リサーチ

サッカーW杯を盛り上げる! 『サッカー ワールドカップ』放送のテーマ・ソングにはどんな曲が?

King Gnu   2022/12/01掲載
はてなブックマークに追加
サッカーW杯カタール大会が始まりましたが、『サッカー ワールドカップ』放送のテーマ曲にはどんな曲があるのか教えてください。
 11月20日に開幕した中東初開催のサッカー・ワールドカップ(W杯)カタール大会。連日熱戦が繰り広げられていますが、躍動する選手たちとともに、サッカー・ワールドカップのテーマ・ソングを耳にします。ということで、過去のサッカー・ワールドカップの放送におけるテーマ・ソングにはいったいどんな曲があったのか、調べてみました。

 その前に、今回の『2022FIFAワールドカップ カタール大会』の放送におけるテーマ・ソングを確認。ABEMA / テレビ朝日『ワールドカップ』番組公式テーマ・ソングは、LiSAの書き下ろし楽曲「一斉ノ喝采」。『ワールドカップ』を含む、NHKの2022年サッカー番組全般のテーマ・ソングはKing Gnuの「Stardom」(写真)。フジテレビ『ワールドカップ』番組公式テーマ・ソングは、幾田りらの書き下ろし楽曲「JUMP」となっています。なお、番組テーマ・ソングではありませんが、4人組バンド・DISH//の「DAWN (in 2022)」が、ワールドカップ2022本大会に向けたサッカー日本代表応援プロジェクト「SAMURAI BLUE 新しい景色を2022」の公式テーマ・ソングに起用されています。

 さて、前回『2018FIFAワールドカップ ロシア大会』の『ワールドカップ』放送のテーマ・ソングにはどんな曲があったのでしょうか。NHKはSuchmos「VOLT-AGE」で、日本テレビがNEWSBLUE」、TBSがEXILE「Awakening」、フジテレビがRADWIMPSカタルシスト」、テレビ朝日は『2010FIFAワールドカップ 南アフリカ大会』、『2014FIFAワールドカップ ブラジル大会』に続き3大会連続でサラ・ブライトマンの「A Question Of Honour」でした。

 次の『2014FIFAワールドカップ ブラジル大会』の『ワールドカップ』放送のテーマ・ソングですが、テレビ朝日以外では、NHKが椎名林檎NIPPON」で、日本テレビはここでもNEWSで「ONE −for the win−」、TBSが関ジャニ∞「RAGE」、フジテレビが歌劇アイーダ「凱旋行進曲」となっています。なお、誰もが一度は耳にしたことがあるであろう歌劇アイーダ「凱旋行進曲」は、『2010FIFAワールドカップ 南アフリカ大会』、『2002FIFAワールドカップ 日韓大会』でもフジテレビの番組テーマ・ソングに採用されています。

 続いては『2010FIFAワールドカップ 南アフリカ大会』の『ワールドカップ』放送のテーマ・ソング。テレビ朝日とフジテレビ以外になりますが、NHKはSuperflyの「タマシイレボリューション」で、日本テレビはflumpoolreboot 〜あきらめない詩〜」。TBSはTEARS FOR FEARS「SHOUT」となっています。

 次に、『2006FIFAワールドカップ ドイツ大会』の『ワールドカップ』放送のテーマ・ソングですが、NHKはORANGE RANGEの「チャンピオーネ」で、日本テレビがGAKU-MC / 桜井和寿Mr.Children)「手を出すな!」、TBSがTOKIOGet Your Dream」、フジテレビが矢井田瞳STARTLiNE」、テレビ朝日はSMAP「buzzer beater」です。

 20年前の『2002FIFAワールドカップ 日韓大会』の『ワールドカップ』放送のテーマ・ソングはどうでしょうか。フジテレビ以外では、NHKがポルノグラフィティMugen」、日本テレビがDragon AshFANTASISTA」、TBSが大黒摩季アイデンティティ」、テレビ朝日がB'zの「熱き鼓動の果て」となっています。

 またそれ以外の大会では、『1994FIFAワールドカップ アメリカ大会』にて、バブルガム・ブラザーズの「GET GOOD GET GOD」がNHK『ワールドカップ』放送のイメージ・ソングに起用されており、FIFA公式テーマ・ソングのダリル・ホールサウンズ・オブ・ブラックネスの「グローリーランド」とともに頻繁に番組内で流れていました。

 いかがだったでしょうか。こうやって振り返ってみると、日本代表が決勝トーナメントに進出した『2010FIFAワールドカップ 南アフリカ大会』でのSuperfly「タマシイレボリューション」など、あの時の興奮とともに、今もまだ覚えている曲もあるのではないでしょうか。時にサッカーの感動を彩り、サッカー・ワールドカップを盛り上げる側面を持つ、『ワールドカップ』放送のテーマ・ソング。各局の『ワールドカップ』放送で流れるテーマ・ソングのリズムに乗り、さらなる余韻に浸ることで、よりサッカー・ワールドカップを楽しむことができるかと思います。







※ 記事は掲載日時点での情報をもとに書かれています。掲載後に生じた動向、および判明した事柄等は反映しておりません。ご了承ください。
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 5年間の集大成、これが進化を遂げたTANAKA ALICEスタイル[インタビュー] 俳優としても知られる松下優也 アーティスト・プロジェクト“YOUYA”連続リリース
[インタビュー] パーティ・パンク・バンド“PET”約18年ぶりの新作フル・アルバム[インタビュー] 鞘師里保、ダンス・ミュージックをさらに深く追求した 3rd EP
[特集] ザ・ビートルズ、中期の傑作アルバム『リボルバー』がスペシャル・エディションで登場![インタビュー] ケイコ・リー、豪華コラボレーションも収録する4枚目のベスト・アルバム『Voices IV』
[インタビュー] 上西千波、ジャズと短編小説でリスナーに寄り添う新作アルバム『恋愛小説II』を発表[インタビュー] 日向坂46・佐々木美玲がお悩み相談コメディドラマに挑戦
[特集] 藤田真央、世界が注目するピアニストが『モーツァルト:ピアノ・ソナタ全集』でワールドワイド・デビュー![インタビュー] 望月琉叶、グラビアができる演歌歌手が念願のボカロPとのコラボレーションをスタート
[インタビュー] マーク・ジュリアナ、エレクトロニクスの要素を取り込み新たな方向性を示す新生ジャズ・カルテットの新作[インタビュー] 花*花、パルシステムとのコラボレーションで大ヒット曲「あ〜よかった」を再録音
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015