ニュース

ヤング・マーブル・ジャイアンツ、27年ぶりのライヴを5月に開催

ヤング・マーブル・ジャイアンツ(YOUNG MARBLE GIANTS)   2007/04/20掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
MyCDJ お気に入りリストに「」を追加/削除する はてなブックマークに追加
 唯一のオリジナル・アルバム『コローサル・ユース』(写真)がネオアコやニューウェイヴを代表する名作のひとつとして評価されている、ヤング・マーブル・ジャイアンツの再結成ライヴが計画されている模様。メンバーがステージを共にするのは80年のラスト・ライヴ以来、約27年ぶりとなります。

 これは、英国のBBC Walesが報じているもので、英ウエールズにある古書の街ヘイ・オン・ワイにて5月に行なわれる文学の祭典“ヘイ・フェスティバル(the Hay Festival)”への出演が予定されているようです。同フェス・サイトに掲載されている出演予定リストによれば、ヤング・マーブル・ジャイアンツの出演は5月27日の20時30分からとなっています。

 オリジナル・メンバーのアリソン・スタットンと、スチュワート&フィリップのモックスハム兄弟は、すでに2004年のBBC Radio Walesのスペシャル番組にて再集結を果たしてはいますが、ステージをともにするのは、解散の前年に行なわれた80年のアメリカ・ツアー以来のこと。まだ変更となる可能性は残っていますが、貴重な一瞬を見逃さないためにも、ここは思いきって渡英してみてはいかがでしょうか?
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] どんどん面倒臭い人間になって――グッドガールに別れを告げたテンテンコの目覚め[インタビュー] 虹のコンキスタドールがメジャー・デビュー! 赤組メンバーを徹底紹介
[インタビュー] やりたいのは“フェチじゃない”こと――ENDON『THROUGH THE MIRROR』に映るもの[インタビュー] 音楽に対してハングリーであるということ FEBB AS YOUNG MASON
[インタビュー] トロピカル・ミュージックの世界をあらゆる深度で探求する――ウィル・ホランド(クァンティック)がオンダトロピカ『Baile Bucanero』で目指したもの[インタビュー] どこかで“つながっている”3人 ゆるふわギャングが描く、未来の自分たち
[インタビュー] お箏ほどしっくりくる楽器はない――筝曲界の新星LEO、箏の可能性を追求するデビュー・アルバム[インタビュー] 今まででいちばん“物語”だけど、いちばん“自分”だと言える 吉澤嘉代子『屋根裏獣』
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015