ニュース

ヴァイオリニストのヴィクトリア・ムローヴァ、パーヴォ・ヤルヴィとの共演によるペルト・アルバムを発売

ヴィクトリア・ムローヴァ(VIKTORIA MULLOVA)   2018/09/21 12:48掲載
はてなブックマークに追加
 バロック音楽からコンテンポラリー、ワールド・ミュージック、実験音楽まで幅広いレパートリーを持つヴァイオリニストのヴィクトリア・ムローヴァ(Viktoria Mullova)が、3年ぶりとなる新録音『ペルト: フラトレス、鏡の中の鏡』(PONYX-4201 2,857円 + 税)を9月21日(金)にリリース。

 本作は、2005年のレーベル創立当初からONYXに録音を行なっているムローヴァの、ONYXでは12作目となるアルバム。エストニア出身の大作曲家、ペルト本人の立会いのもと録音されました。前作『プロコフィエフ: ヴァイオリン協奏曲第2番、2本のヴァイオリンのためのソナタ、無伴奏ヴァイオリン・ソナタ』(PONYX 4142)に引き続き、ペルトと祖国を同じくするパーヴォ・ヤルヴィ(Paavo Järvi)が指揮を務めています。オーケストラは、ヤルヴィが芸術顧問を務めるエストニア国立交響楽団です。「鏡の中の鏡」では、ロンドンのジャズ・ピアニスト / オルガニスト / 歌手 / 作・編曲家であるリーアム・ダナキー(Liam Dunachie)がピアノを担当しています。

 ムローヴァは、10月16日(火)に東京・赤坂 サントリーホールで行なわれる読売日本交響楽団の〈第616回名曲シリーズ〉へ出演。ジョヴァンニ・アントニーニ(Giovanni Antonini)指揮のもと、ベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲を演奏します。また、19日(金)には神奈川・横浜 フィリアホール(青葉区民文化センター)、21日(日)には東京・錦糸町 すみだトリフォニーホールでリサイタルを行ないます。

■2018年9月21日(金)発売
ペルト: フラトレス、鏡の中の鏡
PONYX-4201 2,857円 + 税

[収録曲]
ペルト:
01. タブラ・ラサ
02. フラトレス
03. パッサカリア
04. ヴァイオリン、ベルと弦楽のための「ダルフ・イッヒ...」
05. ヴァイオリンとピアノのための「鏡の中の鏡」


[演奏]
ヴィクトリア・ムローヴァ(vn) / パーヴォ・ヤルヴィ指揮エストニア国立交響楽団 / リーアム・ダナキー(p / 05)
オール・ジャンル 最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “生命のありさま”みたいなもの――ORIGINAL LOVE『bless You!』[インタビュー] もっと正直になりたい――本気は、きっと伝わる 杏沙子『フェルマータ』
[インタビュー] 三遊亭円丈「恋のホワン・ホワン」など“カルトな名作”を手がけた中村俊夫がトリオ・レコードの軌跡を語る[インタビュー] 自分が魅せられた“ヒップホップ”を表現したかった “DEFなYが送る特別授業”YUKSTA-ILL『DEFY』
[インタビュー] 自分にとっては“禊”って感じ――LIBRO『SOUND SPIRIT』[インタビュー] 自分がどう思ったか、どう判断したか “らしさ”を模索するYoumentbay
[インタビュー] 稀代の名プロデューサー、トレヴァー・ホーンが80年代の名曲をフル・オーケストラとともにカヴァーしたニュー・アルバムを発表[インタビュー] “常に自分をアップデートさせたい”前向きな姿勢を反映したE.P第2弾、竹内アンナ『at TWO』
[インタビュー] みんな“トモダティ” エレクトロオルタナティブユニット“tomodati”登場[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表
[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015