ニュース

サラ・エリザベス・チャールズ、クリスチャン・スコットがプロデュースを手がけた新作をリリース

サラ・エリザベス・チャールズ   2017/10/18 12:16掲載
はてなブックマークに追加
 ジャズ、ネオソウル、インディ・ロック、R&B、エクスペリメンタルなどの要素が混在するクール&メロウなヴォーカル・スタイルで注目されるシンガー、サラ・エリザベス・チャールズ(Sarah Elizabeth Charles)が、10月18日(水)に3rdアルバム『フリー・オブ・フォーム』(RPOZ-10035 2,400円 + 税)をリリース。プロデュースは現代ジャズ・シーンを牽引するトランペット奏者、クリスチャン・スコットが担当。

 サラ・エリザベス・チャールズは米マサチューセッツ出身。ニューヨークへ移り住んだ後にニュースクール音楽大学で学び、2013年に『Red』でデビュー。続いて2015年に2ndアルバム『インナー・ダイアログ』を発表。このアルバムは、共同プロデューサーとしてクリスティアン・スコット、ゲストにカミラ・メサやジェシ・フィッシャーらを迎え、R&Bやジャズが混じりあった、よりモダンなサウンドに変貌を遂げました。以降もスコットのプロジェクトに参加しながら存在感を高め、2017年には米「ダウンビート」誌“Rising Female Vocalist”にも選出されています。

 『フリー・オブ・フォーム』にはジェシ・エルダー(key)、バーニス・アール・トラヴィス2世(b)、ジョン・デイヴィス(ds)が前作に引き続き参加。日本盤には、クランベリーズゾンビ」のカヴァーのア・カペラ・ヴァージョンがボーナス・トラックとして追加収録されています。



■2017年10月18日(水)発売
サラ・エリザベス・チャールズ
フリー・オブ・フォーム

RPOZ-10035 2,400円 + 税

[収録曲]
01.パァーヴュー(feat.クリスチャン・スコット)
02.フリー・オブ・フォーム(feat.クリスチャン・スコット)
03.マーチ・トゥ・レヴォルーションPART II(feat.クリスチャン・スコット)
04.トーラー
05.ラーン・ハウ・トゥ・ラヴ
06.チェンジ・トゥ・カム(feat.クリスチャン・スコット)
07.スィンカー
08.ゾンビ
09.アイ・ウィル・ウェイト
10.ザ・フォールド
11.アナザー・クラウディ・メモリー
12.ザ・ストラッグル
13.ゾンビ(ア・カペラ・ヴァージョン)

[演奏]
サラ・エリザベス・チャールズ(vo)
ジェシ・エルダー(p, keys, rhodes)
バーニス・アール・トラヴィス2世(b)
ジョン・デイヴィス(ds)

クリスティアン・スコット(tp on1〜3,6)
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] とにかく一緒に制作するのが楽しい――“馴染んだ”PUSHIM×韻シスト『TO THE NEXT』[インタビュー] 一緒に挑戦していきたい――すべてを出すことができるアンサンブル“MIZUTANI×TAIRIKU”
[インタビュー] “雑食主義”のフィメール・ラッパー、HITが放つファースト・アルバム『THE HIT』![インタビュー] 一音一音の美しさを目指して――本田珠也がICTUS Trioを始動
[インタビュー] ジャズ・シンガーとして新たな一歩を踏み出したMoon『Kiss Me』[インタビュー] ソムリエのように、ピアノ音楽の楽しさを伝える――大井 健が初の映像作品『Piano Love The Movie』を発表
[インタビュー] 自分たちも知らない、さらなる可能性を求めて――DaizyStripper「4GET ME NOT」[インタビュー] スペシャルインタビュー 坂本慎太郎
[インタビュー] 飼い慣らされない女たち――キノコホテル創業10周年 マリアンヌ東雲が2017年を振り返る[インタビュー] 静的でありながら“不穏の予感”それでいて“快楽そのもの” ギリシャラブ・天川悠雅が目指す、理想の音楽
[インタビュー] 西恵利香、2018年へ “いつでもそこで歌ってる人でありたい”[インタビュー] サクソフォン奏者として、新たにバッハの音楽に息を吹き込む――上野耕平が挑むJ.S.バッハの無伴奏作品集
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015