2018年04月23日(月)
  
「プリティ・ウーマン」のロイ・オービソン誕生
ロイ・オービソン / 1936年)
「プリティ・ウーマン」のロイ・オービソン誕生
サングラスがトレード・マークのロックンローラー、ロイ・オービソンが米国テキサス州に生まれる。日本では映画『プリティ・ウーマン』の主題歌となった「オー・プリティ・ウーマン」(“オー”が付くのですよ!)で一般のファンにも認知されたが、50年代から活躍したベテランである。オペラ的……とまではいかないが、独特の歌い上げを聴かせるヴォーカル・スタイルは、一度耳にしたら忘れられない。88年、心臓麻痺で死去している。
−2006年03月29日作成−
森山直太朗が誕生
森山直太朗 / 1976年)
森山直太朗が誕生
シンガー・ソングライターの森山直太朗が東京都に生まれる。母親が森山良子というのは誰もが知る話だが、子どもの頃は人前で歌のが非常に嫌だったそうだ。そんな彼が音楽の道に進むことを決意したのは、20歳くらいの頃と非常に遅い。インディーズでの活動を経た後、2002年にミニ・アルバム『乾いた唄は魚の餌にちょうどいい』でメジャー・デビュー。翌03年に「さくら(独唱)」が大ヒットを記録し、その後の活躍はご存知の通りだ。
−2007年03月30日作成−
TUBEの前田亘輝、誕生
前田亘輝 / 1965年)
TUBEの前田亘輝、誕生
常夏ポップの大御所、TUBEのシンガー、前田亘輝が神奈川県に生まれる。幼い頃に父親をガンで亡くし、母子家庭で育った前田は、レオン・ラッセルやイーグルスを聴いて音楽に目覚める。最初は周囲も止めるほどの音痴だったが、テープに録音した自分の声を何度も聴いて現在のハスキー・ヴォイスを会得したという。97年に人気絶頂だったタレント、飯島直子と結婚。飯島の“ミニスカ挙式”や大豪邸建築で大いに話題を振りまいたが、2001年3月に離婚が成立してしまった。
−2001年03月26日作成−
炎の演歌歌手、冠二郎誕生
冠二郎 / 1949年)
炎の演歌歌手、冠二郎誕生
熱いパフォーマンスでカルトな人気を誇る演歌歌手の冠二郎、埼玉県秩父市に生まれる。1967年「命ひとつ」でデビュー。しかし、アニキ(ファンはこう呼ぶ)の異才が世の注目を浴びたのは、演歌界に旋風を巻き起こした92年のアクション演歌「炎」から。きらびやかな衣装に身を包み、派手なアクションとともに、♪アイライク演歌〜と歌う姿は、各界で話題となった。その後、コモエスタ八重樫プロデュースによるROCKと演歌の融合『冠Revolution』をリリース。また98年にはアニキの曲がBGMとなったゲーム『トラック狂走曲』なども発売された。
−2002年03月27日作成−
デフ・レパードのスティーヴ・クラーク、誕生
イギリスの人気バンド、デフ・レパードのギタリスト、スティーヴ・クラーク誕生。25万ドルの制作費を投入した'83年のアルバム『炎のターゲット』で大ヒットを飛ばし、一気に世界中に名が知れわたった彼らの、楽曲のほとんどを手がけたのがクラーク。メンバーの中でもその才能は特別な存在であった。しかし、アルバム『アドレナライズ』レコーディング中の'91年、ドラッグが原因で突如死亡。2ヶ月後に発表された同アルバムは、全米初登場1位となった。
−2003年03月25日作成−
世界に誇るコンポーザー、川井憲次が生まれる
川井憲次 / 1957年)
1957年、作曲家の川井憲次が東京都に生まれる。アニメはもちろん、実写映画、テレビ番組、ゲームまで、幅広く手がける日本屈指のサウンドトラック・コンポーザー。1987年の『紅い眼鏡』以降、押井 守作品のほとんどで音楽を担当、同氏の作品には欠かせない存在に。2008年、第41回シッチェス・カタロニア国際映画祭にて、押井 守監督作品『スカイ・クロラ』で最優秀映画音楽賞を受賞。既に得ていた世界での高い評価を確固たるものとした。
−2009年04月20日作成−
サイドネームは“破壊”、阿部サダヲ誕生
阿部サダヲ / 1970年)
サイドネームは“破壊”、阿部サダヲ誕生
阿部サダヲが千葉県松戸市に生まれる。主宰者・松尾スズキをはじめ、各メディアを牽引する実力者が揃う劇団“大人計画”メンバー。ベビーフェイスから繰り出される変幻自在のキャラクターは、新たな作品が公開されるたびに観客へ新鮮な驚きを与えている。劇団仲間と結成したバンド“グループ魂”では破壊(ヴォーカル)としても活躍中。2005年には紅白歌合戦に出場するなど、その本気ぶりに二度驚き。
−2007年03月30日作成−
ビートルズ365:ジョンとヨーコ、誘拐嫌疑で身柄を拘束される。
ザ・ビートルズ / 1971年)
ビートルズ365:ジョンとヨーコ、誘拐嫌疑で身柄を拘束される。
ジョンとヨーコは、ヨーコの前夫トニー・コックスに連れ去られた娘キョーコの行方を探すため、私立探偵を雇う。そして、スペインのマジョルカ島の児童キャンプにいたキョーコを見つけ出すことに成功。自分たちのホテルへと2人は連れて行くが、スペイン警察からキョーコを誘拐した容疑で身柄を拘束される。8月に2人はキョーコの養育権を獲得するものの、12月に行なわれた裁判によって養育者はトニー・コックスであると裁定。ヨーコは面会権を認められたが、トニーは妻とキョーコを連れて行方をくらましてしまった。
−2006年04月01日作成−
   ※ 掲載記事は作成後に生じた動向、および判明した事柄等は反映していない場合があります。
  


[インタビュー] パーティは終わった――2018年、STRUGGLE FOR PRIDEが贈る憎しみの音楽[インタビュー] 歌声で彩りを――“ヴォーカル”グループとして新たな道を切り拓くCOLOR CREATION
[インタビュー] もう変わる必要はないし、これをずっとやっていけばいい “時代を逆走する”小林太郎の決意と信念[インタビュー] 原動力は愛、すべてのものへの愛――般若『話半分』
[インタビュー] 限りあるこの日々を追い続けよう――伝説のアイドル、セイントフォー再始動[インタビュー] “生き様が音楽に現れる。だからこそどう生きるかが重要”――デビュー30周年を迎えた寺井尚子
[インタビュー] “シンガー・ソングライターとして”前に進むための一歩、山森大輔『銀のピストル』[インタビュー] 踊Foot Worksみたいなヤツ、いなくない? 自由奔放な音楽の魅力が詰まった『odd foot works』
[インタビュー] 屈強でしなやかな東京のヒップホップ――KANDYTOWNのビートメイカー、MIKIがファースト・ソロ・アルバム『137』を発表[インタビュー] より肉体的なものへ――神奈川・逗子を拠点とするHalf Mile Beach Clubが初の単独作を発表
[インタビュー] “続編”ではなく“新作”を作ろう きゃりーぱみゅぱみゅ「きみのみかた」[インタビュー] “俺の不幸で踊ってくれ!”――沖縄出身のラッパー、唾奇が最新作『道-TAO-』をリリース
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015