ニュース

バイエルン国立歌劇場の高画質無料ライブストリーミングで『アンドレア・シェニエ』配信 カウフマン&ハルテロス主演

ヨナス・カウフマン(Jonas Kaufmann)   2017/03/16 13:49掲載
はてなブックマークに追加
バイエルン国立歌劇場の高画質無料ライブストリーミングで『アンドレア・シェニエ』配信 カウフマン&ハルテロス主演
 ドイツを代表する歌劇場のひとつ、バイエルン国立歌劇場による高画質の無料ライブストリーミング・メディア「STAATSOPER.TV」が、今シーズンの第1回目となる『アンドレア・シェニエ』(新演出 / 英語字幕)を3月19日(日)19:00より配信

 バイエルン国立歌劇場が、上演するオペラから厳選された作品をライブで配信する「STAATSOPER.TV」。2016 / 17シーズンは、新演出のオペラ2作品を本国配信の翌日19:00より、日本を含むアジアに向けても特別に配信。その第1回が、ヴェリズモ・オペラの傑作『アンドレア・シェニエ』(新演出)です。

 本公演は、指揮をイスラエル出身の気鋭オメール・メイア・ヴェルバー(Omer Meir Wellber)が、演出を『ゲーテの恋〜君に捧ぐ「若きウェルテルの悩み」〜』『アイガー北壁』などの映画監督として知られるフィリップ・シュテルツェル(Philipp Stölzl)が務めます。タイトルロールは、2015年にロイヤル・オペラ・ハウスでロール・デビューの折にその情熱的な歌声で絶賛を博したヨナス・カウフマン(Jonas Kaufmann)、ヒロインのマッダレーナはアニヤ・ハルテロス(Anja Harteros)。

 なお「STAATSOPER.TV」では、7月に音楽総監督キリル・ペトレンコ(Kirill Petrenko)指揮による『タンホイザー』(新演出)を配信予定。



ジョルダーノ『アンドレア・シェニエ』(新演出)

2017年3月19日(日)
19:00〜
www.staatsoper.de/tv-asia
※現地開催3月18日(土)
※英語字幕
※配信当日にURLにてご覧いただけます。


演出: フィリップ・シュテルツェル
指揮: オメール・メイア・ヴェルバー
出演: ヨナス・カウフマン(アンドレア・シェニエ) / アニヤ・ハルテロス(マッダレーナ) / ルカ・サルシ(カルロ・ジェラール) / ジェイナイ・ブリッジズ(ベルシ) / ドリス・ゾッフェル(コワニー伯爵夫人) / エレナ・ジーリョ(マデロン) / アンドレア・ボルギーニ(ルーシェ) ほか
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] アイドルやめた――“渋谷系ガールズロックユニット”に転身したCANDY GO!GO!のリアル[インタビュー] KANDYTOWNの新たな方向性も感じさせるソロ・アルバム、MUD『Make U Dirty』
[インタビュー] 音楽にとどまらない、発想としての面白さ――ジェフ・パーカーがゆっくり語る『The New Breed』[インタビュー] 良い意味で遠回りをしてきた――20周年を前に、韻シストが開けた次への扉
[インタビュー] 過去を否定せず、未来を大切にする 渡瀬マキが語る“Fresh”なLINDBERG[インタビュー] トロピカルハウスを取り入れても、最後は自分たちの曲になる ココロオークションの自信と革新性
[インタビュー] ファースト・キスは1回しかないのがいい メンバーの“リアル”を大声で歌うロック・バンド、The MANJI[インタビュー] “熱さ”が戻ってきた――ユニットとしての自覚が芽生えた“今のChu-Z”
[インタビュー] 便利で何でも手に入る時代だからこそ必要なこと――須永辰緒が導くジャズ最前線[インタビュー] ふっと飛び込んでくるワンフレーズ “現場の音楽”HIT『Be!!』
[インタビュー] 深くて豊かな音楽を目指した“名盤” 石橋 凌『may Burn!』[インタビュー] 私は変わり続ける。それは“出会い”を意味しているから――コリーヌ・ベイリー・レイ
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015