ニュース

トルヴェール・クヮルテット、結成30周年を記念するアルバムを発表

トルヴェール・クヮルテット   2017/02/14掲載(Last Update:17/02/23 22:27)
はてなブックマークに追加
 1987年の結成以来、日本のクラシカル・サックス界を常にリードしてきたサクソフォン四重奏団“トルヴェール・クヮルテット”が、結成30周年を記念して2月15日(水)に最新アルバム『ティプシー・チューン』(IMGN-3005 2,500円 + 税)をリリース。

 トルヴェール・クヮルテット(須川展也 ss / 彦坂眞一郎 as / 新井靖志 ts / 田中靖人 brs)は、“個性と融合”をコンセプトに活動するサックス・ソリスト集団。92年〈東京国際音楽コンクール〉第2位、第5回〈日本吹奏楽アカデミー賞〉“演奏部門”を受賞し、2001年発売のCD『マルセル・ミュールに捧ぐ』では第56回〈文化庁芸術祭〉“レコード部門”で大賞を獲得。98年はTV番組「徹子の部屋」へ出演、2000年にはオランダでの日蘭国交修好400年記念演奏会に招かれ各地で絶賛を浴びるなど、ボーダレスに活動しています。

 本作には、昨年9月9日に脳出血のため永眠したメンバー・新井靖志が全曲の収録に参加(録音: 2016年3月23〜25日)。新井編曲の「ドビュッシー: 弦楽四重奏曲」も収められ、各メンバーの思いが詰まったメモリアルな一枚となっています。

■2017年2月15日(水)発売
ティプシー・チューン
IMGN-3005 2,500円 + 税

[収録曲]
01. フォースタン&ジャンジャン: サクソフォン四重奏曲
02. ドビュッシー / 新井靖志編: 弦楽四重奏曲ト短調op.10
03. クレリス: かくれんぼ
04. 長生 淳: ティプシー・チューン

[演奏]
トルヴェール・クヮルテット(須川展也 ss / 彦坂眞一郎 as / 新井靖志 ts / 田中靖人 brs) / 小柳美奈子(p)

[録音]
2016年3月23日〜25日


トルヴェール・クヮルテット
2017年公演日程

2月19日(日)山形テルサ テルサホール
3月14日(火)鳥取 米子市公会堂 大ホール
3月15日(水)広島県民文化センター 多目的ホール
3月16日(木)広島 大崎上島文化センター ホール神峯
3月20日(月・祝)静岡 清水マリナート 大ホール
3月27日(月)兵庫 三木市文化会館 小ホール
5月5日(金・祝)東京 明治大学アカデミーホール
6月17日(土)東京 府中の森芸術劇場 ウィーンホール
7月22日(土)静岡県コンベンションアーツセンター グランシップ 中ホール

※シンフォニエッタ静岡と共演
マルティノン: サクソフォン四重奏と管弦楽のための協奏曲
長生 淳: プライム・クライム・ドライヴ

9月8日(金)神奈川 横浜市戸塚区民文化センター さくらホール
10月7日(土)愛知 名古屋 宗次ホール
10月8日(日) / 9日(月・祝)東京 上野 東京文化会館 小ホール

※30周年記念演奏会2デイズ
10月13日(金)北海道 札幌コンサートホールKitara 小ホール
10月29日(日)山形テルサ
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 屈強でしなやかな東京のヒップホップ――KANDYTOWNのビートメイカー、MIKIがファースト・ソロ・アルバム『137』を発表[インタビュー] より肉体的なものへ――神奈川・逗子を拠点とするHalf Mile Beach Clubが初の単独作を発表
[インタビュー] “続編”ではなく“新作”を作ろう きゃりーぱみゅぱみゅ「きみのみかた」[インタビュー] “俺の不幸で踊ってくれ!”――沖縄出身のラッパー、唾奇が最新作『道-TAO-』をリリース
[特集] [LIVE Report] まっすぐな気持ちを届けてくれる藤田麻衣子の歌[インタビュー] 自分というジャンルをちゃんと作りたい “シンガー・ソングライター”Nao Kawamura初のフル・アルバム『Kvarda』
[インタビュー] 「アワ・マン・イン・トーキョー〜バラッド・オブ・シン・ミヤタ」、宮田 信の仕事とは?[特集] ヘルベルト・フォン・カラヤン生誕110年記念! 数々の名盤が“理想の音”に迫る高音質で登場
[インタビュー] いい歌をたくさん歌って、レコーディングして残したい――フォルテ・ディ・クアトロのセカンド・アルバム『アヴェ・マリア〜CLASSICA』[インタビュー] 決め手は興奮が蘇ってくるかどうか――THOUSAND EYESが放つ“最高傑作”『DAY OF SALVATION』
[インタビュー] “ヤバさ”はこれだ――BES&ISSUGIの自信が浮かび上がる『VIRIDIAN SHOOT』[インタビュー] 小曽根 真 既存の概念を打ち壊すのではなく、共存するイメージで―― ニューヨーク・フィルハーモニックと共演した『ビヨンド・ボーダーズ』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015