来日公演間近! 現代最高のマヌーシュ・スウィング・グループがやって来る!! ストーケロ・ローゼンバーグ・トリオ with ティム・クリップハウス

ローゼンバーグ・トリオ   2013/02/18掲載
はてなブックマークに追加
 軽快なアコースティック・ギターのリズム、めまぐるしく歌うギターのソロ。誰が聴いても心浮き立つ音楽、それが“マヌーシュ・スウィング”である。もうすぐ来日公演が行なわれるストーケロ・ローゼンバーグ・トリオは、そのマヌーシュ・スウィングの現代最高のグループだ。
Stochelo Rosenberg Trio
 1931年、ギタリストであるジャンゴ・ラインハルト(1910〜1953年)とヴァイオリニストであるステファン・グラッペリ(1908〜1997年)が出会った。ふたりはフランス・ホット・クラブ5重奏団を結成してヨーロッパをツアーし、このマヌーシュ・スウィングを大流行させた。
『ステファン・グラッペリに捧ぐ』
 もともとジャンゴはベルギー出身のロマ(ジプシー)で、ギター、ヴァイオリン、バンジョーなどを旅芸人の一座で演奏していたらしい。“マヌーシュ”とはそのベルギー、フランス北部を旅して回るロマのことを指していた。そして当時のジャズの影響もうけ、ロマの音楽スタイルとスウィングを合体させたマヌーシュ・スウィングを生み出したのだ。
 そのジャンルの現代最高峰と呼ばれるギタリスト、ストーケロ・ローゼンバーグはオランダ出身。音楽を代々演奏してきたロマの一家に生まれ、10歳の頃からジャンゴ・ラインハルトを繰り返し聴きながら、その音楽を覚えてきたと言う。そして1989年に録音デビューし、マヌーシュ・スウィングの新たな騎手として世界的に注目を集めてきた。2010年にはジャンゴを讃えたアルバム『ジャンゴロジスト』を発表した。
 今回の来日公演で共演するヴァイオリニスト、ティム・クリップハウスもオランダ出身のヴァイオリニストで、ジャンゴの共演者ステファン・グラッペリの伝統を受け継ぐ新世代のヴァイオリニストとして喝采を浴びている。彼は2005年にグラッペリに捧げるアルバム『ザ・グラッペリ・トリビュート』をリリース。そしてロックの名曲をジャンゴ風にアレンジした『Rock Django』も2012年にリリースしている。
Tim Kliphuis
 このふたりが合流して、今回の来日公演“ジャンゴとグラッペリへ捧ぐ”が実現した。マヌーシュ・スウィングの楽しさ、面白さ、そしてその真価を知るには最高の組み合わせと言えるだろう。
 個人的なことだが、私がジャンゴ・ラインハルトの音楽をはっきり意識したのは映画『ルシアンの青春』を観てからだ。第二次大戦中のフランスで、対独協力者に仕立てあげられる少年ルシアンの悲劇を描いたルイ・マルの名作で、日本公開は1975年。音楽はすべてジャンゴの録音を使用していた。その後ジャンゴと一緒に演奏をしていた伝説のステファン・グラッペリが来日。彼の来日公演も何度か聴いて、すっかりマヌーシュ・スウィングのファンになってしまった。ちなみに、グラッペリはクラシック・ヴァイオリン界の巨匠ユーディ・メニューインともアルバムを作っており、それも楽しい。『バルスーズ』『五月のミル』の映画音楽もグラッペリは担当していた。
 ジャンゴ・ラインハルトの人生はわずか43年だった。しかし、ジャズの世界の中では最も早い時期からギターのソロで即興演奏をするというスタイルを確立し、多くのギタリストに影響を与えることになる(そのひとりにあのレス・ポールもいる)。またMJQが「ジャンゴ」というトリビュート曲を作るなど、音楽家としても愛されてきた。さまざまな伝説に彩られたジャンゴ。彼の愛用していたセルマー(フランスの楽器メーカー)のギター(マカフェリのデザイン・設計)は、1952年に製造が中止されてしまったが、今でもコレクターズ・アイテムとなっている。
 その伝統を受け継ぐギタリスト、ストーケロ・ローゼンバーグ。ティム・クリップハウスの魅惑的なヴァイオリンの音も加えて、いまこそマヌーシュ・スウィングの世界を楽しもう。
文 / 片桐卓也
ストーケロ・ローゼンバーグ・トリオ with ティム・クリップハウス
来日公演2013


2013年2月24日(日)
静岡 音楽館AOI
開場 14:30 / 開演 15:00
全指定 5,000円 (静岡音楽館倶楽部会員 4,500円 / 22歳以下 1,000円)

2013年2月27日(水)
東京 銀座 王子ホール
開演 19:00
全指定 6,500円

2013年3月1日(金)
兵庫 兵庫県立芸術文化センター
開場 18:30 / 開演 19:00
全指定 4,000円

2013年3月2日(土)
滋賀 ひこね市文化プラザ
開場 15:00 / 開演 16:00
全指定 一般 4,800円 / WMTソシアルクラブメンバー 4,000円 / スチューデントパスポート会員 2,000円

2013年3月3日(日)
東京 めぐろパーシモンホール
ゲスト: 山中千尋
開場 16:00 / 開演 17:00
一般 6,000円 (当日は500円増し) / 目黒区民割引(在住・在勤・在学) 5,400円(1割引)

※ 総合問い合わせ: プランクトン 03-3498-2881
www.plankton.co.jp/index.html
オール・ジャンル 最新CDJ PUSH
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 屈強でしなやかな東京のヒップホップ――KANDYTOWNのビートメイカー、MIKIがファースト・ソロ・アルバム『137』を発表[インタビュー] より肉体的なものへ――神奈川・逗子を拠点とするHalf Mile Beach Clubが初の単独作を発表
[インタビュー] “続編”ではなく“新作”を作ろう きゃりーぱみゅぱみゅ「きみのみかた」[インタビュー] “俺の不幸で踊ってくれ!”――沖縄出身のラッパー、唾奇が最新作『道-TAO-』をリリース
[特集] [LIVE Report] まっすぐな気持ちを届けてくれる藤田麻衣子の歌[インタビュー] 自分というジャンルをちゃんと作りたい “シンガー・ソングライター”Nao Kawamura初のフル・アルバム『Kvarda』
[インタビュー] 「アワ・マン・イン・トーキョー〜バラッド・オブ・シン・ミヤタ」、宮田 信の仕事とは?[特集] ヘルベルト・フォン・カラヤン生誕110年記念! 数々の名盤が“理想の音”に迫る高音質で登場
[インタビュー] いい歌をたくさん歌って、レコーディングして残したい――フォルテ・ディ・クアトロのセカンド・アルバム『アヴェ・マリア〜CLASSICA』[インタビュー] 決め手は興奮が蘇ってくるかどうか――THOUSAND EYESが放つ“最高傑作”『DAY OF SALVATION』
[インタビュー] “ヤバさ”はこれだ――BES&ISSUGIの自信が浮かび上がる『VIRIDIAN SHOOT』[インタビュー] 小曽根 真 既存の概念を打ち壊すのではなく、共存するイメージで―― ニューヨーク・フィルハーモニックと共演した『ビヨンド・ボーダーズ』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015