2018年03月08日(木)
  
ゲイリー・ニューマン、誕生
ゲイリー・ニューマン、誕生
シンセ・ポップ、テクノ・ポップのシーンに多大な影響を与えたゲイリー・ニューマンが、英国ロンドンに生まれる。本名ゲイリー・アンソニー・ジェイムス・ウェッブ。シャイな少年だった彼は、音楽だけが自分の殻を打ち破る手段だったという。伝説的なチューブウェイ・アーミーをはじめ、アナログ・シンセの時代に後のテクノ・ポップに通じる音を作ってしまった天才にして、「車の中にいれば安心だ」(「Cars」)と唄う、どこか閉塞感を持ち合わせた男なのである。
−2006年03月02日作成−
実はギタリストです、高木ブーが誕生
高木ブー / 1939年)
実はギタリストです、高木ブーが誕生
ザ・ドリフターズのメンバーとしてお馴染みの高木ブーが、東京都に生まれる。本名は高木友之助。お笑いグループとしてのドリフにおいては飛びぬけて目立つことはなかったものの、いかりや長介によればミュージシャンとしての素質はメンバーの中でも随一だったとか。ビートルズの前座を務めたドリフのリード・ギタリストであるだけに、その話も納得。90年代以降、ウクレレ奏者として見事な腕前を披露しているのも、そのセンスがあればこそだろう。
−2007年02月26日作成−
ハロウィンのドラマー、インゴが死去
ハロウィン / 1995年)
ハロウィンのドラマー、インゴが死去
ジャーマン・メタルの代表的存在、ハロウィンのドラマーとして活躍したインゴ・シュヴィヒテンバーグが死去した。地下鉄に飛び込んでの自殺だった。バンドのオリジナル・メンバーであり、そのドラミングは後のメロディック・パワー・メタル勢にも多大な影響を与えたプレイヤーだが、94年に脱退。アルコールとドラッグの問題に起因する離脱だった。統合失調症を患っていたという説もあり、脱退から間もなくの悲劇にファンは言葉を失った。
−2008年02月27日作成−
楽曲センスは昔からバツグンの桜井和寿、誕生
桜井和寿 / 1970年)
楽曲センスは昔からバツグンの桜井和寿、誕生
Mr.Childrenの桜井和寿生まれる。高校の軽音楽部で現メンバーの田原健一、中川敬輔と出会い、バンドを結成。後に鈴木英哉が加入。当時から桜井のメロディアスな楽曲センスは注目を浴びていたが、演奏が下手であったため、桜井にソロの話がくることも度々だったとか。しかし、桜井が「絶対にこのメンバーでやろう」と宣言し、現在に至る。そんな結束の現れか、ミスチルには野球チーム、ジミケン(ジミな田原が監督をしているから)や、サッカーチーム、ジュピケン(ジュピロ磐田の選手もいた)なども存在するらしい。
−2001年02月21日作成−
理由は「最高傑作ができたから」!? ジュディマリ解散
JUDY AND MARY / 2001年)
理由は「最高傑作ができたから」!? ジュディマリ解散
JUDY AND MARYが東京ドームで解散コンサートを行なう。今までのツアーの中で一番曲数が多かったというこのライヴ。5万人以上の人が集まり、手をつないだ4人がマイクを使わずに挨拶するラストには、多くのファンが涙した。「最高傑作(=同年2月に発売された『WARP』)ができたから解散することにしました」というのが公の解散理由。しかし、実際は、作曲を担当するリーダー、恩田快人(b)とTAKUYA(g)との音楽性の違い、YUKI(vo)の結婚、などいろいろあったと言われている。
−2002年02月25日作成−
イーグルスのランディ・マイズナーが誕生。
イーグルスのランディ・マイズナーが誕生。
イーグルスのベース、ランディ・マイズナー誕生。'72年、イーグルスの一員としてレコード・デビュー、'77年には「ホテル・カリフォルニア」をリリース。しかし、これを最後にマイズナーはグループを脱退し、ソロ活動を始める。イーグルスのメンバーの中でも一歩引いたところがあり、ヘンリーらと比べても控えめで、音楽活動がいやになって故郷にひきこもったというエピソードも。さながら、ビートルズのジョージ・ハリスンのようなものか。しかし、そんな彼の誠実で心優しい音楽を愛したイーグルスファンも少なくない。
