ニュース

日活ロマンポルノ映画「牝猫たち」 女性限定プレミア先行上映で湯山玲子、浜田敬子がトークイベント開催

白石和彌   2017/01/10 12:50掲載
MyCDJ お気に入りリストに「」を追加/削除する はてなブックマークに追加
日活ロマンポルノ映画「牝猫たち」 女性限定プレミア先行上映で湯山玲子、浜田敬子がトークイベント開催
 『日本で一番悪い奴ら』で知られる白石和彌監督が手がけた日活ロマンポルノ映画「牝猫たち」が、1月14日(土)より東京・新宿武蔵野館ほか全国で順次ロードショー。先駆けて“性を教養として嗜む”をテーマに開催されている女性限定イベント〈iroha夜の女学院〉と日活ロマンポルノがコラボレートした女性限定プレミア先行上映とトークイベンントが1月9日に東京・月島 ブロードメディアスタジオ試写室にて開催され、著述家 / プロデューサーとして活躍する湯山玲子、週刊誌「AERA」元編集長・浜田敬子が登壇。

 映画「牝猫たち」は、 風俗店に勤務する3人の女性を主役に、ワーキングプア、シングルマザー、不妊症などを抱えながらも、逞しく生きる彼女たちの姿をジャーナリスティックな視点で描いていた一作。

 今回初めてロマンポルノを観たという浜田は「“ロマンポルノ”と聞いていましたが、ポルノっぽくないことに驚きました。ネットカフェ難民や、児童虐待、もぐりのベビーシッターなどなど現代の抱える問題をしっかり取り入れていて、びっくりしました。今っぽい内容がふんだんで、とてもおもしろかったです」とコメント。また湯山は、昨年大ヒットしたTBS系ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』を引き合いに出し「契約結婚という外的なかたちづくりから関係を結ぶ“逃げ恥”に対して、『牝猫たち』は引きこもりの“高田”と主人公の風俗嬢“雅子”は金銭を介在させることで関係を始めることが共通していると思いました。これは昨今の人間関係の構築像を反映させているのではないかと思います」と、本作と人気ドラマの共通点を指摘しました。また、湯山は現代における“ロマンポルノ”の役割について「当時のポルノが男性に都合の良い状況で行われたエロだったように、女性の欲望を吸い上げた作品ができることは自然なことだと思います。それを創れるんだったら、私ロマンポルノの監督やってみたいな、プロデューサーとか(笑)」と発言するなど、約60分に及ぶトークショーは終始なごやかなムードで行なわれました。


©2016 日活

「牝猫たち」
2017年1月14日(土)
東京 新宿武蔵野館ほかで全国ロードショー
nikkatsu-romanporno.com/reboot

[あらすじ]
池袋の風俗店「極楽若奥様」で働く3人の“牝猫たち”。呼び出された男たちと体を重ね、そして、また夜が明ける――。ワーキングプア、シングルマザー、不妊症……。それぞれの悩みを抱えながら、颯爽と現代を生き抜く女たちと、それを取り巻く男たちの物語。

監督 / 脚本: 白石和彌
出演: 井端珠里 / 真上さつき / 美知枝


2016年 / 日本 / 84分 / スコープサイズ / 5.1ch / R18+
配給: 日活
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ザ・ビートルズ『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』50周年記念エディション[特集] 盛り上がる日本のアイリッシュ / ケルト音楽シーン[後編]
[インタビュー] “ポスト何々”の次を求めて――tofubeatsが『FANTASY CLUB』で目指した新たなステージ[インタビュー] 経験と生き方を歌う。ただ、それだけ――MC KHAZZ『SNOWDOWN』
[インタビュー] シンプルに“音楽であること”――KASHIFが徹底して単身で挑んだ処女航海『BlueSongs』[インタビュー] 思い出すのは些細なこと――新しい「美女と野獣」とアラン・メンケン30年の想い
[インタビュー] 曲が意志を持ったように完成していった――ミューならではの“色”に満ちた2年ぶりの新作『ヴィジュアルズ』[インタビュー] 自分にとってなにが気持ちいいのかを見極める3年間――“抜けの良さ”を求めたYOUR SONG IS GOOD『Extended』
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015