いい歌をたくさん歌って、レコーディングして残したい――フォルテ・ディ・クアトロのセカンド・アルバム『アヴェ・マリア〜CLASSICA』

フォルテ・ディ・クアトロ   2018/03/28掲載
はてなブックマークに追加
 韓国初のクロスオーヴァー・シンガー・グループとして、JTBC局のTVオーディション番組『ファントム・シンガー』の優勝者たちで結成された精鋭4人組。デビュー・アルバムは“韓国インターパーク 2017ベスト・アルバム総合ランキング”でEXO、BTSなどに続き第4位、クラシック部門で第1位を獲得。コンサート・ツアーでも3万人以上を動員し、とくにソウル公演では4,000席を発売後15分でソールド・アウトにする人気ぶりを見せつけた。2017年11月には日本デビューを果たして、プロモーションのために初来日。一日限定のショーケース・ライヴには熱心な女性ファンやメディア関係者などが多数詰め掛け、大きな話題を集めた。そんな彼らから、早くも2ndアルバム『アヴェ・マリア〜CLASSICA』が届けられた。
――オリジナル曲が印象的だった前作に対して、今回はおもにクラシックの名曲をオーケストラの演奏で(韓国語の歌詞を付けて)歌い上げていますね。とくに平昌五輪のフィギュアスケート男子で金メダルに輝いた羽生結弦選手が2月25日のエキシビションで使用した、サン=サーンスの「白鳥」をカヴァーした〈ノッテ・ステラータ(星降る夜)〉は、先行配信したiTunesのクラシック・ソング・チャートで第1位に輝くなど、すでに大反響を呼んでいます。
TJソン「羽生選手が使用したのはイタリアのテナー3人組、イル・ヴォーロが歌っているものでしたが、F.D.Q.(フォルテ・ディ・クアトロ)ヴァージョンにも注目が集まって嬉しかった(笑)。じつは『ファントム・シンガー』の決勝で歌った曲であり、僕らにとっても非常に思い入れが深い曲なんです。イル・ヴォーロの歌唱からは、いいヒントをたくさんもらいましたよ」
――収録曲はどれも美しい旋律の楽曲ばかりですね。現在もソウル大学の修士課程で学ばれているリリック・テノール、キム・ヒョンスさんのお気に入り曲は?
キム・ヒョンス「レコーディングの時からアルバムのタイトル曲でもある、カッチーニ作曲の〈アヴェ・マリア〉がいいなと思っていました。歌詞は“Ave Maria”の繰り返しでとてもシンプルなのですが、僕たちそれぞれの声で感情を乗せることができるから。羽生選手にも今度はぜひ、この曲をとりあげてほしい(笑)」
――ミュージカル俳優としてグループ結成前から活躍されていたという、コ・フンジョンさんのお気に入り曲は?
コ・フンジョンフランク作曲の〈天使の糧〉です。僕ら4人が持っている声の個性を活かしつつ、全体で美しいハーモニーを形作ることができた。宗教曲ですがクリスマス・シーズンの定番曲でもあり、まさにクラシカル・クロスオーヴァーの王道といったところでしょうか」
――キムさんと同じソウル大学出身のリリカルなバス、TJソンさんのお気に入り曲は?
TJソン「レコーディングの時よりも、コンサート・ツアーで歌っているうちにどんどん好きになったのは、チャイコフスキー作曲の『四季』より〈舟歌〉として知られる〈一本道〉です。オーケストラと僕らの声の相性が最高なんです。韓国では僕らのヴァージョンでこの曲を知って、原曲を聴いてみたらまた雰囲気が違っていてよかった! という反応もありました」
――アカデミックな音楽教育を受けていないシンデレラ・ボーイにして、パワフルなハイ・トーンの持ち主であるイ・ビョリさんのお気に入り曲は?
イ・ビョリロドリーゴ作曲〈ある貴神のための幻想曲〉の第2楽章をカヴァーした〈氷の花〉です。韓国でとても有名なギタリストをフィーチャーした旋律がすごく美しい。全体的に静かな曲ですが、中間部でエモーショナルに盛り上がるところが歌っていて気持ちよかった。今回の収録にあたりお世話になったロドリーゴの娘さんから“父の曲をこんなにも美しい曲に仕立ててくれてありがとう”っていうメールをいただいたことも忘れられないエピソードです」
――では、レコーディングで苦戦した曲などはありましたか?
TJソン「全体のことですが、今回のアルバムはプラハでのレコーディングが3日間という強行スケジュールでかなりたいへんでした(笑)。でも共演したシティ・オブ・プラハ・フィルハーモニック・オーケストラが素晴らしくて、演奏も完璧。ずいぶんと助けていただきました」
イ・ビョリ「プラハでは時差にも悩まされたけど、現地の食事にも慣れなくて苦労しました」
コ・フンジョン「いや、君は何の問題もなく食べていたように僕には見えたけどな……」
イ・ビョリ「そう(笑)?」
キム・ヒョンス「個人的にはマイケル・ジャクソンの〈ヒール・ザ・ワールド〉が難しかったです。高音パートを担当しつつ、みんなともうまくハーモニーを成立させなくてはいけなくて……世界を癒す(healな)曲なのに僕は癒されなかった(笑)」
Forte Di Quattro フォルテ・ディ・クアトロ
――4月13日(金)には東京 渋谷 Bunkamuraオーチャードホールで待望のコンサートも開催されますね。今からとても楽しみです。何とスペシャル・ゲストとして、日本で大人気のヴォーカリスト、サラ・オレインさんの出演も決まっているとか!
TJソン「コンサートにゲストを招くのは初めてのことで、僕らもすごく楽しみにしています。サラさんはヴァイオリンも演奏される、とても才能豊かで美しいかただとか……早くお会いしたい!」
――今後の目標や夢を教えてください。
イ・ピョリ「同じ所に留まっていないで、少しずつでいいから前に進み、成長していきたい」
TJソン「一生かけてずっと音楽をやり続けたい。そして、支えてくださるファンの皆さんの期待に応えたいです。すでに3枚目のアルバムのことも考えていますよ!」
コ・フンジョン「いい歌をたくさん歌って、レコーディングして残したい。僕ら4人でね」
キム・フョンス「焦らず、目の前のことからきちんと片付けていきたい。まずは4月の日本でのコンサートに全力投球します、どうかご期待ください!」
取材・文 / 東端哲也(2018年3月)
Concert Schedule
拡大表示
(画像クリックで拡大)
Forte Di Quattro フォルテ・ディ・クアトロ
運命のハーモニー 〜プレミアム・コンサート〜

