e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活 - [こちらハイレゾ商會] 第12回 ハイレゾで聴くサラウンド
掲載日:2014年09月09日
MyCDJ お気に入りリストに「」を追加/削除する はてなブックマークに追加
こちらハイレゾ商會

第12回 ハイレゾで聴くサラウンド
絵と文 / 牧野良幸
 ハイレゾというと2chがほとんどで、ハイレゾ=2chと思い込んでいる方もいるかもしれないが、ハイレゾにもサラウンドがある。e-onkyoでもハイレゾのサラウンド・ファイルを配信している。
 SACDやBlu-ray Audioで、サラウンドの素晴らしさを実感している僕としては、たとえ192kHz / 24bitだろうが、いや極端な話それ以上のkHzであろうが、2chで聴いているかぎり、それを“ピュア・オーディオの終着点”と考えてほしくない思いがある。
 たしかに2chの鳴り方がカイカンであることは、僕も43年間オーディオ・ファイルの端くれをしているからわかる。
 しかしサラウンドのもたらす音楽的な喜びは、2chをはるかに超えるものがある。ピュア・オーディオにはサラウンドという“奥の間”があることを、どうかお知りおき願いたい。ということで、今回はハイレゾでサラウンドを聴いてみることにしよう。
 ここにオンキヨーのAVレシーバー「TX-NR636」がある。この連載第10回で登場したAVアンプである。前面にハイレゾを収録したUSBメモリを装着して、TX-NR636自身で再生してしまう、という便利な話をその時に書いた。
 今回もTX-NR636を利用してハイレゾのサラウンドを聴いてみる。ただしTX-NR636が再生できるUSBメモリの音源は2chのみである。なのでTX-NR636とネットワーク接続したNAS上のサラウンド・ファイルを再生することにした。ただ、サラウンドでもTX-NR636の仕様では、再生できるのは「Dolby HD」ファイルだけ、という制限があるからご注意願いたい。
 聴いたのはe-onkyoで配信されているサラウンド音源だ。
アンドレア・バッティストーニ指揮
東京フィルハーモニー交響楽団
『レスピーギ: ローマ三部作』


(2013年録音)

 まずアンドレア・バッティストーニ指揮東京フィルハーモニー交響楽団の『レスピーギ:ローマ三部作』である。ファイル形式はTX-NR636が再生できる「5.0ch Dolby HD 96kHz / 24bit」である。
 1曲目の「ローマの祭」が始まった。サラウンドでは残響音をともなう深い空間に包まれる。開始部分の切り裂くようなトランペットや不協和音などは、2chとは別次元のナマナマしさだ。サラウンドでは楽団員の息づかいや気迫がハンパなく伝わるから、東京フィルハーモニー交響楽団が、どこを切っても血が出るような渾身の演奏となる。今さらながら“日本のオーケストラも凄い!”と教えられた録音だ(若きアンドレア・バッティストーニも凄い)。
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
フィリップ・ミヒャエル・バート指揮
ドロテア・クラストロン(S)
インゲボルグ・ダンツ(A)
『ペルコレージ: Stabat Mater 悲しみの聖母

〜ソプラノ アルト 弦楽合奏と通奏低音のための』


(2013年)

 次はフィリップ・ミヒャエル・バート指揮による『ペルコレージ: Stabat Mater 悲しみの聖母〜ソプラノ アルト 弦楽合奏と通奏低音のための』である。ファイルは「5.1ch Dolby HD 192kHz / 24bit」。サラウンドでは教会のような深い残響に包まれ、より敬虔な響きとなる。宗教曲の場合、サラウンドで聴くのがオススメだ。
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
藤田恵美
『ココロの食卓〜おかえり愛しき詩たち〜』


(2012年)

 最後に聴いたのは藤田恵美の『ココロの食卓〜おかえり愛しき詩たち〜』から「酒と泪と男と女」。ファイルは「5.0ch Dolby HD 96kHz / 24bit」。一般にポップスは全方向に音を配置したサラウンドが効果的であるが、これは癒し系のしっとりとしたサラウンドである。楽器音がフワリと広がるなか、ヴォーカルがしっかりと前方に浮かび上がる。2chではどんなに素晴らしい再生音でも前方に重点がかかってしまうが、サラウンドでは自然な広がりとなる。心身ともに音楽の中に浸れて心地よい。
 今回は一例として、オンキヨーのAVレシーバー、TX-NR636でサラウンドを再生してみたが、ハイレゾのサラウンドを聴くための機器、接続方法などは、いろいろあるらしいので調べてみてはいかがか。あと今回は「Dolby HD」での試聴だったが、e-onkyoではサラウンド・ファイルも「WAV」「flac」「Dolby HD」と多彩なので、お好みで選んでほしい。
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015
Copyright © ONGAKU SHUPPANSHA Co.,Ltd. All Rights Reserved.