ニュース

ニコラ・コンテ、ジャイルス・ピーターソンらが絶賛!ザラ・マクファーレンが日本デビュー

ザラ・マクファーレン   2013/11/21 16:16掲載
はてなブックマークに追加
 初期のニーナ・シモンロバータ・フラックを連想させるパワーや精神性を感じさせ、すでに多くの評論家から賞賛を集めているザラ・マクファーレン(Zara McFarlane)。
ジャイルス・ピーターソンが主宰するブラウンズウッド・レコーディングスよりリリースされる2ndアルバム『イフ・ユー・ニュー・ハー』(BRC-401 税込2,100円)が、日本でも12月11日(水)に発売されることになりました。

 ザラ・マクファーレンは、2001年にテムズ・バレー大学に進学してポピュラー・ミュージックのパフォーマンスを学び、2005年ジャズ・ジャマイカ・オールスターズのモータウンをテーマにしたアルバム『Motor City』に参加。その後はロンドンで歌の教師を務めるかたわら、ギルドホール音楽学校に進んで2009年にジャズの修士号を取得。2010年、自身でプロデュースしたEP『アンティル・トゥモロー』を発表すると、それがジャイルス・ピーターソンの目に留まり、翌年彼のレーベル、ブラウンズウッド・レコーディングスよりアルバム・デビューを果しました。2012年のMOBO賞においてベスト・ジャズ・アクト部門にもノミネートされ、日本ではニコラ・コンテのライヴにゲスト参加もしています。またオランダで開催されたニーナ・シモン・トリビュート・コンサートに、グレゴリー・ポーターと共に出演したことも話題となりました。

 日本デビューとなる本作では、自らの可能性を押し広げ、自作曲に加えて意外なカヴァー曲も収録されており、その中の一つが、見事なジャズ・アレンジが施されたジュニア・マーヴィンの名曲「ポリス・アンド・シーヴス」。ジャマイカ独立50周年を祝うべく、ミュージック・ビデオと共に発表されたこの曲は、すぐさまファンやラジオからの熱い支持を得て、YouTubeでは既に37,000回以上再生されるに至っています。知る人ぞ知るカルト名曲、ノラ・ディーンの「アンジー・ラ・ラ(アイ・アイ・アイ・アイ)」では、ニューヨークで活躍するレロン・トーマスをトランペットとヴォーカルで起用。 ブラウンズウッド・レコーディングスからデビューしたホセ・ジェイムズが、いまでは男性ジャズ・ヴォーカル・シーンを牽引しているように、今後の女性ジャズ・ヴォーカル・シーンの未来を担うであろうザラ・マクファーレン。その魅力がついに紐解かれています!

 試聴や各界から寄せられたコメントはこちらのサイトでご覧いただけます。(www.beatink.com/Labels/Brownswood/Zara-McFarlane/BRC-401

■2013年12月11日(水)発売
ザラ・マクファーレン
『イフ・ユー・ニュー・ハー』

BRC-401 税込2,100円

[収録曲]
01. Open Heart
02. Her Eyes
03. Move
04. Get Me In Trouble
05. Police and Thieves
06. Spinning Wheel
07. Plain Gold Ring
08. Angie La La(Ay Ay Ay Ay)
09. The Games We Played
10. Woman In The Olive Groves
11. Love
12. Zara McFarlane vs Emanative - Lions of Chiaroscuro *
* Bonus Tracks
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] The mellows “ヴェイパーウェイヴ”ではなく自分たちらしさを追求した新作[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(後編)
[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(前編)[インタビュー] maco marets 気鋭のラッパーが語る、ひとくぎりの3枚目『Circles』までの道のり
[インタビュー] チャクラ 強烈な個性で伝説的存在となっているバンドの未発表ライヴCDを、チリ人のマニアが制作[インタビュー] 女子のリアルを綴るSSW、コレサワ “すごく前向きな”失恋アルバム
[特集] Sound Schedule 鮮度の高い演奏を聞かせる3人組 2020年ライヴ最速レポ[インタビュー] 眉村ちあき 弾き語りトラックメイカーアイドル あらゆる面で成長した渾身の新作
[インタビュー] 湯浅湾 我々は“望まない” 10年ぶりの新作『脈』をバンマスが解説[インタビュー] SKY-HIからエルメート・パスコアールまで、多彩なゲストを迎えた全曲オリジナルの新作『イン・ザ・キー・オブ・ジョイ』を発表
[インタビュー] Soggy Cheerios(ソギー・チェリオス) 新たな局面を迎える手応え[インタビュー] 神保 彰 NYとLAで録音、“月”と“太陽”をイメージした2枚のアルバムを元旦にリリース
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015