ニュース

手塚治虫が書斎で聴いていたレコード音源を集めたCDがリリース

手塚治虫   2008/10/17 14:25掲載
はてなブックマークに追加
 手塚治虫が書斎で聴いていたレコードの音を再現し、一枚にコンパイルされたCD『手塚治虫 その愛した音楽』(RZCM-46040 税込3,360円)が11月5日にリリースされます。

 手塚治虫は、作品に合わせたレコードを聴きながら創作をしていたと言われています。彼が所蔵していた200枚近いレコードの中から選曲された8曲が当時の原盤音源のまま収録されたCDが本作です。収録曲は、ベニー・グッドマン/ボストン・シンフォニー四重奏団「モーツァルト:クラリネット五重奏曲イ長調 K581より 第1楽章アレグロ」、ピエール・モントゥー指揮ロンドン交響楽団「ストラヴィンスキー:バレエ音楽〈火の鳥〉より《カスチェイ王の魔の踊り》」など。ブックレットには、書斎に遺された所蔵レコード200枚のリストや写真だけでなく、音楽に対するエッセイ「ぼくとチャイコフスキー」、手塚治虫と音楽の関わりを語る冨田勲藤子不二雄Aらのインタビューなどが掲載。また、特別付録として、60年代に流行したアトムのメンコをパロディ復刻したもの(デザインは2パターン)が封入されます。この機会に、手塚作品のアイディアの源となった音楽を楽しみましょう!


※11月5日発売
『手塚治虫 その愛した音楽』
(RZCM-46040 税込3,360円)
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] もう変わる必要はないし、これをずっとやっていけばいい “時代を逆走する”小林太郎の決意と信念[インタビュー] 原動力は愛、すべてのものへの愛――般若『話半分』
[インタビュー] 限りあるこの日々を追い続けよう――伝説のアイドル、セイントフォー再始動[インタビュー] “生き様が音楽に現れる。だからこそどう生きるかが重要”――デビュー30周年を迎えた寺井尚子
[インタビュー] “シンガー・ソングライターとして”前に進むための一歩、山森大輔『銀のピストル』[インタビュー] 踊Foot Worksみたいなヤツ、いなくない? 自由奔放な音楽の魅力が詰まった『odd foot works』
[インタビュー] 屈強でしなやかな東京のヒップホップ――KANDYTOWNのビートメイカー、MIKIがファースト・ソロ・アルバム『137』を発表[インタビュー] より肉体的なものへ――神奈川・逗子を拠点とするHalf Mile Beach Clubが初の単独作を発表
[インタビュー] “続編”ではなく“新作”を作ろう きゃりーぱみゅぱみゅ「きみのみかた」[インタビュー] “俺の不幸で踊ってくれ!”――沖縄出身のラッパー、唾奇が最新作『道-TAO-』をリリース
[特集] [LIVE Report] まっすぐな気持ちを届けてくれる藤田麻衣子の歌[インタビュー] 自分というジャンルをちゃんと作りたい “シンガー・ソングライター”Nao Kawamura初のフル・アルバム『Kvarda』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015