リサーチ

“げっ、げっ、げげげのげぇ〜”という『ゲゲゲの鬼太郎』のOPテーマを新しく歌っているのは誰?

泉谷しげる   2007/04/05掲載
はてなブックマークに追加
先日テレビで『ゲゲゲの鬼太郎』を観ていたのですが、オープニング・テーマを歌っている人の声が、自分が子どもの頃に聴いていたものと違う気がしました。音も若干いまどきな感じに変わっていました。どなたが歌っているのかぜひ調べてください!
 4月よりフジテレビ系で放映開始となったアニメ版『ゲゲゲの鬼太郎』(日曜朝9時〜)。今回でシリーズも5回目となり、画質の向上、ねずみ男がパソコンを使う場面があるなど、現代風にリニューアルされて帰ってきました。それにともないリニューアルされたのが“げっ、げっ、げげげのげぇ〜”でおなじみのオープニング・テーマ。これまでオープニングを歌ってきたのは、第1〜2シリーズを熊倉一雄『「ゲゲゲの鬼太郎」60's+70'sミュージックファイル』などに収録)、第3シリーズを吉幾三『「ゲゲゲの鬼太郎」テーマ曲集〜燃えろ!鬼太郎』などに収録)、第4シリーズを憂歌団(写真:『「ゲゲゲの鬼太郎」オリジナル・サウンドトラック VOL.1』などに収録)と、渋い声で妖怪っぽく不気味に歌える方々が代々務めてきました。おそらく生まれた年代によって、耳なじみのあるオープニング・テーマの歌声は違うのではないでしょうか。

 今シリーズに起用されたのは、いまや俳優としても人気の高い泉谷しげる。ジャズ風にアレンジされた楽曲で、泉谷しげる独特の渋い歌声が響きわたっています(不気味さは押さえ気味のようですが……)。泉谷氏は先日行なわれた記者会見で「水木しげるの『妖怪辞典』も持っている」と公言するほどの意気込み。本オープニング・テーマはいまのところCD化などの予定はありませんが、代々のテーマ・ソングはCD化されていますし、泉谷しげるヴァージョンのお目見えもそう遠くはないかもしれませんね。

 そして鬼太郎関連で忘れてはならない話題が、ウエンツ瑛士が鬼太郎に扮することで話題となっている映画版『ゲゲゲの鬼太郎』(4月28日公開)。どことなく西洋風な鬼太郎はどんな活躍を見せてくれるか期待が高まりますね。この春はテレビ/映画とも鬼太郎ブーム到来の予感大!?

映画『ゲゲゲの鬼太郎』の公式サイトはコチラ
※ 記事は掲載日時点での情報をもとに書かれています。掲載後に生じた動向、および判明した事柄等は反映しておりません。ご了承ください。
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] TOKU、ジョヴァンニ・ミラバッシとの出会いから生まれたフランスでのデビュー・アルバム[インタビュー] 太田貴子、“クリィミーマミがいたから今の私がいる”徳間ジャパン時代の全音源を収める作品集を発表
[インタビュー] ジャンル、世代、国境を越えるOSAMU SATOの最新作[インタビュー] GADORO、SUNART MUSICにカムバックにしての4作目。ファーストのヒップホップ感とちょっと進化した自分
[インタビュー] 寺井尚子、“ジャズ・ヴァイオリンの女王”による多彩なナンバーで、新たな世界が花開く[インタビュー] 宮本笑里、初の自作オリジナル楽曲中心のミニ・アルバム『Life』を発表
[インタビュー] 石川さゆり “日本”を綴る三部作最終章[インタビュー] Blan( 成田忍と横川理彦からなるダークウェイヴ・ユニットが待望の1stアルバムを発表
[インタビュー] ロンドン、LA、NY、サンパウロ、世界各地で現地のミュージシャンと制作したニュー・アルバム[インタビュー] ホセ・ジェイムズ レーベルの設立・結婚を経て発表する、代表作のパート2は新たな旅の始まり
[インタビュー] アグネス・オベル 音楽は秘密の日記、デンマークのSSWがひとりで作り上げた新作[インタビュー] The mellows “ヴェイパーウェイヴ”ではなく自分たちらしさを追求した新作
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015