ニュース

ニルス・フラーム、ベルリンの新設スタジオで制作したアルバム『オール・メロディー』を発表

Nils Frahm   2017/11/15 12:25掲載
はてなブックマークに追加
ニルス・フラーム、ベルリンの新設スタジオで制作したアルバム『オール・メロディー』を発表
 ポスト・クラシカル・シーンを代表するアーティストのひとり、ニルス・フラーム(Nils Frahm)が約4年ぶりのスタジオ・レコーディング・アルバム『オール・メロディー』(AMIP-0126 2,400円 + 税)を、2018年1月26日(金)にリリース。

 ニルス・フラームは、独ベルリンに自らのスタジオを新設。2年にわたって同所で思う存分アイディアを試し、自由に発想を広げていった末に完成したという今作には、彼が主に演奏するピアノのほか、シンセサイザー、ハーモニウム、パイプオルガン、竹製の楽器、ヴォーカルからなる音楽が収められています。

 アルバムのリリースと前後して、すでにチケットがソールド・アウトとなっている1月22日(月)から4日間にわたるベルリン公演を皮切りに、大規模なツアーが予定されています。

完成までの過程で、どのようなアルバムにおいても何を作り上げたという事だけでなく、もっと重要なことだと思えるのは何ができなかったかを明らかにすることだ。『オール・メロディー』には時間の経過とともに非常に多くのイメージがあり、以前にもずっとたくさんありましたが、私がそれらを制作しようとした事はこれまでありません。いままで見た事も聴いた事もない、少女や少年たちによる人の声を伴った美しいドラムを聴きたかった。彼らはまさにこの世界で歌を唄い、別の場所から来たかのように聴こえるでしょう。私は『オール・メロディー』を演奏するハーモニウムのような音を奏でるシンセサイザーを聴き、それらはシンセサイザーのようなハーモニウムの音色と共に混ざり合います。私のパイプオルガンはドラムマシンとなり、私のドラムマシンは、息づかいを感じさせるフルートによるオーケストラのように聴こえるでしょう。ピアノはまさに声へと変わり、声は共鳴するストリングスとなります。私自身の中で聴いている音楽はけっしてレコードとして完成しないでしょう。それは自分のためにしか演奏することができないと思えるのです。このレコードには私が思いついたものを収録し、私が想像できる最良の方法で導き出した音楽について表現しています。
――2017年10月 ニルス・フラーム



■2018年1月26日(金)発売
ニルス・フラーム
『オール・メロディー』

AMIP-0126 2,400円 + 税

[収録曲]
01. The Whole Universe Wants To Be Touched
02. Sunson
03. A Place
04. My Friend The Forest
05. Human Range
06. Forever Changeless
07. All Melody
08. #2
09. Momentum
10. Fundamental Values
11. Kaleidoscope
12. Harm Hymn
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] とにかく一緒に制作するのが楽しい――“馴染んだ”PUSHIM×韻シスト『TO THE NEXT』[インタビュー] 一緒に挑戦していきたい――すべてを出すことができるアンサンブル“MIZUTANI×TAIRIKU”
[インタビュー] “雑食主義”のフィメール・ラッパー、HITが放つファースト・アルバム『THE HIT』![インタビュー] 一音一音の美しさを目指して――本田珠也がICTUS Trioを始動
[インタビュー] ジャズ・シンガーとして新たな一歩を踏み出したMoon『Kiss Me』[インタビュー] ソムリエのように、ピアノ音楽の楽しさを伝える――大井 健が初の映像作品『Piano Love The Movie』を発表
[インタビュー] 自分たちも知らない、さらなる可能性を求めて――DaizyStripper「4GET ME NOT」[インタビュー] スペシャルインタビュー 坂本慎太郎
[インタビュー] 飼い慣らされない女たち――キノコホテル創業10周年 マリアンヌ東雲が2017年を振り返る[インタビュー] 静的でありながら“不穏の予感”それでいて“快楽そのもの” ギリシャラブ・天川悠雅が目指す、理想の音楽
[インタビュー] 西恵利香、2018年へ “いつでもそこで歌ってる人でありたい”[インタビュー] サクソフォン奏者として、新たにバッハの音楽に息を吹き込む――上野耕平が挑むJ.S.バッハの無伴奏作品集
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015