ニュース

吉田省念、ニュー・アルバム『黄金の館』を5月にリリース

吉田省念   2016/04/13掲載(Last Update:16/04/19 13:43)
はてなブックマークに追加
 2012年のアルバム『坩堝の電圧』でも聴くことができるくるりでの活躍や、“吉田省念と三日月スープ”名義での活動で知られ、昨年は荒木飛呂彦原作、長谷川 寧演出、森山未來主演の舞台〈死刑執行中脱獄進行中〉で音楽を担当して注目を浴びた京都出身のシンガー・ソングライター吉田省念が、ニュー・アルバム『黄金の館』(PCD-25199 2,500円 + 税)をリリース。5月18日(水)の発売が決定しています。

 故Klaus DingerNEU!LA DÜSSELDORF ほか)とのプロジェクトや、Sub-tle、miki yui作品などへの参加で知られる尾之内和之をレコーディング・エンジニアとして迎え、自宅兼スタジオ“省念スタジオ”にて制作された『黄金の館』。細野晴臣をはじめ、元たま柳原陽一郎、ドラマー・伊藤大地グッドラックヘイワ, Killing Floor, 元SAKEROCK ほか)、新日本フィルハーモニー交響楽団で鳴らしたチェリスト・四家卯大、Turntable Filmsの谷 健人、コントラバス奏者・植田良太、スティールパン奏者“めめ”こと長井めめ、アイリッシュ・バンドCocopelienaのさいとうともこといった多彩なゲストが参加しています。

 5月14日(土)からは、同作を携えてのツアーもスタート。バンド編成でのパフォーマンスを披露する初日の京都公演では、アルバムの先行販売も予定されています。詳しくはオフィシャル・サイト(www.yoshidashonen.net)にてご確認ください。

ライ・クーダーや細野晴臣氏のように過去のさまざまな音楽のエッセンスを現代に蘇らせる名工が作った作品の佇まいがあるし、その飾り気のない純朴な歌いっぷりから、京都系フォークシンガーの佳曲集とも言っていいかもしれない。
――柳原陽一郎(ex-たま)

言葉にならないです。果てしなく胸の奥の奥の真ん中の部分に触れる。揺れる。夢中で聴いている。
――奇妙礼太郎

去年、舞台音楽の現場を長く共有した省念くんのソロアルバム『黄金の館』すばらしい作品でぼくもうれしい!なつっこいメロディに朴訥な歌声、かなりねじれたアレンジと底なしのギターアイデアが最高ですよ。こんな人と一緒に音楽を作れてたのが僕は誇らしいです。多くの人に聴いてもらいたい!!
――蔡 忠浩(bonobos)

■2016年5月18日(水)発売
吉田省念
『黄金の館』

PCD-25199 2,500円 + 税

[収録曲]
01. 黄金の館
02. 一千一夜
03. 晴れ男
04. 水中のレコードショップ
05. 小さな恋の物語
06. デカダンいつでっか
07. 夏がくる
08. LUNA
09. 春の事
10. 青い空
11. 銀色の館
12. 残響のシンフォニー
13. Piano solo

作詞・作曲・演奏: 吉田省念
録音: 尾之内和之
ミックス: 吉田省念・尾之内和之


吉田省念 live schedule
・2016年5月14日(土)京都 拾得 “黄金の館”
※バンドセット / アルバム先行発売あり
・2016年5月17日(火)京都 磔磔 “月に吠えるワンマン”
※ソロ
・2016年5月24日(火)東京 下北沢 lete “銀色の館 #3”
※弾語りワンマン
・2016年5月26日(木)東京 三軒茶屋 Moon Factory Coffee
※弾語り / 共演: oono yuuki
・2016年6月5日(日)愛知 名古屋 K.Dハポン “レコハツワンマン”
※京都メンバーでのバンドセット / ゲスト: 柳原陽一郎
・2016年6月14日(火)京都 拾得 “黄金の館”
・2016年6月30日(日)東京 下北沢 440 “レコハツワンマン”
※バンドセット(dr 伊藤大地, b 千葉広樹) / ゲスト: 柳原陽一郎
・2016年7月14日(木)京都 拾得 “黄金の館”
・2016年7月18日(月)京都 磔磔
・2016年7月24日(日)大阪 梅田 ムジカジャポニカ
・2016年8月7日(日)京都 “西院ミュージックフェスティバル”
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生
[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ
[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション
[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede[インタビュー] 大井 健 コロナ被害からの再起 / みずからの新たな挑戦から生まれたクラシック・アルバム
[インタビュー] マチュー・ボガート  パリからロンドンに拠点を移し、“新しい絵の具”を使って作られた英詞アルバム[インタビュー] 人気女性ピアノYouTuberが“天空”にまつわる楽曲を弾いた煌めきの新作 朝香智子
[インタビュー] デビュー35周年の豪華シングル 西方裕之[インタビュー] パット・メセニー 新作はクラシック! 室内楽作曲家デビューを果たした『Road to the Sun』
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015