−2003年02月27日作成−
“アニメ・ソング界の女王”堀江美都子が生まれる。
堀江美都子 / 1957年)
“アニメ・ソング界の女王”堀江美都子が生まれる。
1957年3月8日、堀江美都子が神奈川県に生まれる。69年に『紅三四郎』の主題歌で歌手デビュー。以来、数々のヒット・アニメのテーマ曲を歌い上げてきた、自他共に認める“アニメ・ソング界の女王”。当時シングルが100万枚を超える大ヒットとなった『キャンディキャンディ』をはじめ、『ひみつのアッコちゃん』『花の子ルンルン』『超電磁マシン ボルテスV』など、歌唱したのは、いずれも聴き覚えのある有名曲ばかり。なお、声優としても活躍しており、『魔法少女ララベル』のララベル、『愛少女ポリアンナ物語』のポリアンナ、『Dr.スランプ アラレちゃん』のオボッチャマンなどを演じている。
−2009年03月03日作成−
『風の谷のあの人と結婚する方法』、須藤元気が生まれる
須藤元気 / 1978年)
『風の谷のあの人と結婚する方法』、須藤元気が生まれる
元・総合格闘家、須藤元気が生まれる。格闘家時代より多彩な活動を行っていた彼、俳優としては『凶気の桜』『フライ,ダディ,フライ』『鳶がクルリと』に出演、2006年には第2弾となるエッセイ集『風の谷のあの人と結婚する方法』を発表し、話題を呼ぶ。かねてよりの友人であるACIDMANを迎えて制作されたデビューCD「Love&Everything」では歌声も披露している(カップリングはボブ・ディラン「Mr.Tambourine Man」の日本語詞カヴァー)。
−2008年03月05日作成−
ビートルズ365:ラジオ初出演となったBBCラジオ『ティーンエイジャーズ・ターン/ヒア・ウィ・ゴー』放送。
ザ・ビートルズ / 1962年)
ビートルズ365:ラジオ初出演となったBBCラジオ『ティーンエイジャーズ・ターン/ヒア・ウィ・ゴー』放送。
2月12日のBBCラジオのオーディションに合格したビートルズは、3月7日にマンチェスターのプレイハウス・シアターでラジオ初出演となるBBCラジオの番組「ティーンエイジャーズ・ターン/ヒア・ウィ・ゴー」の収録に参加。観客を前に初めてスーツを着用しての演奏となった。演奏された楽曲は「Dream Baby (How Long Must I Dream?)」、「Memphis, Tennessee」、「Please Mister Postman」の3曲。番組は収録翌日の3月8日午後5時から放送された。
−2006年03月08日作成−
   ※ 掲載記事は作成後に生じた動向、および判明した事柄等は反映していない場合があります。
  


[インタビュー] 「でもしょうがないんだよね」と言ってほしい。言ってあげたい――ヒグチアイの“らしさ”が詰まった『日々凛々』[インタビュー] ある意味ニセモノ──半田健人が構築した“メタ・フォーク”アルバム『生活』
[インタビュー] 人を思って、願う気持ちが愛情――YU-A、3年振りの新作『OFF』[インタビュー] やらせたらスゴい──不良のメンタリティとストイックな姿勢を併せ持つラッパー・デュオ、GAZZA CROOKS
[インタビュー] 音楽を作り、演奏する――“覇道を往く”陰陽座の決意表明[インタビュー] GFRIEND 巷で噂のK-POPグループ、日本本格上陸
[インタビュー] シャープだけど薄くない、ただただカッコイイことだけをやりたいグループ――Cracks Brothers[インタビュー] 歌声で彩りを――“ヴォーカル”グループとして新たな道を切り拓くCOLOR CREATION
[インタビュー] パーティは終わった――2018年、STRUGGLE FOR PRIDEが贈る憎しみの音楽[インタビュー] もう変わる必要はないし、これをずっとやっていけばいい “時代を逆走する”小林太郎の決意と信念
[インタビュー] 原動力は愛、すべてのものへの愛――般若『話半分』[インタビュー] 限りあるこの日々を追い続けよう――伝説のアイドル、セイントフォー再始動
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015