2017年09月14日(木)
  
フリーのギタリスト、ポール・コゾフが誕生
ポール・コゾフ / 1950年)
フリーのギタリスト、ポール・コゾフが誕生
フリーのギタリストとして知られるポール・コゾフが、英国ロンドンに生まれる。子どもの頃はクラシック・ギターを手にしたそうだが、すぐに飽きてしまったらしい。そんな彼がもう一度ギターを手にしたのは、ブルース・ブレイカーズに在籍していたエリック・クラプトンのプレイを目の当たりにしてから。折りしも当時の英国はブルース・ロックのムーヴメントが盛り上がっており、彼もローカル・バンドで演奏をはじめた。その後の活躍は説明不要だろう。76年、25歳で死去。
−2006年08月28日作成−
爆風スランプでお馴染み、パッパラー河合が誕生
パッパラー河合 / 1960年)
爆風スランプでお馴染み、パッパラー河合が誕生
爆風スランプのギタリストとして知られるパッパラー河合が、千葉県柏市に生まれる。本名は河合靖夫。千葉県内でも有数の進学校である県立東葛飾高校に入学(ちなみに大学は獨協大学)、そこで出会ったサンプラザ中野とともに、卒業後にバンド活動を開始した。中野とともに爆風の中心を担い、覆面プロジェクトの“女王様”、はたまたJリーグの柏レイソルのサポーターとしてメディアに登場するなど、その活動とフットワークは実に軽やかだ。
−2007年08月28日作成−
サザン初の2枚組『KAMAKURA』リリース
サザン初の2枚組『KAMAKURA』リリース
サザンオールスターズが、打ち込み音源を大胆に導入し、3月のレコーディング・スタートより1,800時間も費やして完成させた初の2枚組アルバム『KAMAKURA』がリリース。収録曲は「Melody」「鎌倉物語」「悲しみはメリーゴーランド」など全20曲。ちなみにこのアルバムのタイトルは、桑田が鎌倉に仕事で1日行ったときに、ものすごくインスピレーションが湧いて感激してしまったからだとか。明石家さんまが口パクで出演するCFも話題を呼んだ。
−2000年08月28日作成−
ロックを体現する男、YAZAWA誕生
矢沢永吉 / 1949年)
ロックを体現する男、YAZAWA誕生
誇り高きロケン・ローラー矢沢永吉、広島県に生まれる。ビートルズを聴き音楽に目覚め、'72年に「キャロル」で衝撃デビュー。キャロル解散後'75年でソロ活動に入るが、バンド時代とは違うバラードを披露する矢沢の姿にファンは愕然。「あいつはオカマになった」とまで罵倒される。が、その後自分の信じる道を走り続ける矢沢にファンはより増大、日本におけるキング・オブ・ロックの座を不動のものとした。99年には50歳を記念する5万人のバースデーコンサートを開催。矢沢はステージの上で男泣きしたという。
−2001年08月24日作成−
福井なまりの娘。高橋愛、誕生
2001年8月に第5期メンバーとしてモーニング娘。に加入した高橋愛、福井県に生まれる。選ばれた理由は“歌のうまさと、なまっているところ”。こてこての福井なまりと、物怖じせず突然合唱曲を披露するといった、小動物系の可愛らしい姿からは想像できないマイペース・キャラがバラエティ番組でもよく取り上げられ、注目度急上昇。YOU THE ROCKにも「あのホッピーデホップ(合唱曲)にはやられたね」といわせるほどのツワモノぶりを発揮している。
−2002年08月26日作成−
TVアニメ『銀河鉄道999』の放送が開始される
(1978年)
TVアニメ『銀河鉄道999』の放送が開始される
松本零士の同名漫画を原作にしたTVアニメの放映がスタート、78年9月14日から81年4月2日まで全113話と総集編が放映された。アニメーション製作は東映動画。主人公である鉄郎が機械の体を手に入れるため、謎の美女メーテルとともに長距離列車「銀河鉄道999」に乗り込みアンドロメダを目指す物語。TVシリーズ放映後には劇場版も封切られ、社会現象とも言える一大ムーブメントを巻き起こした。なお、その劇場版の製作はTVシリーズ放映開始前からすでに決まっていた。
−2008年09月10日作成−
グレイス・ケリーの命日
グレイス・ケリー / 1982年)
グレイス・ケリーの命日
映画『ダイヤルMを廻せ!』や『裏窓』で名を馳せ、ヒッチコックもお気に入りだったトップ女優のグレイス・ケリーが、交通事故で急逝。モナコ公妃になった彼女は押し花のアーティストとしても才能を開花させ、作品をチャリティ・オークションに出品するなど慈善活動に力を注いでいた。また新人アーティストを積極的に支援するなど、芸術に対する深い理解を示した。
−2007年08月28日作成−
ビートルズ365:ジョージ、インドへ向かう。
ザ・ビートルズ / 1966年)
ビートルズ365:ジョージ、インドへ向かう。
ジョージはパティを連れてインドへと向かい、10月22日までインドに滞在。内緒で出発したジョージとパティは、ボンベイのタジ・マハール・ホテルに偽名でチェック・インするが、すぐに正体がばれてしまった。そのため、19日に記者会見を開き、翌20日にはBBCのインタビューに応えた。その後、ボンベイを離れたジョージとパティは、ラヴィ・シャンカールにシタールのレッスンを受けたり、ヒマラヤではハウスボートに宿泊したり、ベナレスでは宗教的な祭りを体験したりと東洋的な思想に目覚める。また、ジョージはインドに出発前にラヴィ・シャンカールからすすめられたこともあって、口ひげを伸ばし始めている。
−2006年08月28日作成−
   ※ 掲載記事は作成後に生じた動向、および判明した事柄等は反映していない場合があります。
  


[インタビュー] 角銅真実&西田修大が語る石若 駿『Songbook2』[特集] [LIVE Report] 愛され続けるシンガー・ソングライター藤田麻衣子のオール『緋色の欠片』曲によるスペシャル・ライヴ!
[インタビュー] 秋本帆華が語るチームしゃちほこの“これまで”と“これから”[インタビュー] 原点回帰を経て再確認した“本気”の在り所 加藤和樹『SPICY BOX』
[インタビュー] “世界の先端で戦うということ” BIGYUKI『リーチング・フォー・ケイローン』[インタビュー] 音楽の“過去と未来”とを想像力でつないでみせる歌 高田 漣『ナイトライダーズ・ブルース』
[インタビュー] 永遠に愛される曲を目指して――サラ・オレインが真価を発揮した『Cinema Music』[インタビュー] ノリとヴァイブスだけで作った音楽を“ヒップホップ”としてパッケージ化する GRADIS NICE & YOUNG MAS(Febb)
[インタビュー] 密接な関係性ありきの音楽 MIKUMARI×OWL BEATS『FINEMALT NO.7』[インタビュー] (想像以上に)挙動不審!? 廣瀬真理子が総勢22人の“ドリアンな奴ら”を率いてアルバムをリリース
[インタビュー] 「知らない土地で出会う風景や人から音楽が生まれる」 ――ピアニスト、ジェイコブ・コーラーが描くシネマティックな世界[インタビュー] 上原ひろみが驚異のハープ奏者エドマール・カスタネーダとのデュオ・プロジェクトを始動
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015