ニュース

元アンジュルム和田彩花、“現在進行系”の初ソロ・パフォーマンス披露

和田彩花   2019/10/21 14:59掲載
はてなブックマークに追加
元アンジュルム和田彩花、“現在進行系”の初ソロ・パフォーマンス披露
 元アンジュルム / 元ハロー!プロジェクトのリーダー、和田彩花が10月20日(日)東京・多摩センターで開催されたカルチャー・フェス〈NEWTOWN 2019〉にて、ソロとなってはじめてパフォーマンス。みずから歌詞を書いたオリジナル楽曲「この気持ちの行く先に」(仮称)を披露しました。また、米シカゴ在住のアーティストSen Morimotoとのコラボで、バンド・サウンドとともにポエトリー・リーディングも披露。“現在進行系”の和田彩花が見られるイベントとなりました。

 なお、10月24日(木)に東京・代官山UNITで開催するSen Morimotoのライヴに和田がゲスト出演することが発表されています。

[オフィシャル・レポート]
 今年6月18日にアンジュルムを卒業したアイドル和田彩花が、10月20日(日)東京・多摩センターで開催されたカルチャー・フェス〈NEWTOWN 2019〉で、ついにソロで初パフォーマンスを行なった。和田は、自身が作詞したオリジナル楽曲を歌唱。また、シカゴ在住のアーティストSen Morimotoとのコラボで、バンド・サウンドとともにポエトリー・リーディングを披露した。

 暗転した会場が大きな拍手に包まれると、薄ピンク色のコーデュロイのワイシャツに黒のパンツというシンプルなスタイルの和田がステージに登場。マイクスタンドの前に立った彼女は、気鋭の映像&音楽クリエイター、VIDEOTAPEMUSICが手がける色彩豊かな映像がステージを彩る中、自らが歌詞を書いたオリジナル楽曲「この気持ちの行く先に」(仮称)を披露する。穏やかさから徐々にエモーショナルになっていくナンバーを、和田は歌とポエトリー・リーディングを織り交ぜ歌唱。間奏では、しなやかさと力強さを合わせ持つダンスで魅せる。“言葉を紡ぎ 未来を掴むこの手で あなたの気持ちの先にあるものは何”“同じ人間として生きていきたい”と歌われる歌詞からは、一人ひとりの意思を尊重して未来を作っていきたいという彼女の思いが伝わってきた。和田は、今の自分の持つ思いを解放するように、楽曲の世界観を全身で力いっぱい表現した。

 曲を歌い終え観客から大きな拍手が送られると、和田は引き締まった表情から一気に笑顔になって「みなさんこんにちは、和田彩花です。ちょっと緊張しました(笑)。私はちょっと前までグループにいて、卒業してひとりで音楽で表現するってことを始めて、今日が初めてのステージだったんです」と話を進めていく。「今日披露した曲の仮タイトルは、〈この気持ちの行く先に〉です。あと、YouTubeで公開したフランス語の曲〈Une idole〉もあって、その他にもまだまだ曲は作っています。もっともっと私の音楽を聴きたいと思ってくれた方は、ぜひ私のSNSをフォローしてください。最新情報がわかると思います」とアピールした。

 Sen Morimotoとバンド・メンバーがステージに揃うと、「今日、コラボさせていただくSenさんです」と和田が紹介。フリー・ジャズとヒップホップを融合したメロディアスな楽曲で注目を集めるSen Morimotoは、ジャパン・ツアーを開催する。MC中に、10月24日に代官山UNITで開催する彼のライヴに和田がゲスト出演することが発表された。

 MCから自然に流れるように、ノートを持った和田は、Sen Morimotoの奏でるメランコリックなエレクトリック・ピアノのサウンドに乗せてポエトリー・リーディングを始める。人と人の受け取り方の違いや“感情を超えたその先を見てみたい”という言葉を優しい口調で語っていく彼女。ポエトリー・リーディングを終えた和田は、凛とした佇まいで深くお辞儀。大きな拍手に包まれる会場に向かって、彼女はにこやかな微笑みを浮かべステージをあとにした。

