ニュース

手塚治虫が書斎で聴いていたレコード音源を集めたCDがリリース

手塚治虫   2008/10/17 14:25掲載
はてなブックマークに追加
 手塚治虫が書斎で聴いていたレコードの音を再現し、一枚にコンパイルされたCD『手塚治虫 その愛した音楽』(RZCM-46040 税込3,360円)が11月5日にリリースされます。

 手塚治虫は、作品に合わせたレコードを聴きながら創作をしていたと言われています。彼が所蔵していた200枚近いレコードの中から選曲された8曲が当時の原盤音源のまま収録されたCDが本作です。収録曲は、ベニー・グッドマン/ボストン・シンフォニー四重奏団「モーツァルト:クラリネット五重奏曲イ長調 K581より 第1楽章アレグロ」、ピエール・モントゥー指揮ロンドン交響楽団「ストラヴィンスキー:バレエ音楽〈火の鳥〉より《カスチェイ王の魔の踊り》」など。ブックレットには、書斎に遺された所蔵レコード200枚のリストや写真だけでなく、音楽に対するエッセイ「ぼくとチャイコフスキー」、手塚治虫と音楽の関わりを語る冨田勲藤子不二雄Aらのインタビューなどが掲載。また、特別付録として、60年代に流行したアトムのメンコをパロディ復刻したもの(デザインは2パターン)が封入されます。この機会に、手塚作品のアイディアの源となった音楽を楽しみましょう!


※11月5日発売
『手塚治虫 その愛した音楽』
(RZCM-46040 税込3,360円)
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] スペシャルインタビュー 坂本慎太郎[インタビュー] 飼い慣らされない女たち――キノコホテル創業10周年 マリアンヌ東雲が2017年を振り返る
[インタビュー] 静的でありながら“不穏の予感”それでいて“快楽そのもの” ギリシャラブ・天川悠雅が目指す、理想の音楽[インタビュー] 西恵利香、2018年へ “いつでもそこで歌ってる人でありたい”
[インタビュー] サクソフォン奏者として、新たにバッハの音楽に息を吹き込む――上野耕平が挑むJ.S.バッハの無伴奏作品集[インタビュー] ビッグバンドは一生もの!――守屋純子がジャズ100周年を祝う「The 100th Anniversary of Jazz: Legends of Yesterday and Today」
[インタビュー] 新しい風が吹いている――吉田ヨウヘイgroupが『ar』で目指したバンド・サウンド[インタビュー] 好きなことや大事にしていることを信じて人生を謳歌しよう ベッド・イン『TOKYO』
[インタビュー] 優しく奏でる篠笛で、安らぎにあふれた時間を――佐藤和哉が妹尾武と紡ぐ初のカヴァー・アルバム[インタビュー] 常に上だけ見ていたい ゆるふわギャング“NENE”初のソロ・アルバムを発表
[インタビュー] 歌声で本当の気持ちを伝えられれば一番いい 桐嶋ノドカ「言葉にしたくてできない言葉を」[インタビュー] 月と対峙してきた人々の想いや営みを、ヴァイオリンの響きで――川井郁子、7年ぶりのオリジナル・アルバム『LUNA』
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015