新刊のご案内
CDジャーナル 2020秋号
[表紙 & 巻頭]JO1 / 西山宏太朗
無限の可能性を見せた「PROTOSTAR」に続く、待望の2ndシングル「STARGAZER」を発表したグローバルボーイズグループ、JO1がCDジャーナル表紙初登場。たっぷりのグラビア、インタビューは2チームにわけてじっくり聞きました。待望のアーティスト・デビューを果たす声優/歌手の西山宏太朗がWカバー&特集に登場です。ミニ・アルバム『CITY』のことを中心に、音楽遍歴やアーティスト活動のことまでいろいろ語っていただきました。

[特集]
工藤晴香 / 里中将道 / アンジュルム / つばきファクトリー / ニーコ / 山田ジェームス武 / 林田航平 / Kaede(Negicco) / 豆柴の大群 / マックス・リヒター / ボブ・モールド / スパークス / ブッチャー・ブラウン / アラン・ヨハネス / 巌本真理弦楽四重奏団 / ボブ・ディラン
2020年9月23日発売   詳しい情報を見る
拝見! とっておきのリスニングルーム
マイオーディオライフ2020
〜人生を豊かにする、音楽とオーディオのある生活〜
 本書は、2016年4月刊行『マイオーディオライフ』、2018年6月刊行『マイオーディオライフ2018』に続く、シリーズ第3弾。筆者の山本耕司氏は、カメラマン兼オーディオライターとして弊社刊行『スピーカーブック』や『ヘッドフォンブック』の他、共同通信社『オーディオベーシック』などで連載記事を寄稿しています。本書は、とっておきのリスニングルームの記録のほかステレオサウンド社の『DigiFi』誌に連載していた17本のエッセイも収録。各人各様の音楽やオーディオに対する思いを綴りながら、どのような機器をどのように鳴らしているのか、どのような音楽をどのような機器の組み合わせているのか、といったオーディオファンなら興味つきないリスニングルームの記録となっています。
2020年8月31日発売   詳しい情報を見る
ヘッドフォンブック2020
〜特別付録プレミアム・イヤーチップ〜
2019/2020年に発売された全ヘッドフォンの中から最優秀製品を発表!! さらに101モデルを厳選して徹底ガイドします。本誌は、多くのヘッドフォンユーザーから本当にいい製品はどの製品なのかが一目で分かるガイドブックの決定版として支持されています。特別付録プレミアム・イヤーチップは、完全ワイヤレスイヤフォン対応のファイナル「TYPE E」など2種のイヤーチップ付き。
2020年7月2日発売   詳しい情報を見る
CDジャーナル 2020夏号
[表紙 & 巻頭]梅津瑞樹 / 降幡 愛
表紙&巻頭は山姥切長義役の梅津瑞樹の愛があふれるロング・インタビューをお送りします。Wカバー&特集には降幡 愛が登場です。バンダイナムコアーツ×bluesofaによる新レーベルPurple One Starの第1弾アーティストとして降幡 愛がついにアーティスト・デビュー。

[特集]
7ORDER / 加賀 楓 / 森戸知沙希 / 譜久村 聖×竹内朱莉×宮本佳林 / 江口紗耶&高瀬くるみ&里吉うたの / 工藤 遥 / 鈴木勝吾×山本一慶 / 小西康陽、菅原慎一、柴田聡子 / valknee×田島ハルコ×なみちえ×ASOBOiSM×Marukido×あっこゴリラ / PIZZICATO ONE / RYUTist / 豆柴の大群 / モーゼス・サムニー / ゴーゴー・ペンギン / 阪田知樹
2020年6月23日発売   詳しい情報を見る
CDジャーナル 2020年春号
[表紙 & 巻頭]7ORDER / Juice=Juice
“HAPPYをみんなでつくりあげていく”うわさの7人=7ORDERが音楽雑誌初の表紙をかざってくれます。W表紙&特集にはJuice=Juiceが全員で登場!宮本佳林が卒業を発表、8人体制としてはラストインタビューとなります。

[特集]
2.5Dジャーナル / こぶしファクトリー / 新しい世界が見えるかもしれない読書案内 / 小澤 廉 / さくら学院 / 石川さゆり / 工藤晴香 / 泉谷閑示×米良美一 / 豆柴の大群 / PINK CRES.

