ニュース

ハービー・ハンコックの新作は大物ゲスト盛りだくさん!

2005/08/05掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
ハービー・ハンコックの新作は大物ゲスト盛りだくさん!
 この夏の日本公演が話題のジャズ・ピアニスト、ハービー・ハンコックが新作『Possibilities』(US盤・8/30リリース予定・写真)を発表します。注目すべきは、よくぞ集まったと拍手喝采したくなるオールスター・ゲストの参加。ジャンル、レーベル、国境の壁を超えて、ハンコックが求める“可能性”をとことん追求した作品となっております。

 思えば“マイルス・スクール”卒業以来、ハンコックはプロデューサー的手腕をセッセと磨き続け、世間をアッと驚かすような企画モノを連発してきましたよね。ヘッドハンターズしかり、『ニュー・スタンダード』しかり、V.S.O.P.しかり、東京JAZZしかり……といった感じで。そしてこの新作もその流れの延長線上にあるもの。ホスト役のハンコックがゲスト陣とどう渡りあっているのか、気になるところです。この旺盛な好奇心とアイディアを武器に時代と向き合うこの姿勢には、まったく頭が下がります。

 今作で個人的に注目したいのはスティングの参加。『ナッシング・ライク・ザ・サン』(87年)に収録の「シスター・ムーン」を歌ってます。原曲のピアノは今は亡きケニー・カークランドだったのですが、ハンコックはどんな風に弾いてるんでしょうかね? アイディア勝負のハンコックのことですから、変化球的アレンジを期待します。

●ハービー・ハンコック『Possibilities』
 (US盤・8/30リリース予定 *曲順は変更されることがあります)

1. Stitched Up featuring ジョン・メイヤー
2. Safiatou featuring サンタナアンジェリーク・キジョー
3. A Song For You featuring クリスティーナ・アギレラ
4. I Do It For Your Love featuring ポール・サイモン
5. Hush, Hush, Hush featuring アニー・レノックス
6. Sister Moon featuring スティング
7. When Love Comes To Town featuring ジョニー・ラングジョス・ストーン
8. Don't Explain featuring ダミアン・ライス&リサ・ハニガン
9. I Just Called To Say I Love You featuring ラウル・ミドン (also featuring スティーヴィー・ワンダー on harmonica)
10. Gelo No Montana featuring トレイ・アナスタシオ(元フィッシュ
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] アイドルやめた――“渋谷系ガールズロックユニット”に転身したCANDY GO!GO!のリアル[インタビュー] KANDYTOWNの新たな方向性も感じさせるソロ・アルバム、MUD『Make U Dirty』
[インタビュー] 音楽にとどまらない、発想としての面白さ――ジェフ・パーカーがゆっくり語る『The New Breed』[インタビュー] 良い意味で遠回りをしてきた――20周年を前に、韻シストが開けた次への扉
[インタビュー] 過去を否定せず、未来を大切にする 渡瀬マキが語る“Fresh”なLINDBERG[インタビュー] トロピカルハウスを取り入れても、最後は自分たちの曲になる ココロオークションの自信と革新性
[インタビュー] ファースト・キスは1回しかないのがいい メンバーの“リアル”を大声で歌うロック・バンド、The MANJI[インタビュー] “熱さ”が戻ってきた――ユニットとしての自覚が芽生えた“今のChu-Z”
[インタビュー] 便利で何でも手に入る時代だからこそ必要なこと――須永辰緒が導くジャズ最前線[インタビュー] ふっと飛び込んでくるワンフレーズ “現場の音楽”HIT『Be!!』
[インタビュー] 深くて豊かな音楽を目指した“名盤” 石橋 凌『may Burn!』[インタビュー] 私は変わり続ける。それは“出会い”を意味しているから――コリーヌ・ベイリー・レイ
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015