リサーチ

映画「女と男の観覧車」の予告編で流れる曲は?

ジョー・スタッフォード(Jo Stafford)   2018/05/16掲載
はてなブックマークに追加
映画「女と男の観覧車」の予告編で流れる曲について教えてください。
 オスカーの常連ウディ・アレンの監督最新作「女と男の観覧車」が2018年6月23日(土)より全国でロードショー。封切に先駆け、予告編が公開されています。

 本作は、1950年代の米ニューヨーク・コニーアイランドを舞台に、ひと夏の恋に溺れていくひとりの女性の姿を描くドラマ。刹那的な恋に身を投じる主人公を『愛を読むひと』のケイト・ウィンスレットが演じるほか、ミュージシャンのジャスティン・ティンバーレイク、『午後3時の女たち』のジュノー・テンプル、『ゴーストライター』のジム・ベルーシらが共演に名を連ねています。

 予告編で使用されている楽曲は、1930年代後半から1980年代前半まで活躍したアメリカ人女性シンガー、ジョー・スタッフォードが1952年に発表した「ユー・ビロング・トゥ・ミー」。2013年4月に再発されたジョー・スタッフォード&ヴィック・ダモーンによるアルバム『ジョー + ヴィック』(写真)などに収録されています。

※ 記事は掲載日時点での情報をもとに書かれています。掲載後に生じた動向、および判明した事柄等は反映しておりません。ご了承ください。
全メディア/タイプ 最新リサーチ
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] パーティは終わった――2018年、STRUGGLE FOR PRIDEが贈る憎しみの音楽[インタビュー] 歌声で彩りを――“ヴォーカル”グループとして新たな道を切り拓くCOLOR CREATION
[インタビュー] もう変わる必要はないし、これをずっとやっていけばいい “時代を逆走する”小林太郎の決意と信念[インタビュー] 原動力は愛、すべてのものへの愛――般若『話半分』
[インタビュー] 限りあるこの日々を追い続けよう――伝説のアイドル、セイントフォー再始動[インタビュー] “生き様が音楽に現れる。だからこそどう生きるかが重要”――デビュー30周年を迎えた寺井尚子
[インタビュー] “シンガー・ソングライターとして”前に進むための一歩、山森大輔『銀のピストル』[インタビュー] 踊Foot Worksみたいなヤツ、いなくない? 自由奔放な音楽の魅力が詰まった『odd foot works』
[インタビュー] 屈強でしなやかな東京のヒップホップ――KANDYTOWNのビートメイカー、MIKIがファースト・ソロ・アルバム『137』を発表[インタビュー] より肉体的なものへ――神奈川・逗子を拠点とするHalf Mile Beach Clubが初の単独作を発表
[インタビュー] “続編”ではなく“新作”を作ろう きゃりーぱみゅぱみゅ「きみのみかた」[インタビュー] “俺の不幸で踊ってくれ!”――沖縄出身のラッパー、唾奇が最新作『道-TAO-』をリリース
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015