【特別リポート:リヴァプール通信】 ポール・マッカートニーがデイヴ・グロールと共演!リヴァプール凱旋コンサートをどこよりも早くリポート

ポール・マッカートニー   2008/06/02掲載
はてなブックマークに追加
 ビートルズの故郷として知られるイギリスのリヴァプール市が今年、欧州文化首都に選ばれたのを受けて、1月のリンゴ・スターに続き、ポール・マッカートニーがリヴァプールのサッカー・チーム、リヴァプールFCの本拠地のアンフィールド・スタジアムで6月1日に、3万5,000人の前で記念イベント“The Liverpool Sound”コンサートを行なった。

 コンサートは6時半にまずはズートンズ、続いてカイザー・チーフスが登場。そしてポールの曲をリミックスした『Twin Freaks』からの曲がBGMとして全世界から集まったファンの前で流れるなか、9時過ぎにイギリスのコメディアンの紹介を受けてポール・マッカートニーが5年ぶりに生まれ故郷リヴァプールのステージに立った。バックはここ数年、ポールのバックをつとめているおなじみのメンバーが顔を揃えた。

 最初に演奏されたのは、なんとライヴ初披露となる「ヒッピー・ヒッピー・シェイク」。ビートルズがBBCラジオに出演した際に演奏したこの超マニアックな曲でくるとはだれが想像しえただろうか。いきなりの先制パンチで早くもめまいが……。その後は最近のライヴで演奏している曲が続く。「ドライヴ・マイ・カー」「ブラックバード」などのビートルズ・ナンバーが演奏され、前半で早くも会場は大合唱となる。




 その後「カリコ・スカイズ」を演奏したあとのMCで、なんとポールはこう言ったのだ。「日本人はどれぐらいいるのかな? コニチハ」。おおー。前のほうに日本の国旗を振っているファンがいるのを見たからだろうか。ブラジルの国旗を振っているファンだっているぞ。思わず「イエー!」と叫んだら、斜め前にいるたぶん地元のおじさんに睨まれてしまったが。ちなみに日本人は思ったほどは見かけることがなかった。

 これまた初披露となる「イン・リヴァプール」というCD未収録曲のあと、故郷といえば欠かせない2曲「サムシング」「ペニー・レイン」が演奏され、盛り上がりは最高潮となる。そしてここでもサプライズが! ポールがスペシャル・ゲストを紹介。登場したのは、出るのではないかと噂になっていたフー・ファイターズデイヴ・グロールだ。デイヴはまずはギターで「バンド・オン・ザ・ラン」、続いてドラムで「バック・イン・ザ・U.S.S.R.」に参加。こりゃ盛り上がるなというほうがおかしい。その後は「007/死ぬのは奴らだ」「レット・イット・ビー」「ヘイ・ジュード」の怒涛の3連発でいったん幕となる。

 アンコールの声が会場全体に鳴り響く中、アコギ1本でポールは「イエスタデイ」をしっとりと歌う。そして、ああここでもまた超弩級の曲が登場する。90年のリヴァプール公演で「ストロベリー・フィールズ・フォーエヴァー」「ヘルプ!」「平和を我等に」ジョン・レノン・メドレーを初披露したポールのこと、今回も何かあるだろうとは思っていたが、演奏されたのは「ア・デイ・イン・ザ・ライフ」!!! 続けてメドレーで「平和を我等に」へと突入したが、後半は頭の中が真っ白でよく覚えていません。もちろん「ア・デイ・イン・ザ・ライフ」のジョンのパートをポールが歌うのは初めてのことだが、そのあとの自分のパートの歌詞を間違えたのはご愛嬌か。興奮のるつぼと化したスタジアムに「レディ・マドンナ」の威勢のいいピアノが鳴り響き、再びデイヴ・グロールがドラムで参加した「アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア」で、リヴァプールの記念イベント“The Liverpool Sound”ならびにポールの凱旋コンサートは終了した。

 約2時間計26曲。前回の日本公演同様、いやそれ以上にはつらつとしたパフォーマンスをこうして見せつけられると、100歳を越えてもステージに立っているんじゃないかという気さえしてくる。もうすぐ66歳なんて、信じられるかい?


文/藤本国彦


★ポール・マッカートニー@リヴァプール・アンフィールド・スタジアム(2008年6月1日)

≪演奏曲≫
1.The Hippy Hippy Shake
2.Jet
3.Drive My Car
4.Flaming Pie
5.Got To Get You Into My Life
6.Let Me Roll It
7.My Love
8.C.Moon
9.The Long And Winding Road
10.Dance Tonight
11.Blackbird
12.Calico Skies
13.In Liverpool
14.I'll Follow The Sun
15.Eleanor Rigby
16.Something
17.Penny Lane
18.Band On The Run(with Dave Grohl on guitar)
19.Back In The U.S.S.R.(with Dave Grohl on drums)
20.Live And Let Die
21.Let It Be
22.Hey Jude
encore:
23.Yesterday
24.A Day In The Life〜Give Peace A Chance
25.Lady Madonna
26.I Saw Her Standing There(with Dave Grohl on drums)



≪Tha Band≫
Paul McCartney(1〜5 bass/6 guitar/7〜9 piano/10 mandolin/11〜15 acoustic guitar/16 ukulele/17〜19 bass/20〜22 piano/23 acoustic guitar/24bass/25 piano/
26 bass)
Paul Wickens(Wix)(keyboards)
Rusty Anderson(guitar)
Brian Ray(guitar, bass)
Abe Laboriel Jr.(drums)
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] アイドルやめた――“渋谷系ガールズロックユニット”に転身したCANDY GO!GO!のリアル[インタビュー] KANDYTOWNの新たな方向性も感じさせるソロ・アルバム、MUD『Make U Dirty』
[インタビュー] 音楽にとどまらない、発想としての面白さ――ジェフ・パーカーがゆっくり語る『The New Breed』[インタビュー] 良い意味で遠回りをしてきた――20周年を前に、韻シストが開けた次への扉
[インタビュー] 過去を否定せず、未来を大切にする 渡瀬マキが語る“Fresh”なLINDBERG[インタビュー] トロピカルハウスを取り入れても、最後は自分たちの曲になる ココロオークションの自信と革新性
[インタビュー] ファースト・キスは1回しかないのがいい メンバーの“リアル”を大声で歌うロック・バンド、The MANJI[インタビュー] “熱さ”が戻ってきた――ユニットとしての自覚が芽生えた“今のChu-Z”
[インタビュー] 便利で何でも手に入る時代だからこそ必要なこと――須永辰緒が導くジャズ最前線[インタビュー] ふっと飛び込んでくるワンフレーズ “現場の音楽”HIT『Be!!』
[インタビュー] 深くて豊かな音楽を目指した“名盤” 石橋 凌『may Burn!』[インタビュー] 私は変わり続ける。それは“出会い”を意味しているから――コリーヌ・ベイリー・レイ
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015