人の心を温めたい――コリアン・ジャズ・ディーヴァ、ウンサンから届いた愛のアルバム

ウンサン   2013/12/13掲載
はてなブックマークに追加
Woong San
“I Love You”
 日本でも多くのファンを持つ韓国を代表するジャズ・ヴォーカリスト、ウンサンが2年ぶり、通算7枚目となるアルバム『アイ・ラヴ・ユー』を発表した。全13曲中、彼女のオリジナル作品が6曲、ボブ・ディランレイ・チャールズトミー・ボーリンといったさまざまなアーティスト及び、母国の大人気曲もカヴァーした彩り豊かなラインナップで、ウンサンの幅広い音楽性も味わえる。日韓のプレイヤー陣によるプレイも秀逸で、互いの信頼関係をベースにした心地良い波動がアルバム全体をパッケージ。孤独な気分を解放するミラクルや、幸福感をアップさせるエッセンスも含んだウンサン・ミュージックは、どんな想いで完成させたのか。
――新作『アイ・ラヴ・ユー』は、ご自身の持ち味を強調した作品ではないかと感じました。
 「抑え気味の声で唄ったアルバムを続けて出してきましたが、ライヴにお越しになったお客様の中には、私がパンチの効いたパフォーマンスもすると知って驚く方もいらっしゃるんです。それで、新作は全体のバランスも考慮しながら、自分の色をたっぷりと盛り込みました。コンセプトはずばり“愛”です。いろいろな形の愛のお話をしています。昔、私が愛した曲や愛を感じた曲もカヴァーしました」
――アルバム・タイトルチューンの「アイ・ラヴ・ユー」は感情を揺さぶられる曲ですね。
 「ありがとうございます。昨年の秋に作ったのですが、正直、アルバムに入れるのはどうしようか迷っていました。でも、今年の5月、東京でライヴをした時に披露したら、多くのお客様から“今日のライヴで1番感動した”と言われ、それで今回、ピアノとチェロをバックにレコーディングしたんです。録音した時、私自身も気持ちがどんどん高揚し、スタッフの方たちも皆、涙ぐんでいたほどで……」
――曲が浮かんだ時からチェロの音色が頭に響いていたとか?
 「男性と会話をしているイメージの曲で、その男性がチェロなんですよ。演奏してくれている結城貴弘さんも男性ですが、ここではチェロの音そのものが男性であり、彼から“大丈夫だよ”と言われている、そんなシーンを再現しています」
――曲が出来た時に全体像が浮かんでいるんですね。
 「他の曲もそうですが、いつもメロディは自然に出てきますし、欲しい音もはっきりしています。後から手直しした曲はアルバムには入れませんね。カッコよくみせようとしているからスンナリ形にならないわけですし、だとしたら、私には必要のない曲です。正直な感情を大切にしたいので、メロディと歌詞が一緒に沸いた楽曲のみをレコーディングしています。その方がリスナーに届くと思いますから。ですから、たった1回でも構いませんから、アルバム1枚を丸ごとヘッドフォンで聴いて欲しいんです。そうすると、私が何を伝えたいのか、どんな愛の話をしているか細かなニュアンスもダイレクトに解ってもらえると思うんですよ」
――アルバム全体のサウンド面で意識したことを教えて下さい。
 「ここ数年、ラテン・ミュージックに惹かれていまして、その要素をもともと好きなブルースと融合させました。2曲目のオリジナル 〈ミスター・ブルース〉はその手法を使った楽曲です」
――それでサンタナの「スムーズ」もカヴァーしたんですね。
 「昔から好きな有名曲ですし、ジャズ・テイストにしたくて唄ったんですが、私がパフォーマンスする意味を明確にする為にもアコースティックな雰囲気に仕上げました」
――そうかと思えば、オペラの名曲にもチャレンジしていて驚きました。
 「ドニゼッティ作曲〈人知れぬ涙〜愛の媚薬〜より〉は、小学校2、3年生の頃に聴いて、歌詞の意味もわからず涙した曲なんです。私は子供の頃から大人びたところがありましたが、良い曲というのは年齢を問わず、胸を打つんでしょうね」
――この曲はイタリア語で唄っていますが、英語、スペイン語、韓国語の作品も収められていますね。通訳なしでインタビューが出来るほど日本語も流暢ですし、ウンサンの語学力には脱帽です。
 「スペイン語はラテン音楽に興味を持ったのがきっかけで勉強を始めました。イタリア語は〈人知れぬ〜〉だけ、なんとか(笑)。日本語に関しては、大阪出身の友だちが多いので関西弁がときどき出て、ちょっとヘンでしょ?(笑)」
――いえいえ、全く問題ありません。そういえば、アルバム・プロデューサーでサックス・プレイヤーの鈴木央紹さんも大阪出身でしたよね。
 「鈴木さんには長年お世話になっていて、今回もご尽力頂きました。 〈アシ・ケ〉や〈イエスタディ(2013ver.)〉などの演奏も素晴らしいのでぜひ、サックス・プレイも注目して欲しいです」
――ちなみに、今回のアルバムにはジャズのスタンダード・ナンバーが1曲も入っていませんでしたね。
 「“ジャズではないところでジャズを探す”というのもテーマのひとつだったんです。それも新作のポイントです」
――ところで、2013年はどんな1年でしたか?
 「アルバム『アイ・ラヴ・ユー』のレコーディング作業と同時に、私がプロデュースしたアルバムの制作もありましたのでとても忙しかったです」
――プロデュース?
 「実は、韓国で人気のコメディアン、イ・ドンウさんがある日突然、目が不自由になり、ラジオのお仕事だけになってしまったんです。その彼の番組に出演した時に、ジャズをシェアすれば彼は幸せになれるのではないかと思い“一緒に勉強しましょう”と声をかけました。以来、2年程、サポートしていたんですが、その成果が実り、今年の11月に彼のアルバムをリリースすることが出来ました。韓国では大評判となり、ご本人も第2の人生が開けたと喜んでいます。私は、音楽で他の人のサポートもしたかったので、とても嬉しく思っています」
――希望の光をプレゼント出来たのですね!
 「これからも音楽で人の心を温めてあげたいですし、それが出来たら何よりの喜びです。たとえば、私はステージ上から客席を見て、悲しんでいるような方がいらっしゃったら、気持ちを包んであげたいと、その方に向かって唄います。あくまでそのお客さんだけがわかるような視線を送りながらね。病気を抱えている方がお越しになった時は、その方に寄り添うよう、歌を届けています。勿論、華やかな舞台で大勢の観客の方に囲まれて唄うのも素敵なことですが、小さい会場であったとしてもお客様を癒してあげられたら、それが私の幸せであり本望なんです」
――では、最後に2014年のご予定を教えて下さい。
 「今年はライヴがあまり出来なかったので、来年は日本各地、さまざまな場所で唄いたいです。3月から名古屋を皮切りにツアーもスタートしますし、その後も小さい編成でいろいろな場所にお邪魔しようと思っています。皆さんとお会い出来ることを楽しみにしています」
取材・文 / 菅野 聖(2013年12月)
Woong San
live schedule


