジャンル、世代、国境を越えるOSAMU SATOの最新作[インタビュー] 寺井尚子、“ジャズ・ヴァイオリンの女王”による多彩なナンバーで、新たな世界が花開く
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015