リサーチ

映画「スリー・ビルボード」の予告編で流れる曲は?

フォー・トップス(The Four Tops)   2018/01/17掲載
はてなブックマークに追加
映画「スリー・ビルボード」の予告編で流れる曲について教えてください。
 『セブン・サイコパス』「ヒットマンズ・レクイエム」などの作品で知られるマーティン・マクドナーが監督を務めた映画「スリー・ビルボード」が、2018年2月1日(木)より全国でロードショー。封切に先駆けて予告編が公開されています。

 本作は、何者かに娘を殺された主人公が、7ヵ月経っても犯人逮捕に至らない苛立ちから、田舎町を貫く道路に並ぶ3枚の広告看板に地元警察を批判するメッセージを出したことをきっかけに、次々と不穏な事件が起こり始めるクライム・サスペンス。ジャンプスーツとバンダナという“戦闘服”に身を包み、全身で怒りのエネルギーを放射し続ける主人公を、96年の『ファーゴ』でアカデミー主演女優賞を獲得したフランシス・マクドーマンドが、愛妻家で人望の厚い警察署長を、『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』のウディ・ハレルソンが演じています。

 予告編で使用されている楽曲は、60年代から80年代にかけて活躍したアメリカのR&Bコーラス・グループ、フォー・トップスの「Walk Away Renee(邦題:いとしのルネ)」。66年のレフト・バンクの曲をカヴァーしたもので、2013年10月に再発されたアルバム『リーチ・アウト』(写真)などに収録されています。なお、ピンク・レディーも同曲をカヴァーしており、79年5月に世界40ヵ国で同時リリースされた「Kiss In The Dark」のB面に収められています。

※ 記事は掲載日時点での情報をもとに書かれています。掲載後に生じた動向、および判明した事柄等は反映しておりません。ご了承ください。
全メディア/タイプ 最新リサーチ
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] もう変わる必要はないし、これをずっとやっていけばいい “時代を逆走する”小林太郎の決意と信念[インタビュー] 原動力は愛、すべてのものへの愛――般若『話半分』
[インタビュー] 限りあるこの日々を追い続けよう――伝説のアイドル、セイントフォー再始動[インタビュー] “生き様が音楽に現れる。だからこそどう生きるかが重要”――デビュー30周年を迎えた寺井尚子
[インタビュー] “シンガー・ソングライターとして”前に進むための一歩、山森大輔『銀のピストル』[インタビュー] 踊Foot Worksみたいなヤツ、いなくない? 自由奔放な音楽の魅力が詰まった『odd foot works』
[インタビュー] 屈強でしなやかな東京のヒップホップ――KANDYTOWNのビートメイカー、MIKIがファースト・ソロ・アルバム『137』を発表[インタビュー] より肉体的なものへ――神奈川・逗子を拠点とするHalf Mile Beach Clubが初の単独作を発表
[インタビュー] “続編”ではなく“新作”を作ろう きゃりーぱみゅぱみゅ「きみのみかた」[インタビュー] “俺の不幸で踊ってくれ!”――沖縄出身のラッパー、唾奇が最新作『道-TAO-』をリリース
[特集] [LIVE Report] まっすぐな気持ちを届けてくれる藤田麻衣子の歌[インタビュー] 自分というジャンルをちゃんと作りたい “シンガー・ソングライター”Nao Kawamura初のフル・アルバム『Kvarda』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015