[特選ヘッドフォンガイド]完全ワイヤレスを実現したBluetoothイヤフォン――EARIN

2016/05/26掲載
はてなブックマークに追加
EARIN
EARIN
オープン価格 29,800円前後

■形式: カナル型 / Bluetooth ■ドライバ: バランスドアーマチュア ■再生周波数: 20Hz〜20kHz ■感度: 105dB ■インピーダンス: 25Ω ■サポートコーデックス: AAC / apt-X / SBC ■重量: ミニ ■重量: 3.5g ■付属品: 充電・収納用カプセル / USBケーブル / コンプライ社製フォームチップ(S / M) / シリコン製イヤーチップ(M) / スタビライザーロック
※お問い合わせ: モダニティ www.modernity.jp/
完全ワイヤレスを実現した
Bluetoothイヤフォン
 EARINは、左右ユニット間のケーブルを排した、完全にワイヤレスなカナル型Bluetoothイヤフォン。スウェーデンのEpickal AB社がKickstarterで開発資金を募り、972,594£(約1億5,700万円)を集めたことでも話題になった。
 再生装置と接続する左ユニットから、右ユニットへと無線で信号を分配する仕組みで、左右双方にレシーバーとバッテリーを内蔵している。にも関わらずハウジングは長さ20mm、直径14.5mm、片側のユニットの重さは3.5gしかない。ちょうどハイブリッド型のカナル型イヤフォンからケーブルだけを無くしたようなサイズ感だ。
キャリングケースを兼ねた充電用アルミカプセル。
写真のようにEARINをセットしてUSBバスパワー
経由での充電のほか、カプセル自体にもバッテリ
ーが内蔵されていて、外出時でもEARINを3回ほ
ど充電することが可能。
 充電は付属のアルミカプセルに収納し、USBバスパワーを利用して行なうが、このカプセルにも600mAhのリチウムイオンバッテリーを内蔵しており、フル充電にしておけばEARIN本体を3回充電できる。EARIN本体のバッテリー持続時間は3時間ほどだが、この仕組みで1日使って困ることはほどんどない。なお、カプセル、EARIN本体とも、フル充電までは約75分。
 このカプセルに本体を収納すれば、自動的に再生装置と切断、取り出すと再接続する仕組み。コーデックは標準的なSBCのほか、AACとapt-Xに対応。イヤーチップはコンプライ社製で、遮音性とともに装着安定性も高いが、さらに安定させるためフィン型のスタビライザーも付属する。
 ドライバーはシングルのバランスドアーマチュア型で、特にピークやディップも認められず、フラットで聴きやすい音に仕上がっている。Bluetoothということでハイの伸びや、解像性能に多くを期待はできないが、このタイプのドライバーを載せたイヤフォンとしては、豊富な低域の量感は魅力だ。無償提供されているAndroid / iOS向けの専用アプリには低域のブースト機能もあるが、その必要は感じない。
 難点は、やはり小さく紛失してしまいそうなことと、小型化優先で、他のBluetoothイヤフォンのようなヘッドセット機能を持たないこと。そして左右ユニットを無線接続しているために、電波状況によっては右チャンネルの瞬断や、信号のごくわずかな遅延からフェイジングを起こしてしまう点だ。
 ただケーブルの煩わしさから開放される完全なワイヤレスイヤフォンには、そうした難点を補って余りある魅力がある。モバイルオーディオの未来を示すものとして、非常に大きな意味を持った製品と言える。
試聴・文 / 四本淑三
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] アイドルやめた――“渋谷系ガールズロックユニット”に転身したCANDY GO!GO!のリアル[インタビュー] KANDYTOWNの新たな方向性も感じさせるソロ・アルバム、MUD『Make U Dirty』
[インタビュー] 音楽にとどまらない、発想としての面白さ――ジェフ・パーカーがゆっくり語る『The New Breed』[インタビュー] 良い意味で遠回りをしてきた――20周年を前に、韻シストが開けた次への扉
[インタビュー] 過去を否定せず、未来を大切にする 渡瀬マキが語る“Fresh”なLINDBERG[インタビュー] トロピカルハウスを取り入れても、最後は自分たちの曲になる ココロオークションの自信と革新性
[インタビュー] ファースト・キスは1回しかないのがいい メンバーの“リアル”を大声で歌うロック・バンド、The MANJI[インタビュー] “熱さ”が戻ってきた――ユニットとしての自覚が芽生えた“今のChu-Z”
[インタビュー] 便利で何でも手に入る時代だからこそ必要なこと――須永辰緒が導くジャズ最前線[インタビュー] ふっと飛び込んでくるワンフレーズ “現場の音楽”HIT『Be!!』
[インタビュー] 深くて豊かな音楽を目指した“名盤” 石橋 凌『may Burn!』[インタビュー] 私は変わり続ける。それは“出会い”を意味しているから――コリーヌ・ベイリー・レイ
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015