才能豊かな若きクラブ系ジャズ・シンガー――ホセ・ジェイムズ、インタビュー

ホセ・ジェイムズ   2008/01/31掲載
はてなブックマークに追加
才能豊かな若きクラブ系ジャズ・シンガー――ホセ・ジェイムズ、インタビュー
 ジャイルス・ピーターソンのレーベル、ブラウンズウッド・レコーディングスが大プッシュするミネアポリス出身のジャズ・ヴォーカリスト、ホセ・ジェイムズ。デビュー作『ドリーマー』は1月23日にリリースされ、その豊かな表現力と渋い歌声は日本でも好評を得ている。そんな彼の音楽性とは……。



 ミネアポリス出身で、現在はニューヨークを本拠地に活躍しているシンガーのホセ・ジェイムズ。29歳という若さに似合わぬ渋い歌声を武器に、クラブ系のジャズ・シンガーとして頭角を現してきた。そして発表したのがデビュー作の『ザ・ドリーマー』。

 「本当にエキサイトしているよ。東京は大好きな街だし、オーディエンスも最高だ。そこから受けるヴァイブレーションもワンダフルだ。だから、日本でアルバムが発売できたことを嬉しく思うと同時に、誇りにも感じている」

 素直に喜びを語るホセが歌に目覚めたのは14歳のとき。

 「最初は遊びで歌っていただけだが、その後に学校の合唱団に入った。ヴィヴァルディの曲なんかも歌ったんだ。ジャズを歌うようになったのは17歳のときからだね。でも最初に気に入ったのは1990年代のヒップホップ。それがぼくたちの世代の音楽だったから。周りの友人と同じだ。よく聴いていたのは、ファーサイドア・トライブ・コールド・クエストアイス・キューブ、あとはR&Bのベル・ビヴ・デヴォーとかボーイズIIメンなんかにも夢中だった」

 そんなホセだが、歌う上で影響を受けたのはジャズ・アーティストばかりだ。そこに、彼の音楽的な志向が認められる。

 「最初に影響を受けたのは、ルイ・アームストロングチャーリー・パーカー、それにデューク・エリントン。その次がジョン・コルトレーンビリー・ホリデイだ。この2人がぼくの音楽の両親だね。それでいま現在、一番気に入っているのはマーヴィン・ゲイ

 ホセの世代、20代後半から30代にかけてのシンガーにはマーヴィン・ゲイの信奉者が少なくない。しかもスタイルを超えて多くのシンガーに彼は影響を与えている。ホセの言葉から、その思いをさらに強くした。それでは、最近よく聴いている音楽も教えてもらおう。


 デビュー作の『ザ・ドリーマー』を聴くと、ホセがただの歌がうまいシンガーではなく、しっかりとした音楽性の持ち主であることもわかる。曲も書けばアレンジもする。それも優れた内容になっている点が見逃せない。

 「ミネアポリスではヴォイスのトレーニングを受けたし、ギターもきちんと学んだ。その後にニューヨークのニュー・スクールで音楽理論の講座を専攻した」

 こう語るホセはまだこれからの人である。ジャズ・ファンにはローランド・カークの「スピリッツ・アップ・アバヴ」や、ファンキーの名曲「モーニン」、さらにはスタンダードの「ボディ・アンド・ソウル」などが面白く聴けるに違いない。しかし、彼はそれだけに収まらない器の持ち主。これからの可能性も強く感じさせる。


取材・文/小川隆夫(2008年1月)
オール・ジャンル 最新CDJ PUSH
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 屈強でしなやかな東京のヒップホップ――KANDYTOWNのビートメイカー、MIKIがファースト・ソロ・アルバム『137』を発表[インタビュー] より肉体的なものへ――神奈川・逗子を拠点とするHalf Mile Beach Clubが初の単独作を発表
[インタビュー] “続編”ではなく“新作”を作ろう きゃりーぱみゅぱみゅ「きみのみかた」[インタビュー] “俺の不幸で踊ってくれ!”――沖縄出身のラッパー、唾奇が最新作『道-TAO-』をリリース
[特集] [LIVE Report] まっすぐな気持ちを届けてくれる藤田麻衣子の歌[インタビュー] 自分というジャンルをちゃんと作りたい “シンガー・ソングライター”Nao Kawamura初のフル・アルバム『Kvarda』
[インタビュー] 「アワ・マン・イン・トーキョー〜バラッド・オブ・シン・ミヤタ」、宮田 信の仕事とは?[特集] ヘルベルト・フォン・カラヤン生誕110年記念! 数々の名盤が“理想の音”に迫る高音質で登場
[インタビュー] いい歌をたくさん歌って、レコーディングして残したい――フォルテ・ディ・クアトロのセカンド・アルバム『アヴェ・マリア〜CLASSICA』[インタビュー] 決め手は興奮が蘇ってくるかどうか――THOUSAND EYESが放つ“最高傑作”『DAY OF SALVATION』
[インタビュー] “ヤバさ”はこれだ――BES&ISSUGIの自信が浮かび上がる『VIRIDIAN SHOOT』[インタビュー] 小曽根 真 既存の概念を打ち壊すのではなく、共存するイメージで―― ニューヨーク・フィルハーモニックと共演した『ビヨンド・ボーダーズ』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015