http://www.bunkamura.co.jp/orchard/lineup/kashi/20180413.html

2018年4月13日(金)東京 渋谷 Bunkamuraオーチャードホール
開演 19:00
チケット: S席 10,000円 / A席 8,000円(税込)
オール・ジャンル 最新CDJ PUSH
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 屈強でしなやかな東京のヒップホップ――KANDYTOWNのビートメイカー、MIKIがファースト・ソロ・アルバム『137』を発表[インタビュー] より肉体的なものへ――神奈川・逗子を拠点とするHalf Mile Beach Clubが初の単独作を発表
[インタビュー] “続編”ではなく“新作”を作ろう きゃりーぱみゅぱみゅ「きみのみかた」[インタビュー] “俺の不幸で踊ってくれ!”――沖縄出身のラッパー、唾奇が最新作『道-TAO-』をリリース
[特集] [LIVE Report] まっすぐな気持ちを届けてくれる藤田麻衣子の歌[インタビュー] 自分というジャンルをちゃんと作りたい “シンガー・ソングライター”Nao Kawamura初のフル・アルバム『Kvarda』
[インタビュー] 「アワ・マン・イン・トーキョー〜バラッド・オブ・シン・ミヤタ」、宮田 信の仕事とは?[特集] ヘルベルト・フォン・カラヤン生誕110年記念! 数々の名盤が“理想の音”に迫る高音質で登場
[インタビュー] いい歌をたくさん歌って、レコーディングして残したい――フォルテ・ディ・クアトロのセカンド・アルバム『アヴェ・マリア〜CLASSICA』[インタビュー] 決め手は興奮が蘇ってくるかどうか――THOUSAND EYESが放つ“最高傑作”『DAY OF SALVATION』
[インタビュー] “ヤバさ”はこれだ――BES&ISSUGIの自信が浮かび上がる『VIRIDIAN SHOOT』[インタビュー] 小曽根 真 既存の概念を打ち壊すのではなく、共存するイメージで―― ニューヨーク・フィルハーモニックと共演した『ビヨンド・ボーダーズ』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015