2014年3月20日(木)
愛知 名古屋 Blue Note

〒460-0003 愛知県名古屋市中区錦3-22-20 / 052-961-6311

2014年3月21日(金・祝)
静岡 GARDEN CAFE LIFE TIME

〒420-0852 静岡県静岡市葵区紺屋町11-1(浮月楼内) / 054-250-0131

2014年3月24日(月)
大阪 BillBoard Live OSAKA

〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田2-2-22 ハービスPLAZA ENT B2 / 06-6342-7722

2014年3月26日(水)
東京 六本木 スイートベイジル STB 139

〒106-0032 東京都港区六本木6-7-112 / 03-5474-0139
オール・ジャンル 最新CDJ PUSH
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ノリとヴァイブスだけで作った音楽を“ヒップホップ”としてパッケージ化する GRADIS NICE & YOUNG MAS(Febb)[インタビュー] 密接な関係性ありきの音楽 MIKUMARI×OWL BEATS『FINEMALT NO.7』
[インタビュー] (想像以上に)挙動不審!? 廣瀬真理子が総勢22人の“ドリアンな奴ら”を率いてアルバムをリリース[インタビュー] 「知らない土地で出会う風景や人から音楽が生まれる」 ――ピアニスト、ジェイコブ・コーラーが描くシネマティックな世界
[インタビュー] 上原ひろみが驚異のハープ奏者エドマール・カスタネーダとのデュオ・プロジェクトを始動[インタビュー] “いいっすよ”から17年――サイプレス上野とロベルト吉野、ミニ・アルバム『大海賊』でメジャー・デビュー
[インタビュー] “今この時”を、考える――中村雅俊が「どこへ時が流れても / まだ僕にできることがあるだろう」に込めた同世代へのメッセージ[インタビュー] “何があっても”楽しく生きるんだという覚悟 真心ブラザーズ『FLOW ON THE CLOUD』
[インタビュー] サクソフォン四重奏を知らないかたにも素晴らしさを伝えたい――The Rev Saxophone Quartetが追求する伝統とオリジナリティ[インタビュー] ヒグチアイが目指す歌は、おしゃれじゃないけど“大切にしてきたもの”
[インタビュー] 若いリスナーにも良い音楽を届けたい――MASATOとMinnesotahが語る『KANDYTOWN LIFE presents “Land of 1000 Classics”』[インタビュー] Less Than TV25周年 大石規湖監督が記録した“ある家族”の日常、ドキュメンタリー映画「MOTHER FUCKER」
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015