ニュース

ワンダフルボーイズ、奇妙礼太郎トラベルスイング楽団メンバーによるチャリティ・イベントが大阪で開催

ワンダフルボーイズ   2015/05/20掲載(Last Update:15/09/08 16:13)
はてなブックマークに追加
ワンダフルボーイズ、奇妙礼太郎トラベルスイング楽団メンバーによるチャリティ・イベントが大阪で開催
 ワンダフルボーイズの林未来彦(sax)と、奇妙礼太郎トラベルスイング楽団の安田 崇(b)が主催する、難病“遠位型ミオパチー”の支援チャリティ・イベント〈Suite Night Classic〉が大阪・阿倍野「ROCKTOWN」にて7月20日(月・祝)に行なわれます。

 林と安田が7年前から開催しているアコースティックなチャリティ・イベント〈Suite Night Classic〉。通算29回目となる今回はバンド・スタイルで開催、ワンダフルボーイズ、カルメラ、清水あつしとグッバイトゥロマンスの出演が決定しました。主催の2人は、「7年目、バンドライヴイベントとしては3度目、通算29回目の今回はカルメラさん、清水あつしとグッバイトゥロマンスさん、そしてワンダフルボーイズにも協力していただき、開催する運びとなりました。祝日の早い時間から、始まるこのイベント。ぜひ、御来場ください」と言葉を寄せています。

Suite Night Classicと遠位型(えんいがた)ミオパチーについて
2009年から始まった、このチャリティーイベントも29回目になりました。
主催者である林未来彦の同級生が、この病にかかってから18年もの時間が過ぎました。
遠位型ミオパチー患者の多くは、20代以降に発症し徐々に身体の筋肉が衰え
歩行困難な状態になる病です。
私たち一人一人にとっても、それは他人事ではなく、自分や家族・友人
これから生まれてくる子供達にも可能性があることです。
私たちにできることは何か?
20代に遠位型ミオパチーを発症して、現在、患者会代表を務めている
織田友理子さんの言葉を、より多くの若者に聞いて欲しいと思います。
イベントは15時開始で、夕食時の18時半には終演します。
ショッピングモールに隣接したライブハウスの帰り道、
この日感じたことをお喋りしながら
大切な家族・友人との時間を過ごして頂きたいと願ってます。


難病 遠位型ミオパチー支援チャリティーLIVE
Suite Night Classic 29th

2015年7月20日(月・祝)
大阪 阿倍野 ROCKTOWN www.rocktown.jp
開場 14:30 / 開演 15:00 / 終演 18:30
前売 3,000円 / 当日 3,500円(drink代・別途600円)
※高校生以下は当日受付にて1,000円キャッシュバックの学生割引
※身分証明書・学生証などの提示が必要です


[出演]
ワンダフルボーイズ / カルメラ / 清水あつしとグッバイトゥロマンス
特別ゲスト: 遠位型ミオパチー患者会より代表 織田友理子

[プレイガイド]
チケットぴあ(P 265-412) / ローソンチケット(L 51315) / e+
オール・ジャンル 最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] Ryo Kobayakawa、NEI、COVAN――名古屋市南区発ヒップホップ・クルー“D.R.C.”を紹介する[インタビュー] 強さと美しさを追い求めて――ベッド・インが初のカヴァー・アルバム『Endless Bubble』を発表
[特集] “自分らしくレイアウトする楽しさ”を提案する 大塚家具×ロン・モンロウのWEB CM[インタビュー] ハミ出し者の生き様――DOGMA x LORD 8ERZ『DROPOUT SIDING』
[インタビュー] 「家族ができてすべてが変わった」結婚、子供、生活。激動の7年間を過ごしたT2Kが待望の新作を発表[インタビュー] なんもないけどなんかある 踊Foot Works『GOKOH』
[インタビュー] 心の拠り所となるものをみつけて、信じる気持ちが大切――聴き手の心を導く“光”となるキャサリン・ジェンキンスの最新作[インタビュー] 地下アイドル卒業とメジャー・デビュー――『パノラマ街道まっしぐら』を巡る姫乃たまの現在
[インタビュー] “グレート・アメリカン・ソングブック + スパイス・ガールズ” ローレン・デスバーグの普遍的魅力[インタビュー] “豊かさ”を思い出させる音楽 児玉奈央『IN YOUR BOX』
[インタビュー] ジャズ・ギタリスト小沼ようすけが追求する、生き方とマッチした音楽“Jam Ka”[インタビュー] どんどん上がっていくイメージをキープしていたい――ラフィンノーズが“ニュー・アルバム”『NEGATIVE』を2作同時リリース
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015