2018年02月08日(木)
  
「悲しき街角」のデル・シャノンが自殺
デル・シャノン / 1990年)
「悲しき街角」のデル・シャノンが自殺
「Runaway(邦題:悲しき街角)」の大ヒットで知られるロックンローラー、デル・シャノンが自殺。享年55。22口径のライフルで頭を撃ちぬいたという。本国の米国よりも英国での人気が高かった彼は、ビートルズとも親交があった。88年に死去したロイ・オービソンの代わりに、ジョージ・ハリスンやジェフ・リンらの覆面バンドであるトラベリング・ウィルベリーズへの参加も決定的とされていたが、その話が出た直後の悲劇だった。
−2007年01月29日作成−
『ゴジラ』のテーマの作者、伊福部昭が死去
伊福部昭 / 2006年)
『ゴジラ』のテーマの作者、伊福部昭が死去
作曲家の伊福部昭が多臓器不全により死去。91歳だった。晩年は病との闘いで、体調を崩し始めたのは2003年頃。06年に腸閉塞によって入院を余儀なくされてからの訃報だった。戦前から音楽活動を開始、数え切れないほどの楽曲を残し、映画や舞台音楽など、その手腕を多方面で発揮する。あまりにも有名な映画『ゴジラ』のテーマ曲は、日本人ならば知らない者はいないであろう。後進の育成にも熱心な教育者でもあった。
−2008年01月28日作成−
映画音楽家のジョン・ウィリアムズが誕生
映画音楽家のジョン・ウィリアムズが誕生
『ジョーズ』や『スター・ウォーズ』シリーズ、そして『ハリー・ポッター 賢者の石』などの超有名映画音楽でおなじみの作曲家ジョン・ウィリアムズ、米ニューヨークに生まれる。名門ジュリアード音楽院を卒業した後、コンサート・ピアニストをあきらめ、20世紀フォックスの専属オーケストラに入団。安っぽいTV音楽を作ってばかりいた頃、サントラ・ファンとしても有名だったスピルバーグに抜擢され、『続・激突カージャック』を担当。以後、スピルバーグの紹介でジョージ・ルーカス作品にも起用されるようになり、大成功を収めた。
−2002年01月28日作成−
昔はスリムな金髪・美形、ヴィンス・二ール誕生
昔はスリムな金髪・美形、ヴィンス・二ール誕生
'80年代LAメタルを代表するモトリー・クルーのVo.ヴィンス・二ール誕生。'02年の夏にも、プロデューサーへの暴行容疑で逮捕状が出されたヴィンスだが、若かりし'84年にも飲酒運転が原因で、同乗していたハノイ・ロックスのドラマーを死亡させてしまった事故は有名。'91年にバンドから解雇されたものの、'93年には名盤と名高い1stソロ『エクスポーズド』でファンを唸らせ、'97年には再び同バンドに復帰を果たした。
−2003年01月27日作成−
ドズル・ザビほか、低音の響く声質が特徴!声優の郷里大輔が生まれる
郷里大輔 / 1952年)
ドズル・ザビほか、低音の響く声質が特徴!声優の郷里大輔が生まれる
1952年2月8日、凄みのある演技と濃密な低音でアニメ・ファンから人気の高い、声優・郷里大輔が東京都に生まれる。代表作は『機動戦士ガンダム』のドズル・ザビ、『キン肉マン』のロビンマスク、『ドラゴンボールZ』の牛魔王およびミスター・サタン、『機動警察パトレイバー』の山崎ひろみ、『魁!!男塾』の江田島平八など。低音の響く声質が特徴。シリアスからギャグまで幅広い分野のアニメに出演、またニュースほか各種TV番組等のナレーションもこなす。
−2009年01月31日作成−
“北京原人”本田博太郎が生まれる
本田博太郎 / 1951年)
“北京原人”本田博太郎が生まれる
かの名作『ジャズ大名』にも出演、オダギリジョーとの共演を果たしたライフカードCMでは“腹に一物ある”上司役でお馴染みの本田博太郎が生まれる。振り幅の広い演技力のためか、『北京原人 Who are you?』など、視聴者の脳裏に焼きついて離れない強烈なキャラクターを生み出すこともしばしば。グループ魂が2005年に発表したシングル「本田博太郎〜magical mystery UPAAAAAAAAA!!!!!〜」では、ジャケット(イラスト)はもちろん、PVにも登場し、話題をさらった。
−2008年01月31日作成−
ビートルズ365:ブライアン・エプスタイン、ジョージ・マーティンとの面会をとりつける。
ザ・ビートルズ / 1962年)
ビートルズ365:ブライアン・エプスタイン、ジョージ・マーティンとの面会をとりつける。
ブライアン・エプスタインはデッカでのオーディション・テープをレコード化するために、オックスフォード・ストリートにあるEMI系列のHMVレコードを訪れた。そこでEMIの音楽出版部門の責任者シド・コールマンを紹介される。コールマンはエプスタインにジョージ・マーティンを勧め、その場で電話。直接マーティン本人からエプスタインとの面会をとりつけることに成功した。
−2006年03月08日作成−
   ※ 掲載記事は作成後に生じた動向、および判明した事柄等は反映していない場合があります。
  


[インタビュー] とにかく一緒に制作するのが楽しい――“馴染んだ”PUSHIM×韻シスト『TO THE NEXT』[インタビュー] 一緒に挑戦していきたい――すべてを出すことができるアンサンブル“MIZUTANI×TAIRIKU”
[インタビュー] “雑食主義”のフィメール・ラッパー、HITが放つファースト・アルバム『THE HIT』![インタビュー] 一音一音の美しさを目指して――本田珠也がICTUS Trioを始動
[インタビュー] ジャズ・シンガーとして新たな一歩を踏み出したMoon『Kiss Me』[インタビュー] ソムリエのように、ピアノ音楽の楽しさを伝える――大井 健が初の映像作品『Piano Love The Movie』を発表
[インタビュー] 自分たちも知らない、さらなる可能性を求めて――DaizyStripper「4GET ME NOT」[インタビュー] スペシャルインタビュー 坂本慎太郎
[インタビュー] 飼い慣らされない女たち――キノコホテル創業10周年 マリアンヌ東雲が2017年を振り返る[インタビュー] 静的でありながら“不穏の予感”それでいて“快楽そのもの” ギリシャラブ・天川悠雅が目指す、理想の音楽
[インタビュー] 西恵利香、2018年へ “いつでもそこで歌ってる人でありたい”[インタビュー] サクソフォン奏者として、新たにバッハの音楽に息を吹き込む――上野耕平が挑むJ.S.バッハの無伴奏作品集
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015