リサーチ

キムタクが出ているGATSBYのCM曲は?

2006/08/18掲載
はてなブックマークに追加
 木村拓哉が出演している、マンダム「GATSBY」のCM曲は有名な曲のカヴァーですよね? オリジナルについて教えてください。
 SMAP木村拓哉を新たに起用し、最近オンエアがはじまったマンダム「GATSBY」の新ワックス“ムービングラバー”の発売告知CM。このCMで使用されている曲は、スタイリスティックスの「Can't Give You Anything(But My Love)」(邦題「愛がすべて」)のCMオリジナル・ヴァージョンになります。“I can't give you anything〜”というフレーズの、“anything〜”以降を“GATSBY”に変えて歌ったものです。

 黒人コーラス・グループとして70年代に大きな人気を誇り、名曲も多いスタイリスティックスですが、この曲は彼らの最も有名な代表曲と言えるでしょう。ファルセットが実に印象的なナンバーで、ディスコ・クラシックとしても定着しています。『〈COLEZO!TWIN〉スタイリスティックス』(写真)をはじめ、彼らのベスト・アルバムには必ずと言っていいほど収録されていますので、気になった方はぜひチェックを。

<余談その一>
 グッチ裕三モト冬樹によるビジー・フォー・スペシャルがこの曲をレパートリーとしており、グッチはものまね番組などで、あのファルセットを見事に歌いこなしていました。そのインパクトが強い方もいらっしゃるのでは?

<余談その二>
 先日のSUMMER SONIC 06にはGATSBYがスポンサーに付いており、“Marine Stage”のインターバルではこのCMが何度もスクリーンに登場。思わずメロディを口ずさんでしまった方もいますよね?

■CMの視聴も可能なGATSBYのサイトはコチラ
※ 記事は掲載日時点での情報をもとに書かれています。掲載後に生じた動向、および判明した事柄等は反映しておりません。ご了承ください。
全メディア/タイプ 最新リサーチ
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ノリとヴァイブスだけで作った音楽を“ヒップホップ”としてパッケージ化する GRADIS NICE & YOUNG MAS(Febb)[インタビュー] 密接な関係性ありきの音楽 MIKUMARI×OWL BEATS『FINEMALT NO.7』
[インタビュー] (想像以上に)挙動不審!? 廣瀬真理子が総勢22人の“ドリアンな奴ら”を率いてアルバムをリリース[インタビュー] 「知らない土地で出会う風景や人から音楽が生まれる」 ――ピアニスト、ジェイコブ・コーラーが描くシネマティックな世界
[インタビュー] 上原ひろみが驚異のハープ奏者エドマール・カスタネーダとのデュオ・プロジェクトを始動[インタビュー] “いいっすよ”から17年――サイプレス上野とロベルト吉野、ミニ・アルバム『大海賊』でメジャー・デビュー
[インタビュー] “今この時”を、考える――中村雅俊が「どこへ時が流れても / まだ僕にできることがあるだろう」に込めた同世代へのメッセージ[インタビュー] “何があっても”楽しく生きるんだという覚悟 真心ブラザーズ『FLOW ON THE CLOUD』
[インタビュー] サクソフォン四重奏を知らないかたにも素晴らしさを伝えたい――The Rev Saxophone Quartetが追求する伝統とオリジナリティ[インタビュー] ヒグチアイが目指す歌は、おしゃれじゃないけど“大切にしてきたもの”
[インタビュー] 若いリスナーにも良い音楽を届けたい――MASATOとMinnesotahが語る『KANDYTOWN LIFE presents “Land of 1000 Classics”』[インタビュー] Less Than TV25周年 大石規湖監督が記録した“ある家族”の日常、ドキュメンタリー映画「MOTHER FUCKER」
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015