[インタビュー]
Cicada / タンク・アンド・ザ・バンガス / ジェフ・パーカー / ラーキン・ポー / イーヴォ・ポゴレリチ / 近藤嘉宏
2020年3月19日発売   詳しい情報を見る
CDジャーナル 2020年冬号
[表紙 & 巻頭]阿久津仁愛×立石俊樹 / F6
ミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズン 全国大会 青学vs立海 後編 より阿久津仁愛×立石俊樹の2人が表紙&巻頭に登場。W表紙&特集には舞台「おそ松さんon STAGE〜SIX MEN'S SHOW TIME 〜」の6つ子のイケメンバージョンF6が全員で登場。

[特集]
ハロプロ スッぺシャ〜ル モーニング娘。’19 Juice=Juice&アンジュルム BEYOOOOONDS / 2.5Dジャーナル+(プラス) 小澤廉×山本一慶 羽多野渉 / エリザベス宮地 / GANG PARADE / アップアップガールズ(仮) / NUARL×伊東真紀 / アジア音楽2020 ほか

[インタビュー]
コレサワ / 石若 駿 / デヴェンドラ・バンハート / シャムキャッツ / 3MA / アレッサンドロ・コルティーニ / 神保 彰 / リムデン / スーパーチャンク / ハ二ャ・ラニ / 大萩康司 ほか
2019年12月20日発売   詳しい情報を見る
浪曲師 玉川太福読本
CDジャーナルが、いま大注目の浪曲師「玉川太福」をまるっと一冊特集した『浪曲師 玉川太福読本』を刊行いたします。
玉川太福の魅力を徹底解剖するロングインタビュー、立川志の輔、春風亭昇太、神田松之丞なども登場、また浪曲入門、現場での楽しみ方などのコーナーもあり、浪曲や伝統芸能に興味を持ち始めた初心者から、ディープな浪曲ファンまでアピールする「ニュー浪曲本」が登場です。
2019年12月27日発売   詳しい情報を見る
SLOW AUDIO No.4
〜懐かしくも新鮮なオーディオの楽しみ〜
音楽の再生環境は大きく変貌し、オーディオ機器は、デジタル再生とアナログ再生という時代を超えたメディアが共存、豊かな音楽生活を楽しむ時代となりました。本誌は、そんな音楽とオーディオの楽しみ方を、アナログ、真空管アンプ、ヴィンテージオーディオや自作システムなど、時代の流れやトレンドにとらわれない音楽の楽しみを提案するオーディオ誌です。
2019年12月17日発売   詳しい情報を見る
暗い低音は好きじゃない!
〜ダブルウーファーズ会長のオーディオ探究〜
全国のハイエンドオーディオユーザーの間で人気のオーディオブログの主宰者Nazo Otokoこと永瀬宗重氏。本書は、その永瀬氏が自らのブログに綴ってきた15年のオーディオ探究の記録を集大成した書です。JBL 4350をきっかけに結成した「ダブルウーファーズ」がその活動の原点で、マークレビンソン、クレル、ゴールドムンドなどのハイエンドアンプやJBL 4350のほか、アヴァロン、アポジー、フルエピローグなどマニア垂涎のハイエンド機器が次々と登場。ハイエンドオーディオマニア必読の書です。
2019年12月11日発売   詳しい情報を見る
アンド・ザ・ビートルズ Vol.1 アビイ・ロード
〜ビートルズの面白さをさらに深堀りする新シリーズ〜
『ビートルズ・ストーリー』に続く新シリーズの登場です!

ビートルズの活動を年ごとにまとめた『ビートルズ・ストーリー』に続き、さらに彼らの魅力をテーマごとにより深く伝える新シリーズの登場です。第1弾は、9月27日に50周年記念盤が発売される名盤『アビイ・ロード』です。有名なジャケット写真が撮影されてから50年目となる2019年8月8日の現場のルポや、日本でこの50年間に発売された『アビイ・ロード』のコレクション紹介(LP・CD・カセットテープ・8トラックテープ)、スタジオでレコーディングされたオールジャンルの名盤100選、さらにパロディ・ジャケット紹介など、見ても読んでも楽しめる1冊です。どうぞご期待ください!
2019年10月17日発売   詳しい情報を見る
スピーカーブック2019-2020
音楽ファンのための最新・定番スピーカー79ブランド274モデル
大好評『スピーカーブック』の最新刊は、2019年に発売された全スピーカーのなかから推奨モデルをピックアップ、「厳選スピーカー89モデル徹底ガイド」として紹介します。また、タイプ別、価格別に既存の全スピーカーからセレクトして全274モデルを掲載しています。
本誌は、この一冊で現役主要スピーカーのすべてがわかるスピーカーガイドブックの決定版です。
2019年9月11日発売   詳しい情報を見る
クイーンは何を歌っているのか?
アルバムごとに楽しめる、初の全曲歌詞解説本!
2018年に公開された映画『ボヘミアン・ラプソディ』の大ヒットにより巻き起こった空前のクイーン・ブーム。70年代のビートルズと評されることもあるクイーンは、音楽的な評価は高い半面、歌われている内容に関しては、ほとんど正確に認知されてはいない。
そんななか、発売されるや、日本で出たビートルズの書籍には全くなかった内容がマニアからも高い評価を受けた『ビートルズは何を歌っているのか?』(ビートルズの歌詞を解説したエッセイ集)の著者が、メンバーの発言も踏まえながら徹底的に調べ上げ、クイーンの真の魅力に迫ったファン待望の一冊!
2019年7月31日発売   詳しい情報を見る
CDジャーナル 2019年夏号
[表紙 & 巻頭]King & Prince / 田亀源五郎
季刊CDジャーナルのスタート号の表紙をかざるのは現在最高のポップ・ユニットであるKing & Prince。W表紙&特集には『夫の弟』『僕らの色彩』など最近は一般向け漫画も話題、世界を股にかけ活躍中の現在ゲイアート界の鬼才、田亀源五郎がどどんと登場です。

