リサーチ

AneCanのCMで押切もえが歌っている(ように見える)のは?

押切もえ   2008/03/10掲載
はてなブックマークに追加
 AneCanの1周年記念CMで、押切もえさんが男性の声で歌っているように見えるのは何という曲でしょうか。
 まもなく迎える創刊1周年を記念して制作されたAneCanのCMですね。微笑む押切もえが突然男性の声で歌いだし(しかもノリノリ)、ビクッとされたファンの男性諸氏も多いのでは。彼女が歌っている(ように見える)のは、50〜60年代に活躍したニューオリンズ出身の歌手Chris Kenner(クリス・ケナー)「the Land Of 1000 Dances」が原曲。一昨年惜しくも亡くなったウィルソン・ピケットウォーカー・ブラザースによるカヴァーが特に有名です。また、ベンチャーズもレパートリーのひとつにしていたほか、日本ではザ・スパイダースザ・タイガースといったGSバンド、ザ・ピーナッツなどにカヴァーされ、「ダンス天国」の邦題で大ヒットしました。CMではCMオリジナルのものが使用されているとのこと。

 AneCan公式サイトではCMのほか、撮影のメイキング映像まで見ることができます。口パクが全く不自然に見えないのは、NHK「英語でしゃべらナイト」で鍛えられている押切もえならでは。さすがですね。(写真はウィルソン・ピケット『エキサイティング・ウィルソン・ピケット』)

■AneCan official site
http://www.anecan.tv/index.html
※ 記事は掲載日時点での情報をもとに書かれています。掲載後に生じた動向、および判明した事柄等は反映しておりません。ご了承ください。
全メディア/タイプ 最新リサーチ
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] アイドルやめた――“渋谷系ガールズロックユニット”に転身したCANDY GO!GO!のリアル[インタビュー] KANDYTOWNの新たな方向性も感じさせるソロ・アルバム、MUD『Make U Dirty』
[インタビュー] 音楽にとどまらない、発想としての面白さ――ジェフ・パーカーがゆっくり語る『The New Breed』[インタビュー] 良い意味で遠回りをしてきた――20周年を前に、韻シストが開けた次への扉
[インタビュー] 過去を否定せず、未来を大切にする 渡瀬マキが語る“Fresh”なLINDBERG[インタビュー] トロピカルハウスを取り入れても、最後は自分たちの曲になる ココロオークションの自信と革新性
[インタビュー] ファースト・キスは1回しかないのがいい メンバーの“リアル”を大声で歌うロック・バンド、The MANJI[インタビュー] “熱さ”が戻ってきた――ユニットとしての自覚が芽生えた“今のChu-Z”
[インタビュー] 便利で何でも手に入る時代だからこそ必要なこと――須永辰緒が導くジャズ最前線[インタビュー] ふっと飛び込んでくるワンフレーズ “現場の音楽”HIT『Be!!』
[インタビュー] 深くて豊かな音楽を目指した“名盤” 石橋 凌『may Burn!』[インタビュー] 私は変わり続ける。それは“出会い”を意味しているから――コリーヌ・ベイリー・レイ
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015