ニュース

ヨーヨー・マ、世界各国のアーティストとのコラボを収める新作『ノーツ・フォー・ザ・フューチャー』を発表

ヨーヨー・マ   2021/09/14 13:01掲載
はてなブックマークに追加
ヨーヨー・マ、世界各国のアーティストとのコラボを収める新作『ノーツ・フォー・ザ・フューチャー』を発表
 チェリストのヨーヨー・マ(Yo-yo Ma)が、世界各国のアーティストとのコラボレーションを収録するアルバム『ノーツ・フォー・ザ・フューチャー』を配信リリースしました。

 ヨーヨー・マとコラボレーションしたのは、東京オリンピックの開会式で披露された「イマジン」に映像で出演したアフリカ・ベナン出身のアンジェリーク・キジョー、スペイン・バルセロナ出身のジャズ・トランペット奏者アンドレア・モティス、メキシコ出身のリラ・ダウンズ、レバノンのベイルートで結成されたロック・バンドのマシュロウ・レイラ、カナダ先住民のルーツを持ちトロントを拠点に活動するテノール歌手のジェレミー・ダッチャー、ジェンダー・ノンコンフォーミングであることを表明しているアメリカ・ミシガンの歌手トゥンデ・オラニラン、台湾の原住民パイワン族のシンガーであるアバオ、ニュージーランドのシンガー・ソングライターであるマーロン・ウィリアムス

 そのほか、アルバムの冒頭では、マックス・ローチのクインテットでピアノを弾き、マーヴィン・ゲイハリー・ベラフォンテにアレンジを提供、テレビや映画のために作曲したコレリッジ・テイラー・パーキンソンの代表作「ラメンテーションズ“ブラック/フォーク・ソング・スイート”」から「カルヴァリー・オスティナート」をヨーヨー・マがソロで演奏しています。

 このアルバムは、ヨーヨー・マがクラシック専用コンサートホール以外の世界各地の空間で「バッハ:無伴奏チェロ組曲」を演奏する「バッハプロジェクト」から派生したもので、参加したアーティストが歌う歌詞はアラビア語、カタルーニャ語、パイワン語、ミクマク語、サポテク語、エウェ語、マオリ語、英語、スペイン語と多岐にわたります。また、「バッハプロジェクト」の日本公演は11月3日(水・祝)に沖縄アリーナで行なわれる予定です。

ヨーヨー・マ『ノーツ・フォー・ザ・フューチャー』
yoyoma.lnk.to/AL_NotesfortheFuture
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] 映像配信サービス「dTV」に新ジャンル「ライブ」が誕生、ひと味違うライブ体験ができるその魅力[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ
[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー
[インタビュー] 活動10周年にして集大成さくら学院ラスト・インタビュー[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN
[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂
[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA
[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015