2018年01月06日(土)
  
“不動”のリズム・ギタリスト、AC/DCのM・ヤングが誕生
AC/DC / 1953年)
“不動”のリズム・ギタリスト、AC/DCのM・ヤングが誕生
AC/DCのマルコム・ヤングがスコットランドのグラスゴーに生まれる。彼が10歳の時、家族とともにオーストラリアへ移住し、かの地で弟のアンガスらとAC/DCを結成した。リード・ギタリストであるアンガスが、特徴的なファッションで所狭しとステージ上を動き回るのに対し、彼は黙々とリズム・ギターをプレイ。バック・ヴォーカルを付ける時のみ2〜3歩前に出てマイクに向かう、という“不動”の存在だ。その対比がバンドのアクセントになっている。
−2006年12月26日作成−
CHAGE & ASKAのCHAGEが誕生
CHAGE / 1958年)
CHAGE & ASKAのCHAGEが誕生
CHAGE & ASKAのCHAGEが福岡県に生まれる。芸名の由来は諸説あるが、どうやら高校時代に罰として強制的に丸刈りにされた際、“HAGE”というあだ名になったことに由来するのは間違いないようだ。チャゲアスではASKAがメイン・ソングライターとなっているものの、CHAGEの高音によるヴォーカルがなくてはならない存在なのは、誰もが認めるところだろう。石川優子とのデュエットやMULTI MAXでの活動などで、多才ぶりを発揮している。
−2007年12月18日作成−
FLIP FLAPのYukoとAikoが誕生
FLIP FLAP / 1980年)
FLIP FLAPのYukoとAikoが誕生
FLIP FLAPのYuko&Aiko、千葉県船橋市に誕生。そのあまりのウリふたつ具合で、コアなファンも戸惑うほどという双子ユニット、フリフラ。元電気グルーヴのCMJK作詞・作曲の「たんぽぽ」で98年デビューした彼女たちは、外見こそ同じだが中身は、「好きな俳優は?」と聞かれて姉Yukoはディカプリオ、妹Aikoはジャッキー・チェンと答えたという正反対ぶり。見分け方のポイントは、鼻の左にホクロのある方が妹・Aiko。
−2000年12月22日作成−
“狂ったダイヤモンド”シド・バレット、誕生
シド・バレット / 1946年)
“狂ったダイヤモンド”シド・バレット、誕生
元ピンク・フロイドのギタリスト、シド・バレットがケンブリッジに生まれる。浮遊感のあるメロディ・センスや空虚なヴォーカルでデビュー当時、バンドの中核をなす。が、人気が出るとともに、神経質だったシドは、ドラッグの深みにはまり奇行を頻発。バンドを脱退する。死亡説から入院説まで、脱退後のシドの噂は千差万別であったが、ソロ・アルバムを数枚発表した以外、その行動は知られていない。ただ、フロイドのメンバーが『炎』の録音をしていると頭のハゲた巨漢がひょっこりスタジオに現れ、メンバーにこう言ったという噂もある。「ところで、ぼくのパートはどうしよう?」。
−2001年12月25日作成−
ウクレレと眼鏡がトレードマーク、つじあやのが誕生
つじあやの / 1978年)
ウクレレと眼鏡がトレードマーク、つじあやのが誕生
トレードマークはウクレレとインテリ眼鏡。フォークシンガーのつじあやのが京都府に生まれる。高校生のときにフォークソング部に入ったが、手が小さく弾きたかったギターを諦めたというつじ。校舎裏や鴨川でウクレレを弾き語りながら、'98年にインディーズデビューをする。翌年、ミニアルバム『君への気持ち』でメジャーデビューし、3枚のアルバムを出したところでスタジオジブリ製作アニメ『猫の恩返し』の主題歌に大抜擢される。今後も活躍が予想される癒し系アーティストだ。
−2002年12月25日作成−
TVアニメ『アルプスの少女ハイジ』放送開始
宮崎駿 / 1974年)
TVアニメ『アルプスの少女ハイジ』放送開始
心に残る名作アニメとして今もなお親しまれているTVアニメ『アルプスの少女ハイジ』の放送が開始される(1974年1月6日?同年12月26日/全52話)。原作はヨハンナ・シュピリの同名小説。宮崎駿や高畑勲らが製作に参加しており、スイスを舞台に大自然で明るく暮らす少女の友情と成長を描いている。ふかふかの干草のベット、とろーりチーズパン……数々の名シーンが目に浮かぶ方も多いのでは?
−2009年01月01日作成−
“Mr.ビーン”ことローワン・アトキンソンが生まれる
日本でも人気の『Mr.ビーン』で知られる、コメディアン/俳優のローワン・アトキンソンが英国北東部で生まれる。とぼけた表情のMr.ビーン役からは想像もつかないが、じつはオックスフォード大学で電機工学を学んだインテリ。そのキレる頭をフル回転してシュールな笑いを生み出すわけだから、面白くないわけがない。関根勤らがファンと公言する『Mr.ビーン』は劇場版も制作されるなど、彼の名と顔を世界的に広めた。
−2008年01月07日作成−
ビートルズ365:アルバム『マジカル・ミステリー・ツアー』、ビルボードで1位獲得。
ザ・ビートルズ / 1968年)
ビートルズ365:アルバム『マジカル・ミステリー・ツアー』、ビルボードで1位獲得。
67年11月27日に発売されたアルバム『マジカル・ミステリー・ツアー』が、登場から3週目でビルボード・チャート1位を獲得。8週連続1位を記録した。このアルバムは米国独自に編集されたアルバムであり、英国盤2枚組EPをA面に、B面には67年にアメリカで発売されたシングルを集めたものであった。現在ではオリジナル・アルバム同等の扱いを受けており、87年の英国オリジナル・アルバムCD化の際に唯一CD化された米国編集盤であった。
−2006年03月08日作成−
   ※ 掲載記事は作成後に生じた動向、および判明した事柄等は反映していない場合があります。
  


[インタビュー] スペシャルインタビュー 坂本慎太郎[インタビュー] 飼い慣らされない女たち――キノコホテル創業10周年 マリアンヌ東雲が2017年を振り返る
[インタビュー] 静的でありながら“不穏の予感”それでいて“快楽そのもの” ギリシャラブ・天川悠雅が目指す、理想の音楽[インタビュー] 西恵利香、2018年へ “いつでもそこで歌ってる人でありたい”
[インタビュー] サクソフォン奏者として、新たにバッハの音楽に息を吹き込む――上野耕平が挑むJ.S.バッハの無伴奏作品集[インタビュー] ビッグバンドは一生もの!――守屋純子がジャズ100周年を祝う「The 100th Anniversary of Jazz: Legends of Yesterday and Today」
[インタビュー] 新しい風が吹いている――吉田ヨウヘイgroupが『ar』で目指したバンド・サウンド[インタビュー] 好きなことや大事にしていることを信じて人生を謳歌しよう ベッド・イン『TOKYO』
[インタビュー] 優しく奏でる篠笛で、安らぎにあふれた時間を――佐藤和哉が妹尾武と紡ぐ初のカヴァー・アルバム[インタビュー] 常に上だけ見ていたい ゆるふわギャング“NENE”初のソロ・アルバムを発表
[インタビュー] 歌声で本当の気持ちを伝えられれば一番いい 桐嶋ノドカ「言葉にしたくてできない言葉を」[インタビュー] 月と対峙してきた人々の想いや営みを、ヴァイオリンの響きで――川井郁子、7年ぶりのオリジナル・アルバム『LUNA』
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015