 短い時間ながらも充実のステージを見せてくれた和田彩花。ソロでの初のステージを終えたあとばかりの彼女にコメントをもらった。まず、ライヴを終えての感想を尋ねると、「緊張しました。でもそれだけじゃなかったですね。やっぱり曲も言葉も早くみなさんに届けたかったので、それができてうれしかったです。でも、ステージの出来に関してはどうだったかな(笑)。そこは自分を振り返り、反省し、次に活かしたいと思います」と語った。

 アンジュルム時代とはがらりと違う状況でのパフォーマンスについて聞いたところ、「私の中で変化はないんです」という意外な答えが返ってきた。「もちろんステージにいるのがひとりだから、緊張してもみんながいる!って思えないことは寂しかったですよ。でも、感覚としてはむしろ自分にどんどん近づいていってるから、心地よかったです」と述べた。

 披露した2曲にはどのような思いが込められているのかを聞いたところ、「〈この気持ちの行く先に〉は、未来に関する願いとか祈りとかが歌われてるんです。私の思うこともポエトリー・リーディングの部分で語っていて、そのあとにみなさんの気持ちを教えてほしいって言ってるんです。それは私に同調するとかじゃなく、いろんな声として教えてほしいなと思うからなんですよ。そういうみなさんの声を、この曲を通じて聴けたらと思います。あと、Senさんとコラボしたポエトリー・リーディングでは、小さな意見や表現とかをみんなで守っていきたいなって思いを言葉にして語りました」と答えた。

 彼女は、この日のステージを終えて今後の新たな展望が見えてきたという。「先ほど、自分の感覚に近いところに来たって言ったじゃないですか。だからこそ、自分はどんな表現を持ってるのかな?自分はどうしたらいいのかな?ってすごく考えさせられたんです。私はこれまで、がっつり踊って歌うってパフォーマンスをやっていくぞって想像をしてたんですけど、今日マイクスタンドを使ってステージをやってみたり、Sen Morimotoさんのライヴを見たりして、なんかいろいろ見えてきました。私は踊りも好きだけど、それだけじゃない表現がもうちょっとできそうだなって。そこは自分で探ってみたいです」と、今後のステージングへの意欲を口にした。

 初ステージでいい刺激をもらった彼女は、「今はすごくワクワクしてます。でも、これからどぎつい表現の歌詞も出てくるかもしれないですけど(笑)、それもみなさんに楽しんでもらえたらいいなと思います」と、これからの和田彩花について語った。

 既存の概念にとらわれず自分の意思をしっかりと持ち、アイドルとして新たな道を切り拓いていこうとする和田彩花。果たして彼女が、どんな音楽や表現を見せてくれるのか楽しみに待とう。


拡大表示拡大表示拡大表示


Sen Morimoto JAPAN TOUR 2019
www.inpartmaint.com/site/27973
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 進化するKIRINJI “シティ・ポップ”で“夜の匂い”のする14thアルバム[インタビュー] Carpainter ジャパニーズ・テクノへの懐古と再構
[インタビュー] chay 「今の時期だからこそ歌えた歌」心の成長や変化が昇華された新作[インタビュー] みずからを解き放ち、どこへでも自由に羽ばたいて行ける――ミロシュの復帰第1作『サウンド・オブ・サイレンス』
[インタビュー] 大阪在住の4人組、POP ART TOWNの1stアルバムに満ちるフレッシュなポップ・センス[インタビュー] 大切なのは生活リズムのメリハリ。“睡眠研究の権威” 西野精治教授が監修する眠りと目覚めのクラシックCD
[インタビュー] のろしレコード 松井文、折坂悠太、夜久一、シンガー・ソングライター3人が出会って生まれた歌[インタビュー] ピアニスト、ユップ・ベヴィンが映画『楽園』に提供した寂しさと希望の共存する音楽
[特集] 1日だけのポイントカラーを楽しむ毛髪着色料「PAF 1-day hair tint」×ファッション・アイコン「lol」が盛り上げる「特別な1日」[インタビュー] インドで生まれ、アメリカで学び、現在は日本で活躍する異色のシンガー・ソングライター、teaがメジャー・デビュー・アルバム『Unknown Places』を発表
[インタビュー] ジョヴァンニ・アレヴィ ポップからクラシックまでジャンルを横断するイタリア出身のピアニストの“愛のアルバム”[インタビュー] 高野寛 デビュー30周年の締めくくりとなるアルバムは“今”を表現する原点回帰作
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015