[特集]
ハロプロ スッぺシャ〜ル モーニング娘。’19 Juice=Juice / 2.5Dジャーナル 立石俊樹×田鶴翔吾 谷水 力×蒼木 陣 山本一慶×橋本真一 TFG / CDJプレイリスト / 玉川奈々福 / ボブ・ディラン / 恋するゲイの呪い歌ッ☆ / テアトルCDJ / 石川さゆり / 原田珠々華 / GANG PARADE ほか

[インタビュー]
赤頬思春期 / リッキー・リー・ジョーンズ / メイヤ / サラ・ガザレク / 吉田次郎 / カミラ・メサ / 有華 / ザ・ラカンターズ / DENIMS / アンディ・シャウフ / レイフ・オヴェ・アンスネス / Shiho ほか
2019年6月20日発売   詳しい情報を見る
ヘッドフォンブック SPECIAL EDITION
〜特別付録 ファイナルE1000〜
『ヘッドフォンブックSPECIAL EDITION』は、高音質のヘッドフォン/イヤフォンメーカーとして絶大な人気を誇るファイナルブランドの最新イヤフォンを特別付録化。付録される製品は、同社ベストセラーのEシリーズからE1000を新色で仕上げた特別限定モデルE1000SEとなります。シリーズのなかでもE1000は、上位機種E3000、E2000に続く話題の新製品で、全国家電量販店でもベストセラーとなっているもので、本作は、その特別限定モデルとして音質と機能性から多くのヘッドフォンユーザーに注目されています。音楽を楽しむ最大のツールであるイヤフォンを付録にした本ムックをすべての音楽ファンにお届けいたします。
2019年6月3日発売   詳しい情報を見る
ヘッドフォンブック2019
〜特別付録「FAUDIO」最新イヤーチップ〜
大好評『ヘッドフォンブック』の最新号は、2018/2019年に発売された全ヘッドフォンの中から最優秀アワードを発表!! さらに96モデルの最新機種を厳選して紹介します。また、今号では「FAUDIO(エフオーディオ)」の最新イヤーチップを特別付録として同梱。本誌は、多くのヘッドフォンユーザーから、“本当にいい製品はどの製品なのか”が一目で分かるガイドブックの決定版として支持されています。
2019年4月17日発売   詳しい情報を見る
ビートルズ・ストーリー Vol.13 '75
〜これがビートルズ! 全活動を1年1冊にまとめたイヤー・ブック〜
2019年以降も、3月のリンゴ・スターの来日公演や、秋に控える『アビイ・ロード』50周年記念盤をはじめ、ビートルズ関連の話題は尽きません。世界的にも例を見ないソロ時代を1年ごとにまとめた本書も、シリーズ13冊目。1年1冊シリーズを締めくくる完結号となります。
2019年1月31日発売   詳しい情報を見る
OH! YOUNG Golden 80's
温故知新! ニッポンが元気だったあの時代を振り返る!
1970年代、第2次ベビーブーム世代となった団塊ジュニア世代は高度経済成長の只中に幼年期を送り、バブル全盛時に子供時代を過ごしました。やがてバブルがはじけ就職難にあうなど戦後世代で“波乱万丈の青年時代”を過ごした世代でもあります。そんな青春時代を送った彼ら彼女らは、いま40代半ばから40代後半。そんな、世代が中高生時代に夢中になったさまざまなカルチャーをとりあげる世代カルチャーマガジンは、いまやブームといえる存在。壮年期を迎えたいま、昔を語るには早すぎる、けれども語らずにはいられない、そんな世代のためのカルチャー・ムックです。
2018年10月31日発売   詳しい情報を見る
SLOW AUDIO No.3
〜懐かしくも新鮮なオーディオの楽しみ〜
アナログターンテーブルやカートリッジからフォノイコライザーまで、注目のアナログアイテムと真空管アンプを徹底紹介するほか「名機再生〜オーディオリペア工房」やアナログアクセサリーガイドなど、読み応えたっぷりのオーディオ記事満載。年季の入ったベテランはもちろん、アナログにはじめて触れる若い世代まで、世代を超えて楽しめるオーディオ誌です。
2018年10月11日発売   詳しい情報を見る
ビートルズ・ストーリー Vol.12 '74
〜これがビートルズ! 全活動を1年1冊にまとめたイヤー・ブック〜
ポール・マッカートニーの5年ぶりの新作も登場するなど話題豊富なビートルズ。本書も過去に例を見ないソロ時代を1年ごとにまとめたシリーズ12冊目となります。今回はビートルズ解散調印式やジョン・レノンの「失われた週末」、ジョージ・ハリスン唯一のツアーをはじめ、さらに記事も盛りだくさんです。
2018年9月4日発売   詳しい情報を見る
各種データ提供サービス
Copyright © CDJournal All Rights Reserved.