ニュース

Borisが栗原ミチオ(White Heaven)との新コラボ・アルバムをリリース

2006/11/13掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 昨年発売のアルバム『Pink』(写真)のワールド・ワイド・リリース(米Southern Lord rec.より)、欧米ツアーなど今年もノリにノッていたBoris。過去作のパッケージを一新した再リリースや『Dronevil Final』も記憶に新しいなか、来る12月23日に新作が早くも登場! これまでに、彫刻の庭灰野敬二メルツバウSunn O)))といった面々とのコラボレート作品を作り上げてきたBorisの今回のお相手は、伝説のサイケデリアWhite Heavenマーブル・シープ、the Stars、Ghostのギタリストとして知られ、朝生愛デーモン&ナオミのサポート・メンバーとしても活躍する栗原ミチオ。彼とともにBoris with Michio Kurihara名義でコラボレーション作『Rainbow』(PDL-0601 \2,625(税込))を12月23日にリリースします。

 『PINK』ではこれまで築いてきた作風をベースに、よりバラエティ豊かになったサウンドを聴かせていましたが、今回栗原を迎えたことでその幅をさらに広げるであろうことは想像に難くありません。エンジニアは、ゆらゆら帝国ギターウルフ穴奴隷などの作品を手掛け、日本の轟音にこの人ありといわれる中村宗一郎(前出のthe Starsではオルガンを担当)とBorisのドラムスAtsuo。この二人の共同作業は、BorisをはじめGreenmachineChurch Of Miseryなど数多く、磨きがかかった録音に期待。また、アートワークの担当は現在判明していませんが、いままでにも、Atsuo自身によるFangsanalsatanや、Stephen O'Malley(Southern Lord rec.,Sunn O))),Khanate etc.)、regina(TOE,Nine Days Wonder,shikari etc.)、Aaron Horkey(Burlesque of North America,LEX rec.,Anticon etc.)など、気鋭が手掛けてきただけに、こちらも気になるところ。すでにライヴで披露されているギターWATAのヴォーカル曲も収録されるようです。


 さらにBorisですが、すでにワールド・ワイド盤(米Southern Lord rec.)が発売となっているSUNN O)))とのコラボレート作品『Alter』の日本盤が近日中にリリースされるとのこと。両者のトレード・マークとも言える時空の歪むハイパー・へヴィ・チューンから、なんとJesse Sykes(Jesse Sykes and the Sweet Hereafter)が美しい歌声を聞かせる夢心地のアシッド・フォークや、雄大なエフェクトを多様したスペイシーな曲まで、じっくりと楽しめる内容となっています。ライヴでひときわ映えるAtsuoの銅鑼もバシバシ炸裂。メルヴィンズ、Earth、Thrones、High On Fireと名だたるバンドを渡り歩く生ける伝説Joe Prestonや、近年ではDave Grohl率いるProbotにも参加していたSoundgardenのKim Thayilなど、ゲストもかなり豪華。ワールド・ワイド盤とはジャケットが異なるスペシャルなパッケージとなっているようですので、ワールド・ワイド盤をすでに手に入れている方も注目です。ちなみにそのなかで日本盤は1000プレス、ワールド・ワイド盤は5000プレスでどちらも限定2CDヴァージョンがあり、2枚目のCDには20分に及ぶ大作が収録されている模様ですので、ファンは要注意。

 史上最多と思われるステージを踏んだ2006年のBorisですが、今年は残すところ11月18日(土)新大久保EARTHDOMにて行なわれるメルツバウとの合体ライヴのみ。未見の方は足を運んでみてはいかがでしょうか。来年1月からはISISThese Arms Are Snakesとの日本での演奏旅行が控えているBoris。今後の活躍に期待です!

■2006年12月23日発売
Boris with Michio Kurihara『Rainbow』
PDL-0601 \2,625(税込)
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 屈強でしなやかな東京のヒップホップ――KANDYTOWNのビートメイカー、MIKIがファースト・ソロ・アルバム『137』を発表[インタビュー] より肉体的なものへ――神奈川・逗子を拠点とするHalf Mile Beach Clubが初の単独作を発表
[インタビュー] “続編”ではなく“新作”を作ろう きゃりーぱみゅぱみゅ「きみのみかた」[インタビュー] “俺の不幸で踊ってくれ!”――沖縄出身のラッパー、唾奇が最新作『道-TAO-』をリリース
[特集] [LIVE Report] まっすぐな気持ちを届けてくれる藤田麻衣子の歌[インタビュー] 自分というジャンルをちゃんと作りたい “シンガー・ソングライター”Nao Kawamura初のフル・アルバム『Kvarda』
[インタビュー] 「アワ・マン・イン・トーキョー〜バラッド・オブ・シン・ミヤタ」、宮田 信の仕事とは?[特集] ヘルベルト・フォン・カラヤン生誕110年記念! 数々の名盤が“理想の音”に迫る高音質で登場
[インタビュー] いい歌をたくさん歌って、レコーディングして残したい――フォルテ・ディ・クアトロのセカンド・アルバム『アヴェ・マリア〜CLASSICA』[インタビュー] 決め手は興奮が蘇ってくるかどうか――THOUSAND EYESが放つ“最高傑作”『DAY OF SALVATION』
[インタビュー] “ヤバさ”はこれだ――BES&ISSUGIの自信が浮かび上がる『VIRIDIAN SHOOT』[インタビュー] 小曽根 真 既存の概念を打ち壊すのではなく、共存するイメージで―― ニューヨーク・フィルハーモニックと共演した『ビヨンド・ボーダーズ』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015