ニュース

佐久間正英が在籍した四人囃子のアンソロジー・アルバム『錯』発売

四人囃子   2016/12/16 17:17掲載
はてなブックマークに追加
 2014年に亡くなった音楽プロデューサーの佐久間正英も在籍したロック・バンド、四人囃子のCDアルバム『四人囃子アンソロジー 〜錯〜 』が2017年1月25日(水)に発売。本作はバンドの歴史を振り返るアンソロジー的な作品集となっており、現在絶版のBOXセット『From the Vaults』(2001年)、『From the Vaults 2』から音源を厳選し最新リマスタリングを施しているほか、メンバーの岡井大二が監修を手がけた「一触触発」「おまつり(やっぱりおまつりのある街へ行ったら泣いてしまった)」の“alternate version”を初収録。

 本作には、2008年4月に東京・JCBホール(現東京ドームシティホール)で収録されたライヴ映像〈ROCK LEGEND'08〉収録のDVDが付いており、CSでの放送時にはオンエアされなかった「おまつり(やっぱりおまつりのある街へ行ったら泣いてしまった)」や、「オレの犬」「SAKUMA#1」「Rumble」といった未発表曲も収録。さらにはボーナストラックとして、2003年に神奈川・川崎 CLUB CITTA'で行なわれた〈ROCK LEGEND LIVE Vol.3〉から「Rumble」、また2002年に東京厚生年金会館で行なわれた〈ROCK LEGEND Vol.2〉から、初代ベーシストの中村真一と佐久間正英が初共演した「眠い月(Nemui-Tsuki)」の映像も収められています。

■2017年1月25日(水)発売
四人囃子
『四人囃子アンソロジー 〜錯〜』

2CD + DVD VIZL-1105 5,500円 + 税
※完全生産限定盤 / デジパック仕様

[DISC 1 / STUDIO TAKES]
01. Mongoloid-Trek(studio: 1978 一口坂studio Test Running Take)
02. カーニバルがやってくるぞ(St-LIVE: 1977.10.26 TFM「パイオニア・サウンド・アプローチ」studio live)
03. ハレソラ(St-LIVE: 1977.10.26 TFM「パイオニア・サウンド・アプローチ」studio live)
04. おまつり(やっぱりおまつりのある街に行ったら泣いてしまった)(studio: alternate version)
05. なすのちゃわんやき(studio: 1976 SONY st.)
06. 昼下がりの熱い日(St-LIVE: 1977.10.26 TFM「パイオニア・サウンド・アプローチ」studio live)
07. 泳ぐなネッシー(studio: 1976 SONY st.)
08. 眠たそうな朝には(studio: 1978 Freedom studio Demo Track)
09. 機械じかけのラム(studio: 1978 Freedom studio Demo Track)
10. 空飛ぶ円盤に弟が乗ったよ(studio: Full version)
11. Buen Dia(studio: 1974 demo track)
12. 一触即発(studio: alternate version)

[DISC 2 / LIVE TAKES]
01. Nocto-Vision For You(LIVE: 1989.9.23 MZA有明)
02. 機械じかけのラム(LIVE: 1989.9.23 MZA有明)
03. 空飛ぶ円盤に弟が乗ったよ(LIVE: 『73 四人囃子』 Full Length version)
04. 一千の夜(LIVE: 1989.9.23 MZA有明)
05. おまつり(やっぱりおまつりのある街に行ったら泣いてしまった)(LIVE: 1973.7.21 杉並公会堂)
06. 泳ぐなネッシー(LIVE: 1973.8.21 俳優座)
07. ピンポン玉の嘆き(LIVE: 1973.7.21 杉並公会堂)
08. Chaos(LIVE: 1989.9.23 MZA有明)
09. 一触即発(LIVE: 1973.12.30 ヤクルトホール)
10. 眠い月(Nemui-Tsuki)(LIVE: 1989.9.23 MZA有明)

[DVD / 四人囃子 2008 LIVE & MORE]
01. なすのちゃわんやき(2008.4.19 JCBホール)
02. 空と雲(2008.4.19 JCBホール)
03. おまつり(やっぱりおまつりのある街に来たら泣いてしまった)(2008.4.19 JCBホール)
04. オレの犬(2008.4.19 JCBホール)
05. 空飛ぶ円盤に弟が乗ったよ(2008.4.19 JCBホール)
06. レディ・ヴァイオレッタ(2008.4.19 JCBホール)
07. カーニバルがやってくるぞ(2008.4.19 JCBホール)
08. 泳ぐなネッシー(2008.4.19 JCBホール)
09. SAKUMA#1(2008.4.19 JCBホール)
10. 一触即発(2008.4.19 JCBホール)
11. Rumble(2003.11.1 川崎CLUB CITTA')
12. 眠い月(Nemui-Tsuki)(2002.10.25 東京厚生年金会館)
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] KAITO もう一回自分を“ここ”に戻してくれた音楽たち[インタビュー] ケイコ・リーが70〜80年代洋楽ヒットなどを歌う
[インタビュー] 日本のパンク・シーンに登場してから35年! 今も走り続けるNICKEYがベスト盤とミニ・アルバムを発表[インタビュー] 進化するKIRINJI “シティ・ポップ”で“夜の匂い”のする14thアルバム
[インタビュー] Carpainter ジャパニーズ・テクノへの懐古と再構[インタビュー] chay 「今の時期だからこそ歌えた歌」心の成長や変化が昇華された新作
[インタビュー] みずからを解き放ち、どこへでも自由に羽ばたいて行ける――ミロシュの復帰第1作『サウンド・オブ・サイレンス』[インタビュー] 大阪在住の4人組、POP ART TOWNの1stアルバムに満ちるフレッシュなポップ・センス
[インタビュー] 大切なのは生活リズムのメリハリ。“睡眠研究の権威” 西野精治教授が監修する眠りと目覚めのクラシックCD[インタビュー] のろしレコード 松井文、折坂悠太、夜久一、シンガー・ソングライター3人が出会って生まれた歌
[インタビュー] ピアニスト、ユップ・ベヴィンが映画『楽園』に提供した寂しさと希望の共存する音楽[特集] 1日だけのポイントカラーを楽しむ毛髪着色料「PAF 1-day hair tint」×ファッション・アイコン「lol」が盛り上げる「特別な1日」
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015