リサーチ

映画「ドクター・ドリトル」の予告編で流れる曲は?

2020/02/05掲載
はてなブックマークに追加
映画「ドクター・ドリトル」の予告編で流れる曲について教えてください。
 ロバート・ダウニー・Jr.主演映画「ドクター・ドリトル」が、2020年3月20日(金)より全国でロードショー。封切に先駆け、予告編が公開されています。

 ヒュー・ロフティングの児童書「ドリトル先生」シリーズを実写化した本作は、名医だけれども変わり者のドリトル先生が、重い病に倒れた若き女王を助けるために、救える唯一の治療法を求めて、伝説の島へと旅立つ様が描かれています。ダウニー・Jr.のほか、アントニオ・バンデラスマイケル・シーンジム・ブロードベントエマ・トンプソンラミ・マレックトム・ホランドらがキャストに名を連ねています。

 予告編で使用されている楽曲は、カナダのカルガリー出身のインディ・フォーク・バンド、Reuben and the Darkがカヴァーしている「What A Wonderful World(邦題: この素晴らしき世界)」。オリジナルは1901年8月4日、米ニューオーリンズ・ジェーンアレイ生まれのアフリカ系アメリカ人ジャズ・ミュージシャン / トランペッター、ルイ・アームストロングです。

(写真は、2017年10月に発売されたルイ・アームストロングのベスト・アルバム『この素晴らしき世界〜ルイ・アームストロング・ベスト』)

※ 記事は掲載日時点での情報をもとに書かれています。掲載後に生じた動向、および判明した事柄等は反映しておりません。ご了承ください。
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ホセ・ジェイムズ レーベルの設立・結婚を経て発表する、代表作のパート2は新たな旅の始まり[インタビュー] アグネス・オベル 音楽は秘密の日記、デンマークのSSWがひとりで作り上げた新作
[インタビュー] The mellows “ヴェイパーウェイヴ”ではなく自分たちらしさを追求した新作[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(後編)
[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(前編)[インタビュー] maco marets 気鋭のラッパーが語る、ひとくぎりの3枚目『Circles』までの道のり
[インタビュー] チャクラ 強烈な個性で伝説的存在となっているバンドの未発表ライヴCDを、チリ人のマニアが制作[インタビュー] 女子のリアルを綴るSSW、コレサワ “すごく前向きな”失恋アルバム
[特集] Sound Schedule 鮮度の高い演奏を聞かせる3人組 2020年ライヴ最速レポ[インタビュー] 眉村ちあき 弾き語りトラックメイカーアイドル あらゆる面で成長した渾身の新作
[インタビュー] 湯浅湾 我々は“望まない” 10年ぶりの新作『脈』をバンマスが解説[インタビュー] SKY-HIからエルメート・パスコアールまで、多彩なゲストを迎えた全曲オリジナルの新作『イン・ザ・キー・オブ・ジョイ』を発表
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015