2018年02月11日(日)
  
デスティニーズ・チャイルドのケリーが誕生
ケリー・ローランド / 1981年)
デスティニーズ・チャイルドのケリーが誕生
デスティニーズ・チャイルドの一員として知られるケリー・ローランドが、米国アトランタに生まれる。幼い頃にヒューストンへと移住した彼女は、ともにデスチャで活躍することになるビヨンセと、姉妹同然にして育った。デスチャに加わったのは11歳の時で、数年後には世界を席捲する存在にまでなる。グループ内での人気、“政治的”な立場でビヨンセに一歩譲るのは事実だが、ソロとしても成功している通り、その実力は誰もが認めるところだ。
−2007年01月29日作成−
リンキン・パークのマイク・シノダが誕生
リンキン・パーク / 1977年)
リンキン・パークのマイク・シノダが誕生
リンキン・パークのラッパー、マイク・シノダが米国カリフォルニアに生まれる。本名はマイケル・ケンジ・シノダ。その名前からもわかる通り、日系人である。中学生の頃にピアノを習いはじめ、クラシックやジャズの演奏法を学んだとのこと。その後、ギターやラップにも手を伸ばすなど、音楽的センスに恵まれていたようだ。なんでも、彼のルーツになったのはアンスラックスとパブリック・エネミーの共演だとか。リンキンの音楽性からも納得である。
−2008年01月28日作成−
正統派ロックの継承者、シェリル・クロウが誕生
シェリル・クロウ / 1962年)
正統派ロックの継承者、シェリル・クロウが誕生
シェリル・クロウ、アメリカのミズーリ州に生まれる。ジャズ演奏者を両親に持ち、5歳からピアノを始め、13歳で最初の曲を作る。大学で音楽を学び、バーでの歌手生活を経て、93年の『チューズデイ・ナイト・ミュージック・クラブ』でグラミー賞3部門を受賞(96年の2ndも2部門受賞)。シンプルなメロディと力強いヴォーカルで、“歌で物語を語る”ことのできる数少ない人である。後に発売されたライヴ盤のジャケットでは、キース・リチャーズ&ロン・ウッドに両脇から肩を持たれて立つ、キワどい衣装の彼女を見ることもできる。
−2001年01月25日作成−
アレンジ能力は天下一品。セルジオ・メンデスが誕生
セルジオ・メンデス / 1941年)
アレンジ能力は天下一品。セルジオ・メンデスが誕生
「マシュ・ケ・ナダ」の世界的大ヒットで有名なブラジル人ミュージシャン、セルジオ・メンデス、リオデジャネイロ近郊に生まれる。幼いころからピアノをはじめ、'65年アメリカで本格的に活動を開始。'66年ポップテイストあふれるボサノバにアレンジした「マシュ・ケ・ナダ」が大ヒットする。彼の才能は、作曲能力というより、そのアレンジ能力。ビートルズの「デイ・トリッパー」などをボサノバアレンジでヒットさせ、また、プロデューサーとしてもサラ・ヴォーンの『ブラジリアン・ロマンス』などで手腕を発揮している。
−2002年01月28日作成−
'90年代後半のR&Bシーンを支えたブランディ、誕生
ブランディ / 1979年)
弱冠15歳でデビューを果たしたR&Bの歌姫ブランディ、ミシシッピ州に生まれる。歌手デビュー以前に、すでにシチュエーション・コメディ番組にも出演。すでにお茶の間での知名度はばっちりで、'94年1st「アイ・ワナ・ビー・ダウン」は全米R&Bチャートで1位を記録した。その後も歌手・女優として活躍し、'97年にはTVミュージカル『シンデレラ』で、憧れの人ホイットニー・ヒューストンと共演も果たす。ちなみに、元SPEEDのヒトエちゃんはブランディの大ファン。
−2003年01月27日作成−
『DEATH NOTE』『ヒカルの碁』 漫画家・小畑健誕生
小畑健 / 1969年)
『DEATH NOTE』『ヒカルの碁』 漫画家・小畑健誕生
1969年2月11日、人気漫画家の小畑健が新潟県に生まれる。86年に『CYBORGじいちゃんG』(土方茂 名義)で連載デビュー。以降、“小畑健”へと改名してからは漫画原作者と組んで活躍しており、少年少女の間に囲碁ブームを巻き起こした『ヒカルの碁』や、複雑なストーリーと細密な画風が人気を呼び、社会現象ともなった『DEATH NOTE』の作画を担当している。両作品ともアニメ化された。なお、2003年には『ヒカルの碁』で第7回手塚治虫文化賞の新生賞を受賞している。
−2009年01月31日作成−
裸の勲章を持つ男!レスリー・ニールセンの誕生日!
1926年、俳優のレスリー・ニールセンがカナダのサスカチュワン州で生まれる。1988年に出演した『裸の銃を持つ男』の大ヒットで“下ネタの多いふざけたおじさん”のイメージが定着するが、下らないジョークで魅せられるのは確かな演技力あってのこと。下ネタで多くの人を笑わせた功績を称えられ(?)カナダ勲章を受勲している。
−2008年02月10日作成−
ビートルズ365:デビュー・アルバム『プリーズ・プリーズ・ミー』を1日で録音。
ザ・ビートルズ / 1963年)
ビートルズ365:デビュー・アルバム『プリーズ・プリーズ・ミー』を1日で録音。
午前10時、「ゼアズ・ア・プレイス」から始まったファースト・アルバムのレコーディングは、午後10時半過ぎの「ツイスト・アンド・シャウト」で終了。シングルで発表されていた4曲を除く10曲がこの日一日で録音された。4人は昼食をとらずにリハーサルを続け、プロデューサーのジョージ・マーティンを驚かせた。当日、ジョンはひどい風邪をひいていて、声の調子が悪く、レコーディング終盤の5曲では声が枯れている。また、この日はセカンド・アルバムに収録された「ホールド・ミー・タイト」も録音されたのだが、お蔵入りしている。
−2006年03月08日作成−
   ※ 掲載記事は作成後に生じた動向、および判明した事柄等は反映していない場合があります。
  


[インタビュー] とにかく一緒に制作するのが楽しい――“馴染んだ”PUSHIM×韻シスト『TO THE NEXT』[インタビュー] 一緒に挑戦していきたい――すべてを出すことができるアンサンブル“MIZUTANI×TAIRIKU”
[インタビュー] “雑食主義”のフィメール・ラッパー、HITが放つファースト・アルバム『THE HIT』![インタビュー] 一音一音の美しさを目指して――本田珠也がICTUS Trioを始動
[インタビュー] ジャズ・シンガーとして新たな一歩を踏み出したMoon『Kiss Me』[インタビュー] ソムリエのように、ピアノ音楽の楽しさを伝える――大井 健が初の映像作品『Piano Love The Movie』を発表
[インタビュー] 自分たちも知らない、さらなる可能性を求めて――DaizyStripper「4GET ME NOT」[インタビュー] スペシャルインタビュー 坂本慎太郎
[インタビュー] 飼い慣らされない女たち――キノコホテル創業10周年 マリアンヌ東雲が2017年を振り返る[インタビュー] 静的でありながら“不穏の予感”それでいて“快楽そのもの” ギリシャラブ・天川悠雅が目指す、理想の音楽
[インタビュー] 西恵利香、2018年へ “いつでもそこで歌ってる人でありたい”[インタビュー] サクソフォン奏者として、新たにバッハの音楽に息を吹き込む――上野耕平が挑むJ.S.バッハの無伴奏作品集
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015