リサーチ

AneCanのCMで押切もえが歌っている(ように見える)のは?

押切もえ   2008/03/10掲載
はてなブックマークに追加
 AneCanの1周年記念CMで、押切もえさんが男性の声で歌っているように見えるのは何という曲でしょうか。
 まもなく迎える創刊1周年を記念して制作されたAneCanのCMですね。微笑む押切もえが突然男性の声で歌いだし(しかもノリノリ)、ビクッとされたファンの男性諸氏も多いのでは。彼女が歌っている(ように見える)のは、50〜60年代に活躍したニューオリンズ出身の歌手Chris Kenner(クリス・ケナー)「the Land Of 1000 Dances」が原曲。一昨年惜しくも亡くなったウィルソン・ピケットウォーカー・ブラザースによるカヴァーが特に有名です。また、ベンチャーズもレパートリーのひとつにしていたほか、日本ではザ・スパイダースザ・タイガースといったGSバンド、ザ・ピーナッツなどにカヴァーされ、「ダンス天国」の邦題で大ヒットしました。CMではCMオリジナルのものが使用されているとのこと。

 AneCan公式サイトではCMのほか、撮影のメイキング映像まで見ることができます。口パクが全く不自然に見えないのは、NHK「英語でしゃべらナイト」で鍛えられている押切もえならでは。さすがですね。(写真はウィルソン・ピケット『エキサイティング・ウィルソン・ピケット』)

■AneCan official site
http://www.anecan.tv/index.html
※ 記事は掲載日時点での情報をもとに書かれています。掲載後に生じた動向、および判明した事柄等は反映しておりません。ご了承ください。
全メディア/タイプ 最新リサーチ
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 角銅真実&西田修大が語る石若 駿『Songbook2』[特集] [LIVE Report] 愛され続けるシンガー・ソングライター藤田麻衣子のオール『緋色の欠片』曲によるスペシャル・ライヴ!
[インタビュー] 秋本帆華が語るチームしゃちほこの“これまで”と“これから”[インタビュー] 原点回帰を経て再確認した“本気”の在り所 加藤和樹『SPICY BOX』
[インタビュー] “世界の先端で戦うということ” BIGYUKI『リーチング・フォー・ケイローン』[インタビュー] 音楽の“過去と未来”とを想像力でつないでみせる歌 高田 漣『ナイトライダーズ・ブルース』
[インタビュー] 永遠に愛される曲を目指して――サラ・オレインが真価を発揮した『Cinema Music』[インタビュー] ノリとヴァイブスだけで作った音楽を“ヒップホップ”としてパッケージ化する GRADIS NICE & YOUNG MAS(Febb)
[インタビュー] 密接な関係性ありきの音楽 MIKUMARI×OWL BEATS『FINEMALT NO.7』[インタビュー] (想像以上に)挙動不審!? 廣瀬真理子が総勢22人の“ドリアンな奴ら”を率いてアルバムをリリース
[インタビュー] 「知らない土地で出会う風景や人から音楽が生まれる」 ――ピアニスト、ジェイコブ・コーラーが描くシネマティックな世界[インタビュー] 上原ひろみが驚異のハープ奏者エドマール・カスタネーダとのデュオ・プロジェクトを始動
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015