リサーチ

ストリート・チーム(Street Team)とは?

2007/04/20掲載
はてなブックマークに追加
バイト募集かと思ったら全然違ってました! ファン参加型プロモーション活動“ストリート・チーム(Street Team)”。なりたいけれど 足りないな、でも今なりたーい!とバンド愛に突き動かされる貴方へ、その詳細をご紹介いたします。
 ストリート・チーム(Street Team)……まるで往年の「ダンス甲子園」を思い浮かべてしまいそうなこの響き。渋谷の路上をたむろする若者集団のことでもなければ、ガラス窓の前で懸命にダンスを練習するクルーのことでもありません。バンド/アーティストとファンとの連帯感によって生まれたプロモーション活動の一環として、海外のみならず、今や日本でも浸透している言葉なのです。

 日本流に言えば“草の根運動”ともとれるストリート・チーム、その発祥はやはり海外。レーベル未契約の前途あるバンド/アーティストをプッシュすべく、彼らの活動をファンがボランティアで支援することを意味します。“支援”とはいっても、活動資金を提供!のような直接的なものではなく、

・ライヴに友人を誘う
・物販(Tシャツ、グッズ)を購入する
・自分の住んでいる地域のラジオ局に曲をリクエストする
・ポスター、フライヤーを近くのレコード店に貼ってもらう
・自分のWebサイト、掲示板で紹介する

などなど、個人の力で可能なプロモーション活動を行なっていこう!というもの。

 どれだけメディアが発展しようとも、常に世のブームを左右しているのは“口コミ”情報。全国各地に散らばるファンからの愛ある口コミによって、バンド/アーティストの音楽が世に広まり、注目度も急上昇。いつのまにやらヒット・チャートを席巻する存在へと……。親から子供へと注がれる“無償の愛”の新たな形がここに誕生!とは言いすぎでしょうか。卒業式で子供よりも号泣する父親、結婚相手を認めない父親、結婚式で誰よりも号泣する父親、離婚騒動を逆に喜ぶ父親、元の鞘に戻った姿を寂しく見つめる父親……「遠くへいっちゃったなあ」なんてたまに感慨に耽りつつ、その幸せをそっと見守る父親の心情は、ファンの心情とクロスしているような、いないような。

 しかしながらこのストリート・チーム、そもそもは“NETWORK OF FRIENDS”を掲げるパンク・シーンから広まった言葉でもあるだけに、ヒットチャートうんぬんというよりも、「このバンド大好き!皆で盛り上げようぜ!」という特有のユニティ的な考えが発動し始まったもの、という受け取り方も。それまではファンが自発的に行なっていた草の根運動がバンド公認のものへ → どうせだから組織化しちゃう? → 情報を受信するだけのファンクラブとは意義が異なる → 外へ発信する=ストリート!と、そんな連想ゲームの末にストリート・チームなる名称へ落ち着いたのではないでしょうか。
※ 記事は掲載日時点での情報をもとに書かれています。掲載後に生じた動向、および判明した事柄等は反映しておりません。ご了承ください。
全メディア/タイプ 最新リサーチ
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 形に残すことの大事さ 輪入道×N0uTY[インタビュー] シンガー・ソングライターとしての側面にスポットをあてたTOKU『ORIGINAL SONGBOOK』
[インタビュー] “生命のありさま”みたいなもの――ORIGINAL LOVE『bless You!』[インタビュー] もっと正直になりたい――本気は、きっと伝わる 杏沙子『フェルマータ』
[インタビュー] 三遊亭円丈「恋のホワン・ホワン」など“カルトな名作”を手がけた中村俊夫がトリオ・レコードの軌跡を語る[インタビュー] 自分が魅せられた“ヒップホップ”を表現したかった “DEFなYが送る特別授業”YUKSTA-ILL『DEFY』
[インタビュー] 自分にとっては“禊”って感じ――LIBRO『SOUND SPIRIT』[インタビュー] 自分がどう思ったか、どう判断したか “らしさ”を模索するYoumentbay
[インタビュー] 稀代の名プロデューサー、トレヴァー・ホーンが80年代の名曲をフル・オーケストラとともにカヴァーしたニュー・アルバムを発表[インタビュー] みんな“トモダティ” エレクトロオルタナティブユニット“tomodati”登場
[インタビュー] “常に自分をアップデートさせたい”前向きな姿勢を反映したE.P第2弾、竹内アンナ『at TWO』[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015