リサーチ

AneCanのCMで押切もえが歌っている(ように見える)のは?

押切もえ   2008/03/10掲載
MyCDJ お気に入りリストに「」を追加/削除する はてなブックマークに追加
 AneCanの1周年記念CMで、押切もえさんが男性の声で歌っているように見えるのは何という曲でしょうか。
 まもなく迎える創刊1周年を記念して制作されたAneCanのCMですね。微笑む押切もえが突然男性の声で歌いだし(しかもノリノリ)、ビクッとされたファンの男性諸氏も多いのでは。彼女が歌っている(ように見える)のは、50〜60年代に活躍したニューオリンズ出身の歌手Chris Kenner(クリス・ケナー)「the Land Of 1000 Dances」が原曲。一昨年惜しくも亡くなったウィルソン・ピケットウォーカー・ブラザースによるカヴァーが特に有名です。また、ベンチャーズもレパートリーのひとつにしていたほか、日本ではザ・スパイダースザ・タイガースといったGSバンド、ザ・ピーナッツなどにカヴァーされ、「ダンス天国」の邦題で大ヒットしました。CMではCMオリジナルのものが使用されているとのこと。

 AneCan公式サイトではCMのほか、撮影のメイキング映像まで見ることができます。口パクが全く不自然に見えないのは、NHK「英語でしゃべらナイト」で鍛えられている押切もえならでは。さすがですね。(写真はウィルソン・ピケット『エキサイティング・ウィルソン・ピケット』)

■AneCan official site
http://www.anecan.tv/index.html
※ 記事は掲載日時点での情報をもとに書かれています。掲載後に生じた動向、および判明した事柄等は反映しておりません。ご了承ください。
全メディア/タイプ 最新リサーチ
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “好きだ!”という気持ちをぶつける対象があるだけで、人生はとても豊かになる――寺嶋由芙が目指す“ゆるドル”とは[インタビュー] 政府は飢えを武器にして人々を統制している――ケン・ローチ監督が語る「わたしは、ダニエル・ブレイク」
[特集] ジェイソン・モランに死角なし――「スガダイローとJASON MORANと東京と京都」[インタビュー] わたし自身が大好きな曲ばかり――寺下真理子『ロマンス』は様々な形の“愛”に因んだ作品
[インタビュー] クラシックの名曲を鼻歌のように――渋さ知らズが世界最古のアシッド・ミュージックに挑んだ『渋樹』[インタビュー] すでに“魂”は失われてしまった――チュス・グティエレス監督自身が語る「サクロモンテの丘〜ロマの洞窟フラメンコ」
[インタビュー] なんかいいのできた! どう? “Diggy-MO’ならでは”と“いい曲”の理想的なバランス『BEWITCHED』[インタビュー] “呼吸”こそ歌――双子ソプラノ・デュオ、山田姉妹が歌う昭和の名曲たち
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015