e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活 - [こちらハイレゾ商會] 第1回 僕のハイレゾ・デビューの巻
掲載日:2013年10月15日
はてなブックマークに追加
こちらハイレゾ商會

第1回 僕のハイレゾ・デビューの巻
絵と文 / 牧野良幸
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
 ハイレゾ配信がいまや旬である。とはいっても実際にハイレゾ配信を利用している人は、まだ少人数だと思う。オーディオファイル(オーディオ愛好家のことを最近こう呼ぶ)は、みんなハイレゾ配信に興味はあるのだが、なんとなく手が出せないのが現状だ。
 その原因のひとつに、ハイレゾ配信を聴くには、パソコンやD / Aコンバーター(DAC)、ネットワークオーディオなどを用意する必要があることが挙げられる。いわゆるPCオーディオを始めなくてはならない、ということだ。それで二の足を踏んでいるオーディオファイルもいるだろう。
 しかしPCオーディオというのは、ちょっと調べてみれば、簡単に揃えられるものである。“PC”という言葉にたじろぐオーディオファイルの方もいるだろうが、実際にはPCオーディオの準備は、今までカセットデッキやCDプレーヤー、SA-CDプレーヤーなどを導入してきたのと、そんなに変わらない手間で済む。
 それよりもオーディオファイルがハイレゾ配信に踏み込めないのは、「ハイレゾ配信に自分が聴きたい音楽があるのか?」という思いがあるからではないか。自分が聴きたい音楽があれば、ハードにまつわる手間は気にしないのがオーディオファイルであるから(笑)。
 かくいう僕も、ハイレゾ配信に手を出さないでここまできた。自分が聴きたいハイレゾ音源が見つからなかったからである。ひとつやふたつ、聴きたい音源があっても、それだけのためにPCオーディオを導入するのはためらわれた。
 しかし、いまや状況は変わった。ハイレゾ配信の音源がすごく増えているのだ。ためしにe-onkyo musicのサイト(www.e-onkyo.com)を覗いてみると、「えっ、このアルバムがハイレゾ配信されているのか!?」と驚いてしまう。それくらい音源の種類が豊富になっているのだ。
 ということで僕も、e-onkyo musicで“ハイレゾ・デビュー”をしてみた。初めてのハイレゾ配信のダウンロードである。ダウンロードしたのは、ドナルド・フェイゲンの1993年作品『Kamakiriad』だ。昔から好きなアルバムだったから、96kHz / 24bitでどんな音になるか、聴きたかったのである。
 1曲目の「Trans-Island Skyway」が流れるや、「これはいい!」と思った。CDでも音質がいいのがフェイゲンのアルバムだが、この96kHz / 24bit音源は、CDとは音の厚みがぜんぜん違う。原曲のもつ、ソリッドな雰囲気はそのままながら、こってりとした音なのだ。もっと言えば、ネットリしたところさえある。
 CDで聴いてきた限りでは、フェイゲンの音作りはひたすらソリッドかと思っていたのだが、音の厚みはやっぱり含まれていたと、この配信であらためて知った。こうなるとフェイゲンの2012年のニュー・アルバム『Sunken Condos』のハイレゾ(こちらは88.2kHz / 24bit)も聴いてみたくなるなあ。
 というか、一度ハイレゾ配信を体験したあとは、視界が開けたというか、聴きたいアルバムが目の前にたくさん現れてきた。クラシックもジャズも、聴いてみたいアルバムばかりである!
 ということで「こちらハイレゾ商會」では、ハイレゾ入門からハイレゾ音源まで、面白そうなコンテンツをお届けしようと思う。どうぞお楽しみに。
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
e-onkyo music
www.e-onkyo.com
■ 使用機材
ONKYO DAC-1000(S) D / Aコンバーター
www.jp.onkyo.com/audiovisual/purecomponents/accessories/dac1000
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015
Copyright © ONGAKU SHUPPANSHA Co.,Ltd. All Rights Reserved.