リサーチ

生茶CMを歌っているのは?

2003/06/13掲載
はてなブックマークに追加
「フレッシュ・フレッシュ・フレ〜ッシュ!」って歌っている人って誰ですか?
松嶋菜々子の「うばっちゃった♪」から一転、咲き乱れる藤の映像にエキゾチックな楽曲、生茶のCMは相変わらず話題です。やはり今回はなんといってもこの歌声ですね。曲は松田聖子の「夏の扉」ですが、このCM用のニューアレンジをカヴァーしているのはKOKIAです。KOKIAは99年に香港・台湾でブレイク、日本に先駆けてアジア各国での人気を確立し、その表情豊かな歌声には熱狂的なファンも多いとか。現在“愛と絆の泥沼”路線が復活して大人気の昼ドラマ「愛しき者へ」主題歌「かわらないこと〜since1976〜」が大ヒット中と言えばその声に思い当たる方もいるはず。でも、こちらのCMは今までのKOKIAとはまた違った印象で、新たなファン層を獲得することに一役買ったのではないでしょうか。そんな事をのんびり書いていたところ、CMは「藤篇」から「滝篇」に変わり、楽曲もまた少しアレンジが違うものになったようです。こちらでCMをご覧になれますのでぜひ聴き比べてみてください。今のところ、この曲がCD化されるという情報はないのですが、ぜひフルヴァージョンで聴きたいですね。
※ 記事は掲載日時点での情報をもとに書かれています。掲載後に生じた動向、および判明した事柄等は反映しておりません。ご了承ください。
全メディア/タイプ 最新リサーチ
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] まず“自分という人”がいて、そのなかに“音楽家、ギタリスト”の自分がいる――“いま”の村治佳織を投影させた『シネマ』[インタビュー] 俺らなりのヒップホップを提示するだけ―― BULL CAMP×MIKRIS
[インタビュー] 歌い継がれることで更新されていくポップ・ミュージック ザ・なつやすみバンド『映像』[インタビュー] kamui&なかむらみなみ TENG GANG STARRは“夢”に生きる
[インタビュー] 変わりゆく同じグルーヴ――BUDAMUNK『Movin’ Scent』[インタビュー] 音楽に滲む風景 mabanua『Blurred』
[インタビュー] “この一瞬をどう生きるか”――桑原あい『To The End Of This World』[インタビュー] 結果が全て――結成11年目を迎えた岸田教団&THE明星ロケッツの新作「シリウス」
[特集] 【Live Report】愛と熱狂のF6初単独ツアー![インタビュー] 生まれ変わる必要なく、いつでも少年の心に戻れる――KOJOE『2nd Childhood』
[インタビュー] “バトル・ブーム以降”を踏まえて、大きな場所でやることの意味 輪入道『暴道祭』[インタビュー] 一言で言うと、青春――DÉ DÉ MOUSEが“アガる”もの『be yourself』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015