ニュース

ジェフ・ベックの半世紀を追ったドキュメンタリー映像作品がギター・フィギュア付きで発売に

2017/12/21 16:02掲載
はてなブックマークに追加
ジェフ・ベックの半世紀を追ったドキュメンタリー映像作品がギター・フィギュア付きで発売に
 1960年代にヤードバーズの一員として音楽シーンに登場して以来、今もなお一線で活躍しているギタリスト、ジェフ・ベック(Jeff Beck)の半世紀を追ったドキュメンタリー映像作品『スティル・オン・ザ・ラン〜ジェフ・ベック・ストーリー』(2DVD + ギター・フィギュア YMBA-10733〜4 9,500円 + 税 / 2Blu-ray + ギター・フィギュア YMXA-10735〜6 10,000円 + 税)が2018年3月7日(水)に発売されます。ジェフ・ベックはもちろん、ジミー・ペイジエリック・クラプトンら多くの関係者が独占インタビューに応じた決定版的内容。日本盤のみ、愛用ギター“テレギブ”のフェンダー公認フィギュアが付く初回限定生産です。

 インタビューに応じているのは、ジェフ・ベック、ジミー・ペイジ、エリック・クラプトンといういわゆる“3大ギタリスト”のほか、ロッド・スチュワートロニー・ウッドデヴィッド・ギルモアスラッシュヤン・ハマー、ジョー・ぺリー、ベス・ハートなど、ジェフ・ベックの長いキャリアのなかで、活動をともにし、時代を分かち合い、影響を与えてきた錚々たるミュージシャンたち。彼らの発言を挟みながら、キャリアを追い、内面を掘り下げ、インスピレーションの源や演奏のテクニック、取り巻く環境などを解き明かしています。

 ジェフ・ベックが日本のファンのために特別に許可したギター・フィギュアは、1974年に当時フェンダー社で働いていたセイモア・ダンカンが製作した世界に一本しかないギター“テレギブ”の1/8スケール。アルバム『ブロウ・バイ・ブロウ』(1975年)収録の「哀しみの恋人たち」で使用されています。究極の1/8ギター・コレクションとして定評のあるTHE GUITAR LEGEND製で、ここでしか入手できないファン垂涎の一品です。

 また、ボーナス・ディスクには、ジェフ・ベックのほか、ジェイソン・リベロ(key)、ヴィニー・カリウタ(ds)、タル・ウィルケンフェルド(b)からなるバンドで出演した、2007年の〈モントルー・ジャズ・フェスティヴァル〉のライヴ音源7曲を収録。このうち「ストレイタス」と「スター・サイクル」の2曲は日本盤にのみ収録されます。

頭で考えるんじゃなく、一人でギターと向き合って感情を注ぎ込みたいんだ
――ジェフ・ベック

唯一無二にして、魔力を放つ。それがジェフ・ベックの編みだしたスタイルだ
――ジミー・ペイジ

ジェフと仕事をするのはいつもワクワクさせられるよ。本当に偉大なミュージシャンだ
――エリック・クラプトン

■2018年3月7日(水)発売
ジェフ・ベック
『スティル・オン・ザ・ラン〜ジェフ・ベック・ストーリー』

2DVD + ギター・フィギュア YMBA-10733〜4 9,500円 + 税
2Blu-ray + ギター・フィギュア YMXA-10735〜6 10,000円 + 税

[ボーナス・ディスク収録曲]
01. エタニティズ・ブレス
02. フリーウェイ・ジャム
03. ストレイタス※
04. ナディア
05. スター・サイクル※
06. レッド・ブーツ
07. 蒼き風
※は日本盤のみ収録
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 一緒に挑戦していきたい――すべてを出すことができるアンサンブル“MIZUTANI×TAIRIKU”[インタビュー] “雑食主義”のフィメール・ラッパー、HITが放つファースト・アルバム『THE HIT』!
[インタビュー] 一音一音の美しさを目指して――本田珠也がICTUS Trioを始動[インタビュー] ジャズ・シンガーとして新たな一歩を踏み出したMoon『Kiss Me』
[インタビュー] ソムリエのように、ピアノ音楽の楽しさを伝える――大井 健が初の映像作品『Piano Love The Movie』を発表[インタビュー] 自分たちも知らない、さらなる可能性を求めて――DaizyStripper「4GET ME NOT」
[インタビュー] スペシャルインタビュー 坂本慎太郎[インタビュー] 飼い慣らされない女たち――キノコホテル創業10周年 マリアンヌ東雲が2017年を振り返る
[インタビュー] 静的でありながら“不穏の予感”それでいて“快楽そのもの” ギリシャラブ・天川悠雅が目指す、理想の音楽[インタビュー] 西恵利香、2018年へ “いつでもそこで歌ってる人でありたい”
[インタビュー] サクソフォン奏者として、新たにバッハの音楽に息を吹き込む――上野耕平が挑むJ.S.バッハの無伴奏作品集[インタビュー] ビッグバンドは一生もの!――守屋純子がジャズ100周年を祝う「The 100th Anniversary of Jazz: Legends of Yesterday and Today」
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015