リサーチ

ディープ・パープル「Burn」のカヴァー!? 「タマホーム」のCM曲を歌っているのは?

リッチー・コッツェン(Richie Kotzen)   2009/09/04掲載
はてなブックマークに追加
木村拓哉さんが出演している、タマホームのCM曲が気になります。ディープ・パープルの「Burn」に載せて、「タマホーム」と歌っているのは誰ですか?
 木村拓哉さんがカラフルな部屋のなかでメールをチェックしたり、ウサギの着ぐるみでギターを弾いたりする、タマホームのCM。破天荒な言動&シチュエーションでロックを感じさせる映像にピッタリなCM曲は、ディープ・パープルの「Burn(紫の炎)」で、歌っているのは、米ペンシルヴァニア州の生まれのギタリスト/シンガー・ソングライター、リッチー・コッツェン(Richie Kotzen)です。現在のところ、こちらの音源化の予定はありません。オリジナル楽曲は、ディープ・パープルのアルバム『紫の炎』に収録されています。

 リッチー・コッツェンは89年にデビュー、19歳にして若手屈指のテクニカル派ギタリストとして注目を集めます。2枚のソロ作をリリースした後、92年にポイズンに加入、93年の『ネイティヴ・タン』リリース後に脱退。ソロ活動と並行して99年、フュージョン界の凄腕ベーシスト、スタンリー・クラークレニー・ホワイトが結成したハード・フュージョン・ユニットVertuに参加。同年MR.BIGに加入しバンド解散までギタリスト/ソングライターとして活躍。その後も精力的にソロ活動を行なっており、9月9日には約2年ぶりのオリジナル・アルバム『ピース・サイン』(写真)をリリースします。日本盤のみ、ジャクソン5のカヴァー曲も収録するとのこと。ギタリストとして、ヴォーカリストとして、そしてソングライターとしても圧倒的な才能を持ったリッチー。甘いマスクで女性にも人気とのことですが、このCM曲が気になったアナタは、まずこのニュー・アルバムをチェックしてみてはいかがでしょうか?
※ 記事は掲載日時点での情報をもとに書かれています。掲載後に生じた動向、および判明した事柄等は反映しておりません。ご了承ください。
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 50/50[インタビュー] 杏沙子
[インタビュー] 柴田聡子、新しい試みとニューEP[インタビュー] PIZZICATO ONE、5年ぶりのニュー・アルバムはワンマンライヴの実況録音盤
[インタビュー] 緊急超会議!アップアップガールズ(仮)×アップアップガールズ(2)×アップアップガールズ(プロレス)[インタビュー] シバノソウ、独創的なサウンドに少女のリアルをこめた1stアルバム
[インタビュー] 久保田麻琴、最新マスタリングで復刻される、70年代の名盤3枚を語る[インタビュー] 加藤和樹、デビュー15年目のエモーショナルなミニ・アルバム
[インタビュー] カミーユ・トマ、“暗闇から光に向かう旅”という物語の曲が集まった新作で、チェロが奏でる希望の声[インタビュー] plane、普遍的な魅力を持った7年ぶりのニュー・アルバム
[インタビュー] TOKU、ジョヴァンニ・ミラバッシとの出会いから生まれたフランスでのデビュー・アルバム[インタビュー] 太田貴子、“クリィミーマミがいたから今の私がいる”徳間ジャパン時代の全音源を収める作品集を発表
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015