ニュース

ウェス・モンゴメリー、最初で最後のヨーロッパ・ツアーの貴重な音源がアルバムに

ウエス・モンゴメリー   2021/01/21 15:22掲載
はてなブックマークに追加
ウェス・モンゴメリー、最初で最後のヨーロッパ・ツアーの貴重な音源がアルバムに
 ジャズ・ギタリストのウェス・モンゴメリー(Wes Montgomery)が1965年に行なった、最初で最後のヨーロッパ・ツアーから、4月30日に独ハンブルクのNDR(北ドイツ放送局)スタジオ10で開催された「第39回 NDRジャズ・ワークショップ」での公演の模様を収録するアルバム『NDR ハンブルグ・スタジオ・レコーディングス』が3月上旬に発売されます。同梱されるBlu-rayには2日前の4月28日に同会場で行なわれたリハーサルの映像を約30分にわたって収録しています。

 1965年のモンゴメリーのヨーロッパ・ツアーの録音は、2017年に発売された『イン・パリ-ザ・ディフィニティヴ・ORTF・レコーディングス』(3月27日、フランス・パリ シャンゼリゼ劇場での録音)でも聴くことができますが、『イン・パリ〜』が母国アメリカのレギュラー・バンドでの演奏であるのに対し、『NDR ハンブルグ・スタジオ・レコーディングス』ではヨーロッパのジャズメンとの共演。メンバーはジャン=リュック・ゴダール監督『勝手にしやがれ』など数々の映画音楽でも著名なピアニストのマーシャル・ソラール(アルジェリア→フランス)を筆頭に、ロニー・スコット(英国)、ハンス・コラー(オーストリア→ドイツ)、ロニー・ロス(インド→英国)、『イン・パリ〜』にゲスト参加しているほかRiverside盤『フル・ハウス』でも息の合ったプレイを繰り広げていた旧友のジョニー・グリフィン(米国→フランス)らを含む国際色豊かな顔ぶれとなっています。

 サックス・アンサンブルと演奏するプランは「NDRジャズ・ワークショップならではの独自性を打ち出した企画を」という主催者からのリクエストに応じたもので、ウェスとヨーロッパのジャズメンたちは、「Last of the Wine」「Blue Grass」「The Leopard Walks」などウェスの公式アルバムでは聴くことのできない楽曲も含む全10曲を、長年ともに演奏してきたかのような一体感で楽しませてくれます。

キングインターナショナル
kinginternational.co.jp
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ジョン・グラム、みずから手がけた大河ドラマ『麒麟がくる』の音楽を語る[インタビュー] ナミヒラアユコ、ライヴ感&グルーヴィなサウンドとジャンルを横断するパワフルな歌声
[インタビュー] 梅井美咲、16歳でブルーノート東京に出演したジャズ・ピアニストが鮮烈デビュー[インタビュー] ジェイコブ・コーラーが語る、よみぃとの共演作と全面バックアップしたMAiSAのデビュー盤
[インタビュー] noonが聴く軽量・高音質イヤフォンNUARL“N6 mini”[インタビュー] kiki vivi lily、スウィート&グルーヴィな新世代シンガー・ソングライター
[インタビュー] アンドレア・ボチェッリ、ロックダウン中の心境を反映した、安らぎの新作『Believe〜愛だけを信じて』[特集] 半美子、今こそ“心のふるさと”に帰ろう、半美子初のカヴァー・アルバム
[インタビュー] 小西真奈美、豪華プロデューサー陣を迎えて描く等身大のポップ・アルバム[特集] 吉澤嘉代子、デビューから5年の集大成『新・魔女図鑑』
[インタビュー] ダーティ・ループス、華々しいデビューから6年、スウェーデンの3人組がひさびさの新曲を収録するEPを発表[インタビュー] 大貫妙子、名門レコーディング・スタジオを描いた映画『音響ハウス Melody-Go-Round』を語る
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015