2017年07月18日(火)
  
R.ストーンズのサポートでお馴染み、イアン・スチュアートが誕生
ザ・ローリング・ストーンズのサポート・ピアニストとして知られる、イアン・スチュアートがスコットランドに生まれる。もともとストーンズのオリジナル・メンバーとしてピアノを弾いていたにもかかわらず、かのアンドリュー・ルーグ・オールダムに“ルックスが良くない”として解雇された経験を持つ。が、その後もローディとしてバンドに関わり、レコーディングやライヴで長年に渡りサポートを続けた。彼の人間性が窺い知れるようだ。85年、47歳で死去。
−2006年06月28日作成−
英国の名鍵盤奏者、ブライアン・オーガーが誕生
英国の名鍵盤奏者、ブライアン・オーガーが誕生
英国ロック/ジャズ・シーンでその名を轟かせる鍵盤奏者、ブライアン・オーガーがロンドンに生まれる。ジミー・スミスから多大な影響を受けた彼は、60年代前半から活躍。ロッド・スチュワートやジュリー・ドリスコールらとのスティームパケットをはじめ、自身のトリニティやオブリヴィオン・エクスプレスなどにおいて、素晴らしいハモンドB3の音色とグルーヴ溢れる演奏を披露した。その音は、モッズからプログレ、アシッド・ジャズまで、幅広い層に支持されている。
−2007年06月28日作成−
新世紀アイドルの先駆け、広末涼子が誕生
広末涼子 / 1980年)
新世紀アイドルの先駆け、広末涼子が誕生
広末涼子が母の実家、横浜で生まれる。体重2,000gの未熟児で、1歳前から入院をしていたが、回復後は驚くほどで無事、健康体に。94年のオーディション合格後は、CMやドラマ、映画を中心にめざましい活躍をみせる。CDデビューは97年、竹内まりやの提供した「MajiでKoiする5秒前」。2004年1月にデザイナーの岡沢高宏と電撃結婚し、4月にはめでたく出産。3,130gの男児は宏志と名付けられた。
−2001年06月26日作成−
光と影を併せ持つ、V・Uの歌姫ニコ、死去
ニコ / 1988年)
光と影を併せ持つ、V・Uの歌姫ニコ、死去
ヴェルヴェット・アンダーグラウンドのシンガーとして知られるニコが、イビサ島で急死。自転車事故の後、心臓発作に襲われてのことだった。10代にして既にモデルとして成功していたニコ。アンディ・ウォーホルに見いだされ、ヴェルベット・アンダーグラウンドにシンガーとして参加。ウォーホルがデザインしたバナナの絵が有名な1st『ヴェルヴェット・アンダーグラウンド&ニコ』で衝撃的なデビューを果たした。アラン・ドロンの子を宿し、ジム・モリソンなどども浮き名を流したミューズの生涯は、映画『ニコ・イコン』にもなっている。
−2002年06月24日作成−
下着は水玉、スクリーミン・ジェイ・ホーキンズ誕生
下着は水玉、スクリーミン・ジェイ・ホーキンズ誕生
独特のショーで有名な「ブルースの魔術師」スクリーミン・ジェイ・ホーキンズ。1956年には名曲「アイ・プット・ア・スペル・オン・ユー」でブルース界の大スターに。この曲は、ジム・ジャームッシュ監督の映画『ストレンジャー・ザン・パラダイス』で使われた。彼のライヴには逸話が多く、水玉模様の下着姿で客席へダイブしたり、棺桶から登場したことも。'00年2月に死去したが、今なお愛されており「俺には57人の子供がいる」という言葉を継いでか、ファンにより子供探しのホームページが開かれている。
−2003年06月25日作成−
『マジンガーZ対デビルマン』が劇場公開される
永井豪 / 1973年)
『マジンガーZ対デビルマン』が劇場公開される
永井豪原作の二大ヒーローが映画館の大スクリーンで共演を果たしたクロスオーバー作品。1973年夏の「東映まんがまつり」で公開された。当時放映中であった「マジンガーZ」の世界に「デビルマン」(TVシリーズは放映終了)がゲスト出演する形をとっており、タイトルにあるような“対決”を描いた作品ではないものの、夢のヒーローの共演ということで多くの話題を呼んだ。また随所にテレビ用作品とは異なるワイド・スクリーンを意識した構図を用いている点も特徴的。
−2008年07月11日作成−
話題の映画『大日本人』にも出演、板尾創路の誕生
板尾創路 / 1963年)
話題の映画『大日本人』にも出演、板尾創路の誕生
板尾創路が大阪府富田林市に生まれる。86年に蔵野孝洋とお笑いコンビ130Rを結成。芸人として活躍する一方、その風貌を生かし俳優としても活躍、『ナイン・ソウルズ』『空中庭園』などで見せた演技力は各界から絶賛された。ちなみに人気番組『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』ではたびたび「板尾の嫁」なる国籍不詳の謎の外国人が出てくるが、もちろん本当の妻ではない。
−2007年06月20日作成−
ビートルズ365:アビイ・ロード・スタジオがファンに開放される。
ザ・ビートルズ / 1983年)
ビートルズ365:アビイ・ロード・スタジオがファンに開放される。
アビイ・ロード・スタジオの第2スタジオの改修工事の間、スタジオがファンに開放された。スタジオ内ではアウトテイクや別ミックスによるサウンドトラックが使われたビートルズのレコーディング・キャリアをまとめたヴィジュアル・ヒストリーの上映が行なわれ、未発表曲、ビートルズが使用した器材などが公開された。また、足を運んだファンにはお茶とビスケットがふるまわれたりした。この日から9月11日まで一般客にスタジオは開放された。
−2006年06月26日作成−
   ※ 掲載記事は作成後に生じた動向、および判明した事柄等は反映していない場合があります。
  


[インタビュー] 上原ひろみが驚異のハープ奏者エドマール・カスタネーダとのデュオ・プロジェクトを始動[インタビュー] “いいっすよ”から17年――サイプレス上野とロベルト吉野、ミニ・アルバム『大海賊』でメジャー・デビュー
[インタビュー] “今この時”を、考える――中村雅俊が「どこへ時が流れても / まだ僕にできることがあるだろう」に込めた同世代へのメッセージ[インタビュー] “何があっても”楽しく生きるんだという覚悟 真心ブラザーズ『FLOW ON THE CLOUD』
[インタビュー] サクソフォン四重奏を知らないかたにも素晴らしさを伝えたい――The Rev Saxophone Quartetが追求する伝統とオリジナリティ[インタビュー] ヒグチアイが目指す歌は、おしゃれじゃないけど“大切にしてきたもの”
[インタビュー] 若いリスナーにも良い音楽を届けたい――MASATOとMinnesotahが語る『KANDYTOWN LIFE presents “Land of 1000 Classics”』[インタビュー] Less Than TV25周年 大石規湖監督が記録した“ある家族”の日常、ドキュメンタリー映画「MOTHER FUCKER」
[インタビュー] ISEKIが追求する“自分らしさ”とは J-POPカヴァー集第2弾『AOR FLAVA -sweet blue-』[インタビュー] アイドルやめた――“渋谷系ガールズロックユニット”に転身したCANDY GO!GO!のリアル
[インタビュー] KANDYTOWNの新たな方向性も感じさせるソロ・アルバム、MUD『Make U Dirty』[インタビュー] 音楽にとどまらない、発想としての面白さ――ジェフ・パーカーがゆっくり語る『The New Breed』
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015