2018年01月08日(月)
  
ダンスホールの伊達男、ショーン・ポールが誕生
ショーン・ポール / 1973年)
ダンスホールの伊達男、ショーン・ポールが誕生
ショーン・ポールがジャマイカのキングストンに生まれる。一族はみな水泳が得意で、彼自身も水球のジャマイカ代表チームでプレイしていたらしい。父親はポルトガル系、母親は中国系とのことで、どことなくオリエンタルな顔立ちから、デビュー後は“ダンスホールの貴公子”との異名を取る。その伊達男ぶりは実に様になっており、ウワサによると、テレビでビヨンセとパフォーマンスするはずが、彼女のカレであるジェイ・Zが嫉妬したために止められたんだとか。
−2006年12月26日作成−
もんたよしのりが誕生
もんたよしのり / 1951年)
もんた&ブラザーズでの活動でお馴染み、シンガーのもんたよしのりが兵庫県神戸市に生まれる。中学生の頃に音楽に目覚めるが、当時はハンドボールの有力選手だったそうで、高校入学後もハンドボールは続けていた。しかし、高校を中退するや音楽の道へ邁進。71年にソロ・デビューを果たすもまったく売れず、ブラザーズで「ダンシング・オールナイト」をヒットさせるのは80年のことだ。あの独特の声を得るため、叫び続けて喉を潰した、という話もある。
−2007年12月18日作成−
ロックン&ロール=エルヴィス誕生
ロックン&ロール=エルヴィス誕生
エルヴィス・アーロン・プレスリー、ミシシッピー州テュペロに生まれる。「ハートブレイク・ホテル」、「ただひとりの男」で始まったエルヴィス黄金期は58年まで続いたが、同年突然の陸軍入隊。若者のシンボル像を書きかえることになる。60年の除隊を境に洗練されたポップ歌手になった彼は、それでも「今夜はひとりかい?」といった超ヒットを産み続けた。77年8月16日死去。生存説が語られるほど、後のアーティストへ与えた影響は大きい。ちなみに伝記映画『グレイスランド』でエルヴィスを演じているのは、絶倫中年ハーヴェイ・カイテル。
−2000年12月22日作成−
常に変容し続けるカリスマ、D・ボウイ誕生
デヴィッド・ボウイ / 1947年)
常に変容し続けるカリスマ、D・ボウイ誕生
デヴィッド・ボウイがロンドンに生まれる。長い間数々のバンドを点々とするが、'69年キューブリックにインスパイアされた「スペース・オディティ」が大ヒット。派手なファッションや演劇性のあるステージから、彼の音楽は〈グラマラス・ロック〉と称され、「ボクはバイセクシャルだ」というセンセーショナルな発言などとともに、その存在は一気に世界中に広まった。80年代半ば頃からやや勢いはなくなるものの、そのルックスを存分にいかし、個性派役者としても成功している。
−2001年12月25日作成−
THE YELLOW MONKEYが充電期間へ
THE YELLOW MONKEY / 2001年)
THE YELLOW MONKEYが充電期間へ
THE YELLOW MONKEYが東京ドームでの初公演を行ない、同時に11年間の活動を休止して充電期間に突入。ニューアルバム『8』収録曲や、「JAM」「BURN」などのヒット曲に5万人の観衆は熱狂。“私たちは普通の野良犬に戻ります。我がイエローモンキーは永久に不滅です!”というパロディな挨拶とともに、華麗にライヴを締めくくった。同日にはJUDY AND MARYも解散を発表。Jポップの時代が大きく変わることを誰もが感じた。
−2002年12月25日作成−
いまだ人気の推理アニメ『名探偵コナン』放送開始
青山剛昌 / 1996年)
いまだ人気の推理アニメ『名探偵コナン』放送開始
青山剛昌の推理漫画を原作にしたアニメ『名探偵コナン』の放送が開始される(1996年1月8日)。ある日、謎の組織に飲まされた薬によって小学生の姿にされてしまった主人公・工藤新一が「江戸川コナン」と名乗り、謎の組織の正体を突き止め、元の体を取り戻すため難解な事件を解き続ける。アニメ版は基本的に原作通りの展開だが、ゴールデン帯での放送にふさわしくない場面は編集や削除などの手が加えられている。放送開始から10年以上経った今でも高い人気を維持しており、幅広い年齢層から支持されている。
−2009年01月05日作成−
『金八先生』の前には『ウルトラQ』も!脚本家の小山内美江子が生まれる
小山内美江子 / 1930年)
国民的教育/学園ドラマ『3年B組金八先生』の脚本を長年にわたり務めた、脚本家の小山内美江子が神奈川県横浜市で生まれる。62年にシナリオライターとしてデビューして以来、『金八』のほか、『翔ぶが如く』『徳川家康』『マー姉ちゃん』『主夫物語』(以上、NHK)『加奈子』『父母の誤算シリーズ』(以上、TBS)などを手がける。また初期には、『ウルトラQ』『帰ってきたウルトラマン』『恐怖劇場アンバランス』といった円谷プロ作品の脚本も何作か手がけている。
−2008年01月07日作成−
ビートルズ365:シングル「恋を抱きしめよう」がビルボードで1位を獲得。
ザ・ビートルズ / 1966年)
ビートルズ365:シングル「恋を抱きしめよう」がビルボードで1位を獲得。
65年12月6日にキャピトル・レーベルから発売されたシングル「恋を抱きしめよう/デイ・トリッパー」がビルボード・チャートで1位を獲得(2週連続1位)。英国では「デイ・トリッパー」が有力曲として扱われたが、米国では「恋を抱きしめよう」がメインで扱われた。また、「デイ・トリッパー」もチャートに顔を出し、最高5位を記録。このシングルは100万枚以上の売り上げを記録した。
−2006年03月08日作成−
   ※ 掲載記事は作成後に生じた動向、および判明した事柄等は反映していない場合があります。
  


[インタビュー] 自己の確立とムードの追求――KIKUMARU『711』[インタビュー] 自分たちのリアルなドラマをそのまま曲にする ゆるふわギャング『Mars Ice House II』
[インタビュー] セルフカヴァーとバンド・アレンジが占める“みなさんのおかげ”で生まれたアルバム 町あかり『収穫祭!』[特集] やなぎなぎ×Tom-H@ck 「ファイブキングダム―偽りの王国―」主題歌にて初コラボ実現
[特集] 全209タイトル発売「ULTRA-VYBE presents 名盤1000円シリーズ」[インタビュー] 宮下遊とseeeeecunによるフレッシュなケミストリー Doctrine Doctrine
[インタビュー] 最高の素材と料理人から生まれた“変な曲” レイザーラモンRG「いただきます」[インタビュー] “こんなにおいしくできちゃった!”料理と音楽を届けるフリージャズ+ポップス・バンドcooking songsの『Curry Rice』
[インタビュー] 泣けるより笑える方がいい。MC KHAZZ & DJ HIGHSCHOOL『I’M YA BOY』[インタビュー] 歌に直結する心 ネーネーズの新たな出発点『MAPAI』
[インタビュー] 役者として、歌手としての進化 水谷果穂「君のステージへ」[インタビュー] 「でもしょうがないんだよね」と言ってほしい。言ってあげたい――ヒグチアイの“らしさ”が詰まった『日々凛々』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015