ニュース

『ペット・サウンズ』を丸ごとカヴァー!欧米インディーズ・バンド多数参加

2006/04/14掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
MyCDJ お気に入りリストに「」を追加/削除する はてなブックマークに追加
『ペット・サウンズ』を丸ごとカヴァー!欧米インディーズ・バンド多数参加
 音楽史を飾る歴史的名盤、ビーチ・ボーイズ『ペット・サウンズ』がこの世に放たれてから今年で40周年。それを祝したトリビュート・アルバムの発表をスペインのレーベル、Houston Party Recordsが計画しています。

 『Do It Again: A Tribute To Pet Sounds』(写真)と題された本作は、『ペット・サウンズ』を丸ごとカヴァーしたトリビュート・アルバムで、ダニエル・ジョンストンウェディング・プレゼントマザリンなど、日本でも知られるアーティスト/バンドも参加。他には元ビーチウッド・スパークスのクリス・ガンストらによるミスティック・コーズ・オブ・メモリーや、アーキテクチャー・イン・ヘルシンキなどのインディーズ・バンドたちも参加予定。発売は現在までのところ今秋を予定しています。名曲揃いの作品をどう解釈してカヴァーしたのか、オリジナルを愛する方も、インディーズ好きもご注目を!

『Do It Again: A Tribute To Pet Sounds』
01. Oldham Brothers - Wouldn't It Be Nice
02. Vic Chesnutt - You Still Believe In Me
03. Nobody And The Mystic Chords Of Memory With Farmer Dave - That's Not Me
04. Centro-Matic - Don't Talk (Put Your Head On My Shoulder)
05. Micah P. Hinson - I'm Waiting for the Day
06. Raygun - Let's Go Away For A While
07. Dayna Kurtz - Sloop John B
08. Daniel Johnston - God Only Knows
09. Mazarin - I Know There's An Answer
10. Jody Wildgoose - Here Today
11. Patrick Wolf - I Just Wasn't Made For These Times
12. Architecture In Helsinki - Pet Sounds
13. The Wedding Present - Caroline No
続報
欧米インディーズ・バンドによる『ペット・サウンズ』トリビュート盤、発売決定!
お伝えした、『ペット・サウンズ』を欧米インディーズ・バンドがカヴァーしたトリビュート盤『Do It Again: A Tribute To Pet Sounds』がいよいよ発売に! 発売は11月6日に予定されています。なおジャケット写真も判明しましたので、再掲載いたしました。
[ 2006/11/01掲載 ]
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ふっと飛び込んでくるワンフレーズ “現場の音楽”HIT『Be!!』[インタビュー] 深くて豊かな音楽を目指した“名盤” 石橋 凌『may Burn!』
[インタビュー] 私は変わり続ける。それは“出会い”を意味しているから――コリーヌ・ベイリー・レイ[インタビュー] 美しさと暴力性、Ramzaの“手”に触れる『pessim』
[インタビュー] 自分の存在を“やり続けること”で知らせる――ISSUGI×MASS-HOLE[インタビュー] ヒップホップとしてかっこよくいられたら――C.O.S.A.『Girl Queen』
[インタビュー] 今のラフィンノーズは超おもしろい――“50代のラフィンロール”を体現した新作『50’s ROLL』[インタビュー] 自分の中にある伝統と革新―― 島 裕介が新世代ミュージシャンを率いて『Silent Jazz Case 3』を発表
[インタビュー] たまには母ちゃんにみたらし団子を買ってかったりしぃや!――SHINGO★西成が3年をかけて辿り着いた『ここから・・・いまから』[インタビュー] “大人ってカッコいい”と思えるような歌 ISEKI×中田裕二『AOR FLAVA』
[インタビュー] 研ぎ澄まされた4人のアンサンブル――ライヴ・ベスト・アルバム『echoes』をリリースしたbohemianvoodoo[インタビュー] 児玉桃、マンフレート・アイヒャーとの出会いとドビュッシー&細川俊夫の音楽を語る
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015