2008年04月30日(水)
  
ブルースの帝王、マディ・ウォーターズ死去
ブルースの帝王、マディ・ウォーターズ死去
ブルースの巨匠、マディ・ウォーターズが米国イリノイ州の自宅で死去した。享年68。この人が存在しなければ、ブルースはおろかロックの歴史もまったく違うものになっていただろう。豊潤でディープな声、粘り気のあるギター・プレイ、そして何より残した名曲の数々……。ブルースを聴くきっかけにもなるし、マニアが語りつくせないほどの奥深さもある。ローリング・ストーンズ、エリック・クラプトン、エアロスミスなどなど、彼の遺伝子は形を変えて根付いているのだ。
−2006年03月29日作成−
カントリー界の大御所、ウィリー・ネルソンが誕生
ウィリー・ネルソン / 1933年)
カントリー界の大御所、ウィリー・ネルソンが誕生
カントリー・ミュージック・シーンで厚い支持を得るウィリー・ネルソンが、米国テキサス州に生まれる。両親の離婚により、幼少期は姉とともに祖父母の下で育ったという。彼が音楽をプレイするようになったのは、その祖父母が音楽の通信教育を受けさせてくれたのがきっかけだとか。ギターを覚え、ラジオ局のDJやソングライターを経た後にデビュー。保守的なカントリー・ミュージック界において、“アウトロー・カントリー”と称されて異彩を放つ存在だ。
−2007年03月30日作成−
「軍艦マーチ」、初演
軍艦マーチ / 1900年)
パチンコ屋のテーマ曲として知らない人はいないであろう「軍艦マーチ」が、神戸港沖の観艦式で初演される。正式名称は「軍艦行進曲」。元々は4分の3拍子の唱歌だった「軍艦」の詞に、東儀季芳作曲「海ゆかば」の旋律が加えられ現在の形になったと言われている。その主旋律は岩手県盛岡第一高等学校の校歌としても知られており、パチンコ屋で初めて使用されたのは、51年頃の有楽町パチンコ・メトロというのが定説だ。初演時には、まさかパチンコ屋で流されるとは思わなかったに違いない……。
−2001年03月26日作成−
レニクラ、ガラリとイメージを変えたアルバム『5』を発売
レニクラ、ガラリとイメージを変えたアルバム『5』を発売
レニー・クラヴィッツが、『5』を発売。1995年9月に『Circus』を日本先行でリリースしてから約3年、5枚目のアルバムである『5』はそれまでのアナログな様相をガラリと一変。かたくなに拒んできたデジタル・サウンドや、自らが黒人であることを素直に認めたようなファンキーなビートを大きく取り入れ、賛否両論を巻き起こした。しかし、アメリカやイギリスではこの変化が素直に受け入れられ、同アルバム内のシングル「Fly Away」が英米大ヒットとなった。
−2002年03月27日作成−
長渕剛「傷まみれの青春」発表
長渕剛 / 1996年)
長渕剛「傷まみれの青春」発表
孤高のフォークシンガー長渕剛、「傷まみれの青春」を発表。'77年「雨の嵐山」でデビュー。熱狂的なファンを持つことでも知られる彼は、一見すると我が儘ととられがちだが、音楽に対する情熱は凄い。地方のコンサートでは、駅から会場までの間、ロン毛や短髪など、さまざまな時代の長渕の格好で歌っているファンをたくさん見られるとか。
−2003年03月25日作成−
声優、渡辺美佐の誕生日
渡辺美佐 / 1964年)
声優、渡辺美佐の誕生日
1964年、声優、渡辺美佐が東京都に生まれる。『ONE PIECE』ネフェルタリ・ビビ(ミス・ウェンズディ)ほか数々のアニメ作品、ゲームに出演の名バイプレイヤー。洋画/TVシリーズ吹き替えでは『24 -TWENTY FOUR-』ニーナ・マイヤーズ、『セックス・アンド・ザ・シティ』ミランダ・ホッブス、『デスパレートな妻たち』ブリー・ホッジなど、重要な役どころを好演。また、情報番組、バラエティなどのナレーターとしても活躍。
−2009年04月20日作成−
ニックネームは“キキ”、キルスティン・ダンスト誕生
ニックネームは“キキ”、キルスティン・ダンスト誕生
俳優のキルスティン・ダンストが米国ニュージャージー州にて誕生。1994年公開の『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』では、弱冠12歳ながら耽美な魅力を披露。『ヴァージン・スーサイズ』、『スパイダーマン』シリーズでその人気を不動のものとする。『魔女の宅急便』や『パラッパラッパー』など、英語版アニメで吹き替え役を演じていたことも。ソフィア・コッポラと再びタッグを組んだ『マリー・アントワネット』では、世界の乙女心をくすぐった。
−2007年03月30日作成−
ビートルズ365:ロンドン、EMI第3スタジオにてレコーディング。
ザ・ビートルズ / 1969年)
ビートルズ365:ロンドン、EMI第3スタジオにてレコーディング。
クリス・トーマスがプロデューサーを手がけたこの日は、まず、1月31日に録音した「レット・イット・ビー」のベスト・テイクにリード・ギターをオーヴァーダビング(シングルで使われたギター・ソロはこの日に録音されたもの)。午後7時15分から午前2時まで続いたセッションの残りの時間には、67年にレコーディングされ、未完成のままだった「ユー・ノウ・マイ・ネーム」に再び取り組んだ。マル・エヴァンスによるシャベルで砂利をすくう音、ジョンとポールだけでボーカルや手拍子、咳などをオーヴァーダビングした。この曲はプラスティック・オノ・バンドのシングルとして12月5日に発売する予定であったが、直前に発売中止が決定。70年3月発売のシングル「レット・イット・ビー」のB面に収録された。
−2006年04月28日作成−
   ※ 掲載記事は作成後に生じた動向、および判明した事柄等は反映していない場合があります。
  


[インタビュー] 屈強でしなやかな東京のヒップホップ――KANDYTOWNのビートメイカー、MIKIがファースト・ソロ・アルバム『137』を発表[インタビュー] より肉体的なものへ――神奈川・逗子を拠点とするHalf Mile Beach Clubが初の単独作を発表
[インタビュー] “続編”ではなく“新作”を作ろう きゃりーぱみゅぱみゅ「きみのみかた」[インタビュー] “俺の不幸で踊ってくれ!”――沖縄出身のラッパー、唾奇が最新作『道-TAO-』をリリース
[特集] [LIVE Report] まっすぐな気持ちを届けてくれる藤田麻衣子の歌[インタビュー] 自分というジャンルをちゃんと作りたい “シンガー・ソングライター”Nao Kawamura初のフル・アルバム『Kvarda』
[インタビュー] 「アワ・マン・イン・トーキョー〜バラッド・オブ・シン・ミヤタ」、宮田 信の仕事とは?[特集] ヘルベルト・フォン・カラヤン生誕110年記念! 数々の名盤が“理想の音”に迫る高音質で登場
[インタビュー] いい歌をたくさん歌って、レコーディングして残したい――フォルテ・ディ・クアトロのセカンド・アルバム『アヴェ・マリア〜CLASSICA』[インタビュー] 決め手は興奮が蘇ってくるかどうか――THOUSAND EYESが放つ“最高傑作”『DAY OF SALVATION』
[インタビュー] “ヤバさ”はこれだ――BES&ISSUGIの自信が浮かび上がる『VIRIDIAN SHOOT』[インタビュー] 小曽根 真 既存の概念を打ち壊すのではなく、共存するイメージで―― ニューヨーク・フィルハーモニックと共演した『ビヨンド・ボーダーズ』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015